忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    映画をみます。

    zombieland.jpgゾンビランド」っていう映画。
    ボクの好物…、ゾンビ映画の中でもかなりの上出来作品だった。
    今年今までみた映画の中でも出色の出来!

    引きこもりのヲタクであったお陰で、ゾンビになり損なったオトコの子が主人公と言うまず設定がオモシロい。
    家族をなくし必死で生きていくために、独りよがりのルールを作り必死に守る。
    120%の自由な立場にいても、何かに縛られていないと安心できない、人間というモノの本質がこの物語りに不思議なリアリティーを与えてる。
    で、その彼が相棒をみつけ、愛する相手を獲得し家族のようなモノを成していく、青春ドラマのような内容。
    それとゾンビの物語りを巧妙にからめ合わせてコメディー的を装ってるけど、なかなか熱い人間ドラマになだれ込んでく。

    友人がいないというコトはゾンビと同じというコト。

    そう、ボソリと言うその一言がとても重くて、ズッシリときた。
    考えてみれば、思春期という時期。
    あるいは何か、自分にとって不都合なコトが立て続けに起こってしまうようなとき。
    自分の周りにいる人すべてが、自分の敵のように思えてきたりする。
    自分の周りがみんなゾンビというシチュエーション。
    なんだかわかるような気がするなぁ…、って、不思議なシンパシーを覚えてしまう見事な映画でありました。



    小さな劇場でしか上映してない、フェティッシュまみれの映画ではある。
    けれどとてもよい映画。
    オススメします。
    もし機会があれば是非、どうぞ。

    YOYOGI_STATION_GENSO_by_tokyogenso.jpgところで、東京の街の実際の画像を加工して、廃虚な景色にかえてしまおうというアートプロジェクト。
    「東京幻想」と言うデジタルギャラリーを発見します。
    左に貼った画像はJRの代々木駅。
    たしかにいつも見慣れた景色が、これほど見事に朽ち果てている…、不思議な感じ。
    他にもレインボーブリッジだとか渋谷の街角。
    かすかにかつての名残をとどめた西新宿のスカイラインと、圧倒的な表現力でリアリティーさえ感じさせます。
    オドロキです。

    それにしても廃虚というモノに対する人の憧れ。
    これって一体、何なんだろう。
    廃虚とまでは言わないけれど朽ちはじめてしまったモノに対する不思議な郷愁。
    そして憧れ。

    例えばレオナルド・ダ・ビンチの「最後の晩餐」。
    20年以上の歳月をかけ、修復作業が行われキレイになった。
    オリジナルに限りなく近い明るい色と、クッキリとした輪郭までもを手に入れて、けれどその分、なんだかありがたみがなくなっちゃった。
    不思議なことに…。
    日本の神社仏閣が果たして出来た当初の姿にすべてなったら、どうなるんだろう。
    趣きだったり味わいだったりある意味「日本らしさ」すらなくしてしまうかもしれない。
    オリジナルであるコトに、果たしてどれほどの意味とありがたみがあるんだろう…、って思うとかなりドギマギしちゃう。
    おもしろい。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    無題
    東京幻想の代々木駅を見るたびにある疑問が浮かびます。
    なぜ作者は時計と案内板を無傷で残したんでしょうね?
    これだけ徹底的に破壊しておきながらこの二つは今でも立派に役目を果たせそうに無傷なんですよねぇ。
    れきさん / 2010/07/24(Sat) /
    たしかに
    > れきさん
    たしかにその二つは照明が付いているようにさえ見えるほどに、無傷ですよね。
    もしかしたらこれは廃虚じゃないのかもしれない。
    このホームに線路を使わぬボクたちの見知らぬ乗り物がやってくるのかもしれませんね。
    サカキシンイチロウさん / 2010/07/24(Sat) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    ホラー みたことか!
    暑い夏にはやっぱりホラー。都内まで出かけて、ホラー映画3本ハシゴしてきました。まずはユナイテッド・シネマ豊洲。「ゾンビランド」わたしの中ではですけど、今年観た中で、一番おもしろい!(笑)ゾンビ映画が今年の一番っていうのは、やや抵抗ありますけど、ゾンビ映画がB
    URL 2010/07/25(Sun)21:29:32
    映画「ゾンビランド」誰も死なないゾンビ映画・面白い!
    「ゾンビランド」★★★☆ ウディ・ハレルソン、ジェシー・アイゼンバーグ、エマ・ストーン、 アビゲイル・ブレスリン、ビル・マーレイ出演 ルーベン・フレイシャー監督、88分、2010年7月24日順次公開、2010年7月24日 (原題:ZOMBIELAND )                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「新型ウイルスの発生で人類のほとんどが ゾンビとなった世界。 わずかに生き残った人間もおかしな奴ばか...
    URL 2010/10/04(Mon)23:26:36
    スイカジュースの夏の朝 HOME ねこ膳・こげたん・ヒサシブリ
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]