忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    夜を自宅でご飯にします…、母が送ってきた野菜、それから料理をあれやこれ。
    3da4bd46.jpegまずは野菜を手間をかけずに手早くちゃちゃっと、おいしくつくる。
    チンゲンサイの根っこの部分をキレイにとって、そこは細切り…、塩もみをして後日、漬物として食べる算段。
    葉っぱの部分を鍋に入れ、日本酒、それから醤油を少々。
    蓋して一気に沸騰させて蒸し煮のようにして食べる…、シャキシャキ繊維がとても強くて噛みごたえあり甘みと一緒に渋みが口に広がって、あぁ、夏なんだとニッコリします。
    ブロッコリを酒蒸しし、ツナの缶詰を上に乗っけただけのお料理。
    コリコリホロホロ、口の中で小さなつぼみが散らかって緑の香りとツナの風味やうま味が一緒になっておいしい…、シンプルなのに、このゴチソウ。

    c07cd6cb.jpeg野菜の料理はなんておいしく、しかもココロが晴れ晴れするの?
    お外に出ると肉や魚ばかり食べてる。
    野菜の料理を外食しようとすると案外コストがかかってしまう。
    気軽に食べて、気軽にお腹いっぱいになる食材ではない…、それが今の都会の野菜事情であります。
    だからお家で野菜を食べる。

    茄子を焼きます。
    石綿網の上にのせ、強火でじっくり。
    最初はびくともしない茄子が、プルプル震えてきたかと思うと、皮が乾いて黒くなってめくれてきます。
    そしてプスッと鈍い音がして湯気がプシュッと噴き出してくる。
    水気を吐き出し小さくなっていくからでしょう…、皮がしわしわになっていく。
    そして乾いてめくれてくるようになっていくと、ほぼ焼き上がり。
    トングでつまんで宙吊りにして、皮を剥きます…、指を冷水につけながら!
    その焼き茄子をお椀に並べてそこに汁。
    田舎の白味噌をポッテリといたポタージュみたいな汁を流して、出来上がり。
    七味をパパつとかけてパクリと。
    焼いたおなすの香りは甘い…、焦げた香りも香ばしくって噛むと甘みがジュワッと滲んで口いっぱいに広がっていく、汁にもなすの風味が移って夏の味。
    6148ef7d.jpeg田舎から送ってきたエビの天ぷら…、エビのすり身と豆腐を混ぜて油で揚げた練り物でサクッと歯切れて噛むとゴジゴジ、殻の破片が触っておいしい。
    それから鶏のささ身の揚げ焼き。
    母が作ってくれたモノで、ささみの筋をキレイにとってパン粉をつけて揚げずに焼いて仕上げたものでシットリ、フックラ、サッパリしてる。
    ウスターソースをかけまわし、酸味と風味でおいしく味わう…、オゴチソウ。

    まもなく終わる三連休…、ビデオをいくつかボンヤリ観ました。

    deadheads.jpgホラー系ばかりを選んで夏の夜にふさわしくと。
    ケイト・ベッキンセールがでている大作だけど情けない出来の吸血鬼モノであったりあるいは、パラノーマル・アクティビティのモキュメンタリー風モデルをエクソシストモノに応用したのであったりと、それぞれそこそこ。
    中でも一番感心したのが、「ゾンビ・ヘッズ」っていう作品。

    アメリカでは去年公開。
    日本でも今年の3月に公開されてたゾンビ映画。
    「死にぞこないの青い春」って言うサブタイトルがつけられている、かなりの快作。
    異色作。

    体はゾンビで、けれど頭の中は人間のままという半分ゾンビになってしまった青年たちの物語り。
    半分ゾンビの主人公が、ゾンビになる直前に求婚しようとしていた彼女を探し歩いて意を果たすという、青春映画でもあり、ロードムービーでもあるという今までなかったストーリー。
    おもしろかった。
    泣くほどたのしく、最後は無くほど感動できた。
    ゾンビ目線のゾンビ映画って今までなかった。
    しかもかなしい被害者としてでなく、人間と同じく悩み生きていく存在として描かれているのが新鮮で、どこか共感させられる。



    アメリカ版のトレーラーででてくるキャッチフレーズがあって「a love undead」。
    「愛は死なない」、あるいは「死なない愛の物語り」とでも訳しましょうか…、愛が成就しない限りは死んでも死に切れないという、日本人がこのメッセージを料理すると怪談映画を作り出し、感動作にしようとすれば「ゴースト」なんて名作になる。
    けれどそれをコメディーとして、サラッと見事に描く力量。
    ステキな映画と思いました…、機会があればぜひ、どうぞ。

    拍手[6回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    無題
    四国のてんぷらは、旨い、じゃこてんは特に旨い、松山駅の前で揚げているじゃこてん最高ー
    松山駅から岡山駅で10枚は食べましたね.
    食べたいねー タダタダ懐かしいーーーー
    NONAMEさん / 2012/07/17(Tue) /
    松山駅
    > NONAMEさん
    市駅じゃなくてJRの松山駅ですよね。
    ボクのあそこのじゃこ天は大好きです。
    うどんのお供に、あるいはそのままただ口で。
    なつかしいです。
    サカキシンイチロウさん / 2012/07/17(Tue) /
    無題
    松山JRです、boo110
    boo110さん / 2012/07/17(Tue) /
    やっぱり!
    > boo110さん
    JR松山駅ですよね!
    サカキシンイチロウさん / 2012/07/17(Tue) /
    カフェ・ラ・ミル HOME 海の日の朝
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]