忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    11 2017/12 01
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    昼、せっかくの神保町であります。
    それでグラン。

    2943f4f3.jpegもし「B級グルメでナンバー1の料理をひとつ上げてください」って、もしそう聞かれたら、ボクは迷わずここの「メンチカツと生姜焼き」の盛り合わせ。
    それ以外にはございません…、って即答します。
    他には無い味。
    記憶に残る、けれどとてもやさしい味で、しかもボクに元気をくれるオゴチソウ。

    「B級グルメ」。
    あんまり好きな言葉じゃないなぁ…。
    グルメに本来AもBもないはずで、気負ったグルメに気軽なグルメ。
    そう言い換えればB級の方がほんとのグルメじゃないかしらん…、って思ったりさえしてしまう。
    予約限定。
    数量限定。
    勿体つけてお客様より偉そうにふんぞり返って商売をするへんてこりんな名店じゃなく、予約をせずともいつもこうしてボクを待ってくれている。
    そんなシアワセ、ありがたさ。
    今日もよろしくお願いします、いただきます。

    600c87d8.jpeg薄ぅく揚がったメンチカツ。
    最近、「肉は肉汁ほとばしり出て一人前」ってそんな風潮が結構強い。
    テレビを見てるとこれ見よがしに、ナイフを突き立てプチュッと汁が中から飛び出る。
    そこですかさず、「この肉汁がおいしんですヨ」って、そう言う彼らが口に運ぶのはその肉汁がほとんどお皿に流れ出してしまった後のミイラのような肉の残骸だったりしてる。
    肉汁が流れ出さぬように配慮するのが本当の料理。
    ステーキだって、焼いてしばらく休ませないと切った途端に旨味が全部ダダ漏れになる。
    ここのメンチはパン粉がおいしい。
    揚げてる間に滲み出す、肉の旨味を全部パン粉が受け止めて、カリッと揚がってだからサクサク。
    衣が肉の味を蓄え、一滴残らず肉汁までもキレイサッパリ味わえる。
    サラっとおいしいデミソース。
    芥子をタップリ塗って食べると、ツーンと肉の香りが一緒に鼻から抜ける。
    プルンとシットリ焼き上がる、豚の生姜焼きもここ独特の食感、味わい。
    いつものように半ライス。
    キャベツにキュウリにナポリタンまで総動員して、おいしく食べる。
    ゴチソウサマです、また来ます。

    ちなみに本日。
    「あの」アバクロンビー&フィッチが銀座にとうとうオープンします

    abercrombie.jpg日本初にして同時にアジア初という、記念すべきフラッグシップショップになる…、っていうけど、どうなんだろう。
    H&M的長蛇の行列、阿鼻叫喚が発生するのか?って、ちょっとたのしみ。
    一時期、ボクもここのお洋服にちぃとハマった。
    アメリカに行く度買い込み、今でも袖を通していないポロやTシャツが沢山あって、けれどすっかりご無沙汰状態。
    理由は、吉本系の人たちがここを重宝するようになっちゃったこと。
    しかもデザインコンセプトが展開当初と随分変わってボクのサイズが少なくなった。
    それで、もういいや…、ってそんな感覚。
    そもそもここのデザイナー。
    「うちの洋服は金髪で青い目の、キレイなオトコの子たちに着てほしくって作ってる」って、のたまわったコトがある。
    つまりボクは彼らにとってのメインターゲットでは全然無い…、っていうことで、それでもできる銀座のお店。
    どうなるんだろう…、って斜め目線で興味津々。
    今夜のニュースをたのしみに、待ってみましょう、イジワルサン。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    今さら感。
    自分もアバクロはもういいかなーと思ってます。
    まだ着てるのはありますけど(笑)
    しかし、本日からアバクロ通販サイトに飛ぶと、全て日本価格!現地価格では買えなくなってしまいました。うーん。
    H&Mに比べると、ちょっとお高めですけど、定着するのでしょーか?
    キザキさん / 2009/12/15(Tue) /
    通販も…。
    > キザキさん
    おやおや、通販までもが日本価格。
    彼らにとって日本は甘くておいしい市場…、ってことなんでしょう。
    そろそろ海外ブランドからも、日本は手強い市場っておもわれたいなぁ、って思います。
    サカキシンイチロウさん / 2009/12/15(Tue) /
    美味しくて楽しいか、の問題。
    今年モノを着ている人によると、
    バンビのようなオトコノコ達以外にも着れるような
    カッティングに若干変わったみたいとききました。
    若干ですけど。どうなんでしょう。
    募集の張り紙が『求む good looking people』でしたし。
    オープニングレセプションもなかったみたいで、自信満々ですね。さてさて。

    カニコロッケもクロケットとお呼びする日もあれば、ソースびたしの日もあるし。
    切り落としのしょうが焼きが、ロース薄切りに劣ることはない。
    まっきー槇原さんの#1じゃなくてonly one、とは
    こういうことですかね(笑)
    たばきちさん / 2009/12/15(Tue) /
    good taste
    > たばきちさん
    AとかBとか、なぜだか人は区別したがる。
    ただ区別ならばいいんだけれど、上とか下とかランクをつけたりするのがちょっと困りもの。
    ひとりひとりに好きや嫌いが必ずあって、問題はそれらすべてを優しく受け止め認めてあげることができるかどうかが、大切なことのように思います。
    寛容とおおらか。
    発揮するのがなかなか難しくはありますが。

    good looking people。
    ストアモデルとかっていうお客様より数段上手にお洋服を着こなすことができる人たちが主役のお店。
    …、にだけはなってほしくないなぁ…、って思います
    (笑)。
    サカキシンイチロウさん / 2009/12/15(Tue) /
    無題
    アバクロって、ネットで見たことはあるけど買ったことは無いです。デザインは好きだけど、ちょっとお値段が。
    そのうち買おうかな~などと思っていたら、銀座にオープンとは。ちょっと見に行ってみようかな?
    チキンさん / 2009/12/15(Tue) /
    ひやかしで
    > チキンさん
    デザインはステキなんですけれど、袖がもの凄く長かったり肩が小さく出来上がっていたりと、アメリカの若い人たちの体にあわせたつくりで、「昭和の日本人」にはちと向いていないような。
    とはいえ、かっこよさにフラフラといっちゃいますが(笑)。
    ボクも冷やかしにいってみようかとは思っています。
    サカキシンイチロウさん / 2009/12/16(Wed) /
    アバクロ
    会社のコが昨日行ってみたら一時間待ちとか言われ玉砕して帰って来ました。ムキムキボーイズ達と記念撮影が出来るとか・・・笑。社長が日本人嫌いとか、何故今頃?とか色々な事を言われていますが、個人的にはブルース・ウェーバーのあの写真の世界観は嫌いじゃない(むしろ大好き!)ので、ほとぼりが冷めた頃を見計らい覗きに行ってみよっと。
    オレンジさん / 2009/12/16(Wed) /
    ポスター
    > オレンジさん
    当日は、先着でポスターがもらえた…、ってコトでありますが、もしそれがブルースウェーバーのオリジナルプリントだったら、何をおいても並んだはず。
    絶好調になる寸前の、まさにブルースウェーバー的アバクロの世界観はボクも大好き。
    年があけたら、物見遊山のノリでいってみようとおもっております。
    サカキシンイチロウさん / 2009/12/16(Wed) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    ゴールドラッシュに博多ラーメン、渋谷でオヤジが玉砕する夜 HOME めだかの学校、泡ミルク
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]