忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    06 2019/07 08
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    今、渋谷のヒカリエのイベントホールで「バケモノの子展」というイベントやっている。



    先日公開された長編アニメ「バケモノの子」の世界観と、それを監督した細田守の代表作の世界を再現するというのがテーマのイベント。
    行ってきました。
    絵コンテの展示がメインで、ただそれだけじゃなくアニメの中の景色、背景、建造物を実物大で再現してたりといろんな人がたのしめるようになっててかなり見応えがある。しかもほとんどの場所で写真を撮ることができるのですネ。



    感心したのが、ほとんどの展示物が目で見るよりも、デジカメで撮って見る方がキレイでリアリティがあるように設計されてる。
    パネルの置き方。
    照明計画がそのように最初から仕組まれているからなんでしょう。人物パネルやイラストの横にたつと、その場に溶けこむように写真が撮れたりして、みんなワーキャー、写真を撮ってる。
    今の時代の展示方法。オモシロイなぁ…、って思ってボクもパシャリパシャリと。



    バケモノの子以外に、この監督の出世作の「時をかける少女」であったり、泣かせてもらった「サマーウォーズ」。おおかみこどもの雨と雪とか、いろんな作品の世界が見事に再現されてて、見ているうちにも一度みたくなってくる。
    映画のワンシーンにもぐりこんで、バーチャルゲームができるコーナーがあったりもして、これからの映画のこれも可能性のひとつなのかも…、って思いもします。



    出口近くにある記念撮影コーナーで、お約束的おバカ写真をパシャリとふたつ。
    さわやかパネルの中に顔を突っ込むと、なぜだか疎外感を感じてこんな顔になっちゃう(笑)。
    ボクこそバケモノ…、って思ったりした。笑っちゃう。



    そして土曜日、朝のコト。
    前日、渋谷でクロワッサンを買っておく。せっかくだからちょっと贅沢なおいしいクロワッサンにしてやろう…、と、カフェ・ドゥ・マゴのを買ってそれをスパッと2枚におろして焼いた。



    賢いトースターの中に入れ、こんがり焼けたらそこに具材を挟んで食べる。
    カニのほぐし身に刻んだ根セロリを混ぜて芥子とマヨネーズ。あえてそれをたっぷり挟む。
    カサカサ表面前歯で崩れる。パラリと口にやってきて、たちまちそれがトロリととろける。上等なバターを使っているのでしょう…、あったかくなり立った香りがおいしくておいしいカニの強烈な香りや風味も負けてしまうほど。
    ミルクをごくりとお供にし、ちょっとボンヤリ。後、イベントの準備する。

    拍手[3回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    バーベキュー HOME 博多のゴチソウのち、山口名物瓦そば
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]