忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    有楽町で晩ご飯。
    これからのカジュアルな中国料理屋さんのあり方を、ちょっと一緒に考えましょうか…、ととっときの店。

    kraku.jpg慶楽って店に来ます。
    山手線のガード脇。
    近所には帝国ホテルや銀座があって、なのにここだけ不思議なほどに新橋的な猥雑にしてとり散らかったにぎやかさのある細い路地。
    気取った街にサラリーマンの楽園がちょっとはみ出して居座った。
    そんな気軽な場所に似合った、気軽なお店。
    決して小さくはないお店の1階は既に満席。
    迷わず「二階へさぁどうぞ」って案内されてテーブルに付く。
    賑々しくて、いい感じ。
    分厚いメニューのその半分以上が麺やご飯料理という、大飯店とひと味違ったメニュー構成に、あれも食べたい、これも食べたいって迷いに迷って、結局、ボクのオキニイリをいくつかたのむ。
    料理ひとつに焼きそばひとつ。
    そして一品、スープもの。
    それにあわせてガシャガシャ椀に取り皿がピッタリ人数分だけ積み重なってやってくる。
    お箸にレンゲ。
    これで後は面倒なしヨ…、ってこの合理性が中華街的でボクは好き。

    最初の料理。

    e1220ff5.jpeg酢豚が来ます。
    やってきた途端に酸っぱいお酢の香りが鼻をくすぐる。
    トロンとオレンジ色した甘酢がすべてを覆い尽くした、昔懐かしい、いわゆる普通の酢豚がタップリ。
    ステンレスの王冠みたいな器にドッサリ。
    渕から今にもこぼれ落ちそうなさまにてテーブルの上に鎮座するのが、なんともたのしい。
    ここの料理はほとんどこうした「てんこ盛り」でやってくる。
    気取ったところのないご馳走。
    ガッシリ、ガリっと揚がったゴロゴロ、大きめの豚。
    ピーマン、玉ねぎ、しいたけと昭和のボクらの頭の中にほぼ確実に染み付いた理想的なる酢豚の姿にウットリしながら、ハフっといきます。
    ケホってお酢で咳き込まぬよう、そっと口に含んで噛みます。
    ガッシリとした衣がサクっと砕けて、クチャっと豚が奥歯で潰れて旨味が滲む。
    酸っぱい。
    甘い。
    そして油の香りがフワッと鼻の奥から突き抜けていく、なんておいしい。
    なつかしい。

    続いて焼きそば。

    e6457cf9.jpeg豚肉とモヤシの焼きそばっていう、ここの名物のひとつの焼きそば。
    ちょっとトロミが付いて炒めた細切り豚肉とシャキシャキもやし。
    かなりタップリで二度蒸しをしたハリある麺より炒めた野菜や肉の量の方がずっと多い。
    麺の料理というよりも炒め野菜って感じの料理。
    昼下がり。
    これをたのんでビールと一緒に、まずは上具の野菜と肉だけつまみつつ、ほろ酔い作って〆に麺をモサっとたぐって一丁あがり…、ってそんな粋な楽しみ方が似合うお料理。
    このお店。
    焼きそば用の麺だけでも3種類。
    汁そばだったりビーフンだったり、麺と呼ばれるものを全部かき集めれば5種類近くも揃ってるのがスゴいとこ。
    ここでジックリ麺三昧をするのがボクの小さな野望であったりします。
    ぜひ、いつか。

    最後にここの名物中の名物のこれ。

    adf4786f.jpegスープチャーハンという料理。
    中国ハムや紅く焼いた香港チャーシュー。
    刻んだネギを具材にし、ご飯と一緒にパラパラに焼く。
    胡椒タップリ。
    塩の旨味をキッチリご飯の一粒一粒の中まで入れて、脂の旨味を仕込んだ玉子と一緒に合わせる。
    そこに上湯。
    スッキリきれいに透き通ったスープを注いで丼一杯満たして完成。
    チャーハンがほとんどスープに身を沈め、いい湯だわい…、って言ってるようなのどかな景色でお玉ですくってスルスルします。
    これが何とも不思議なことに、スープにどっぷり浸かっているのに炒めたご飯のそのスベスベと焦げた香りを失わない。
    脂の風味はシッカリしててけれど脂っこさがみじんも無い、サッパリとしてなのに濃厚。
    両極端な味が共存している不思議。
    サラサラ、スルスル、お腹の中があったかになる。
    本当はコレ、お酒を飲んだ〆に食べるのが一番おいしい食べ方で、けれど今日はお酒は我慢。
    ちょっと腰がビリビリしてる。
    急に冷えてきたからでしょう。
    あったかにして今日は寝なくちゃ…、師走の夜に負けぬよう。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    僕の知っている賑やかなガードしたの近くですか?東京、新年あけたら行こうと思っています。僕の町、今日、初雪降りました。12月もう少し、ニッコリと。
    変わり者ミダさん / 2009/12/15(Tue) /
    そうです!
    > 変わり者ミダさん
    あのご機嫌な韓国料理屋さんの本当に近くです。
    たのしい街ですよね…、ここ。
    今日も雪が強くなるようですね。
    今年ももうあとちょっと。
    気合いを入れてニッコリ、がんばりましょう!
    サカキシンイチロウさん / 2009/12/15(Tue) /
    苦しみの始まり
    本日から定例の入院
    今年最後頑張るぞ
    楽しい夕食見ると
    が出来ました。
    有難うございます。
    ぶー110さん / 2009/12/15(Tue) /
    けいらく~!
    大好きです。
    私のお勧めは、春巻き。
    もしかしたらメニューにはでていないかも知れませんが、
    お願いするとフツーに作ってくださいます。

    太い春巻きをザクザク切った、
    普通とちょっと違う外見で、
    くわいがさくさくしていて、
    おいしいんですよー。

    私のベスト春巻きは母の春巻きですが(絶品)、
    不動の銀メダルは慶楽の春巻きです。
    tonamiさん / 2009/12/15(Tue) /
    慶楽
    OL時代、えらい人が参加しない、ちょっとした宴会はたいていここでした。
    ここも何年もご無沙汰です。
    今年中に焼きそば・スープチャーハン・春巻きを食べに行くぞ!
    あーたさん / 2009/12/15(Tue) /
    がんばってくださいね!
    > ぶー110さん
    今年最後のひと我慢。
    来年を笑顔でむかえるよう、頑張ってくださいね。
    サカキシンイチロウさん / 2009/12/15(Tue) /
    春巻き!
    > tonamiさん
    実は先日、昼間に行ったときおじさんたちが薪のようなぶっとい春巻きを積み上げて、それがまるでキャンプファイアーのようにみえて、うらやましいなぁ…、と思っていたのです。
    昨日は少人数だったので料理の種類がとれず、我慢しました。
    こんど是非チャレンジしてみますね。
    サカキシンイチロウさん / 2009/12/15(Tue) /
    気軽なお店
    > あーたさん
    本当に昔っからある普通の中国料理屋さんって感じがいいですよね、このお店。
    「偉い人がいない会食」にピッタリって思います。
    ボクも春巻き。
    食べにいかなくちゃ!です。
    サカキシンイチロウさん / 2009/12/15(Tue) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    めだかの学校、泡ミルク HOME パセリ屋名乗る小さなお店
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]