忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    夜、友人と一緒にいわもとQ。

    ce19b7f6.jpeg先日ためして、かなり虜になってしまって、それでワザワザ、天ぷら好きの友人さそってやってくる。
    時間は夕刻。
    6時過ぎ。
    一般的な休日の夕方としては程よい時間。
    けれど、歌舞伎町という街ではまだまだ町が動き始める前の時間。
    つまり、夜明け前という時間かなぁ…。
    通りを行く人はまだまばら。
    けれどお店の中には結構、先客がいてボクらのあとからも次々、人がやってくる。
    オモシロイコトに、みぃんな男性。
    年の頃は40前後というところでしょうか?
    黒服を着た人たちがちらりほらりと混じる光景。
    多分、近所の風俗店や飲み屋の男の人たちなんでしょう…、仕事の前の軽い腹ごしらえをするためやってくる。
    朝はキャバ嬢、夜は黒服…、歌舞伎町という街の多様で懐深いところを感じるたのしさ。

    0a2afdab.jpeg先日食べたのが天丼セット。
    冷たい麺のシコシコ具合や、なによりエビの天丼のハイクオリティーは充分承知。
    だから今日は温かい麺を食べてみたくて、それでかき揚げそばにした。

    このかき揚げも注文してからキチッと作る。
    見事な量の桜エビと、千切りニンジン、それからゴボウ。
    春菊などがカラッと揚がって、香ばしい。
    熱々の汁もスキッと旨みが光る。
    スープに使ってしばらくしても、決してへたらぬ蕎麦の力も相変わらずで、これも見事なオキニイリ。
    一緒に単品とろろご飯をたのんでみたら、これまた当たり。
    出汁でキチンと味ととのえたトロロがタップリ。
    スルスルしてて、しかも軽い渋味があってこれは本物。
    これならとろろ蕎麦もおいしくたのしめるんだろう…、って次の目的、できた感じでござります。

    それからなによりビックリしたのが、丼物に付いてくる汁。
    シジミ汁なのでありますね。
    天丼屋さんの定番の汁。
    コッテリとした赤味噌としっかりとした出汁。
    そこにタップリしじみが入って旨いコトったらありゃしない。
    夜のご飯時って言うのもあったのでしょう、ほとんどの人が天丼をたのんで食べていた。
    誘ったみんなには、上天丼のセットを薦めて食べてもらうコトにした。
    何度みてもうつくしい、この天ぷらの見事な様に今日もウットリ、オゴチソウ。

    表に出たら突然の雨。
    走って急いで、ゴールデン街に駆け込んだ。
    sexyyose.jpg実は今日はこのゴールデン街の小さな箱で「セクシー寄席」の公演の日。
    ワハハ本舗の女の子だけのお笑いユニット。
    彼女たちがママを演ずる場末のバーのショータイム…、っていうのがテーマの舞台シリーズ。
    お下劣にして腹を抱えてわらってしまうたのしい舞台で、なにより彼女たちの一生懸命が気持ちいい。
    今回で15シリーズ目の公演で最初は小さな箱も一杯にならぬ程に知られてなかった。
    ところが今日は祝日の夜にもかかわらずギッシリ一杯。
    しかもリピーターさんだけでなく、はじめての人もたくさん集まる。
    ちょっとづつ努力が報われブレークし始めたのかなぁ…、って思うとウレシクなります。
    見ている人も演ずる人もみんな同じテンションで、ひとつの場所にばく進しようとするエネルギー。
    そのひとつ場所というのが元気。
    笑う角には福来る…、って感じの元気がボクは好き。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    一駅前のラインの朝 HOME 初老のボクの敬老の日の今日
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]