忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    飛び石連休真ん中の、ちょっとけだるい月曜日。
    朝をおむす人にすることにする。

    62417a3b.jpeg珍しいことに先客あり。
    朝の時間帯はテイクアウトのお客様で賑わいはすれ、イートインのカウンターで朝食をとる人は滅多にいなくて寂しい。
    今日はうれしい、仲間ができた。
    6席分の椅子がギッシリならんだ小さなカウンター。
    だから2人座れば満席一歩手前のような、ミッチリ感が漂ってちょっとたのしい。
    ごめんなさいネ…っていいながら、椅子引きちょこんと隅っこよりに腰掛ける。
    ひとりよりも二人で食べるご飯はおいしい。
    たとえそれが見ず知らずの人であっても、袖振りあうも他生の縁。
    飲食店で食事するたのしみってそうした人と人の触れ合いなんだよなぁ…、って思ったりする。
    カウンターの中でおむすび作ってくれる気配を感じつつ、お茶を注いでニッコリと待つ。

    1ca4be56.jpeg今日のおむすび。
    ベーコンのおむすび一個。
    いつもは二個、もらうのだけどそれだとちょっと多く感じる。
    昨日の夜に食べたパスタがまだ残ってる、そんな感じで一個で我慢。
    その大切な今朝の一個をなににしようかかなり考え、それでちょっと変わったの。
    ベーコンを具にしたおむすびもらって、食べてみた。

    おむすびにベーコン?って、初めてここのコレを見たときビックリしました。
    けれど食べると、なかなかのモノ。
    ベーコンがもつ塩味と脂の旨味。
    それに燻した肉が発するタンパク質が焦げたときの甘い香りがご飯にあう。
    そう言えば、焼いた鮭。
    ベーコンと違ってまさにおむすび具材の王道のあれも、塩味、脂、それから焼けた香ばしさ。
    その三拍子がご飯と一緒になることで、とてもおいしいおむすびにする。
    それと原理は同じで、だから素直においしく感じる。
    揚げ立てウィンナーをハフハフしながら、モリモリ食べる。
    一個じゃやっぱり少なかったかも…、って食べ終わったときふと思う(笑)。

    それで移動の途中にスタバ。
    前からずっと気になっていたこれをちょっと試してみよう…、と。

    6013a701.jpegレモンあんぱん。
    今まさに、花びらを開かんとする小さな蕾のようなさま。
    アンデルセンなんかでチーズを乗っけて焼き上げたフランスパンのような姿で、けれどこれがあんぱんだと言う。
    しかもレモン。
    一体それってどんな食べ物?って、興味ひかれてやっと今日。
    生地はガッシリ。
    ちょっとソフトなフランスパンのような固めの焼き上がりで、しかも胚芽を沢山まぜているからなんでしょう。
    田舎風で素朴な味わい。
    固めのマフィンを食べてるみたいなそんな感覚。
    そこに白あん。
    甘味を押さえて豆の風味とザラッとちょっと粉っぽさのあるこれまた素朴なあんこをタップリ。
    まわりにレモンのジャムまとわせたなかなかたのしく面白い味。
    レモンあんぱんという名前から、レモンで作ったあんこかしら?って思いはしたけど、さすがにそれは無理なんでしょう。
    レモンとあんこでレモンあん。
    モッチリとした生地の食感もドッシリとして顎に美味しくお腹にたまる。
    悪くないなぁ…、って思ったりした。

    e7248caa.jpeg一緒にソイラテ。
    陶器のマグカップにいれてもらった、秋仕様。
    もう今朝みたいな寒さになると、冷たい飲み物よりもこうした熱々、トロトロ。
    ポッテリとした飲み物の方がずっとおいしく感じちゃう。
    それにしてもソイの泡。
    ミルクの泡に比べてちょっと粗くて重たい。
    泡に大きな穴がプツプツ、みるみる内にあいてくる。
    ならばそれが儚い泡か?っていうと決してそんなことはない。
    壊れにくい。
    とても頑丈。
    唇を通り抜ける時も潰れること無く、口の中でしばらくずっと居座るほどにシッカリしてる。
    喉をトロンを流れ落ちつつ、泡ひとつひとつの形を喉が認識できる。
    そんなたのしさ。
    お腹がポワンと温かくなり、気持ちもユッタリ、あったまる。
    行ってきましょう、さて、仕事。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    クッパなランチ、雨の昼 HOME オウチパスタと雨の夜
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]