忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    11 2019/12 01
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    映画を觀ます…、昨日、封切られたばかりの「グランド・ブタペスト・ホテル」。



    これといった前知識もなく、それでもみようと思ったのは、これがウェス・アンダーソン監督の作品だというコトと、できたばかりのシネコン、「TOHOシネマズ日本橋」でかかっているので映画館を見てみたくもあり。
    それでやってきてみたんだけれど、素晴らしかった。一度でたりない。見終わったあと、すぐにもう一度みたくなる。そんな名作。



    今年公開されたばかりのドイツ・イギリスの合作映画。
    コメディー映画というカテゴリーではあるけれど、大笑いじゃなくクスッといろんなところで笑えて、しかも最後にシッカリ泣かせてくれる映画でござんした。



    グランドブタペストホテルというホテルが、なぜかつては名門ホテルと言われたのか。
    そんなホテルがなぜ廃れて、うらさびれたホテルになってしまったのか。
    その秘密を謎の老人が、ジュード・ロウ扮する人気作家に昔話として語るというストーリー展開。
    その物語のスピードがめくるめくような速さで、しかも色彩、画像効果にカメラワークと、この監督ならではの感性あふれる見事な出来栄え。



    しかもプロダクションデザインがすばらしくって、衣装やインテリア、小物に至るまでエレガントにしてデコラティブ。キッチュでなのに子供っぽくない。
    当然、フィクションではあるのだけれど、舞台設定のひとつひとつにシッカリとした裏付け、設定がなされてて、例えば話の中で重要な小道具になっている見目麗しい、美味しげなお菓子。
    その作り方が公開されてたりするのがたのしい。



    ちなみにこの映画の舞台になっているホテル。
    実際のホテルを改造して撮影しようとしたのだけれど、あまりにお金がかかりすぎるためドイツのザクセン州のゲルリッツという街にある大きなデパートを使って撮影されたんだという。



    なにごとにも魂は細部に宿る。嘘を描くのが当然の映画だからこそ、リアリティーを追求しなくちゃいけないんだというコトなのかもしれません。
    今年今までみた中で、文句なくナンバー1の映画でござった。オススメです。

    そうそう、TOHOシネマ日本橋。シートも空間もすばらしく何より都心型のシネコンにしてはビルの3階部分というアクセス至便でロビーもユッタリ。いい映画館でございましたです、これまで含めて、オキニイリ。

    拍手[6回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ブタペストのお菓子
    サカキサン
    ブタペストホテルお気に入りなんですネ

    私も見てみたいなぁ~

    お菓子を作るトコロ気になります
    ブタペストのお菓子は
    どーゆーのカナ?
    つんつんさん / 2014/06/08(Sun) /
    フランス菓子
    > つんつんさん
    ブタペストのお菓子というよりも、典型的なフランス菓子。
    見た目がまず可愛らしくてステキですよね。
    サカキシンイチロウさん / 2014/06/08(Sun) /
    この監督の色彩感覚
    いつみても唸らせれられますねえー。上質の絵本ですよ。
    知り合いも昨日一番入りが少ない映画だろうと思って行ったら超満員でビックリしたと申してました。私も行かねば!
    echigoyaさん / 2014/06/08(Sun) /
    絵本のような
    > chigoyaさん
    この映画。
    冒頭のシーンは本を開くところからはじまるんです。
    まさに絵本のような映画。
    しかも上質な大人のための絵本です。
    ぜひ。たのしまれてください。
    サカキシンイチロウさん / 2014/06/08(Sun) /
    無題
    今日見てきました。
    この監督は大好きで作品は全部見ていますが、これまでの中でも一番かもしれません。華やかさと可愛さの中に潜む儚さが切ない映画でした。
    MOMIOさん / 2014/06/08(Sun) /
    No.1
    > MOMIOさん
    この監督の独特の色彩感覚とシンメトリーにこだわる様式美がいかんなく発揮されてますよね。
    しかも物語がよい。
    あっちにいったりこっちにいったり、場所や時間を飛び回りながら、一直線に突き進んでいく、おだやかなのに疾走感すら感じる作品。
    すばらしいですね。
    サカキシンイチロウさん / 2014/06/08(Sun) /
    感想をお伝えしようとすると20行を超えそうなので
    あと2回見ます。感想は以上です。

    動画の紹介ありがとうございます!
    制作の皆さんの喋り方も押しつけがましくなくて心地良いですね。
    かっちさん / 2014/06/12(Thu) /
    何回もみるに値する映画
    > かっちさん
    ボクもあと2回はみるでしょうね。
    そのひと言が雄弁にこの映画の魅力を語っていると思います。
    こういう映画に出会えるってうれしくてしょうがないですね。
    サカキシンイチロウさん / 2014/06/12(Thu) /
    無題
    こんばんは。
    サカキさんのこちらの記事を拝見して、もう見たくて見たくて!

    本日念願叶って見てきました。

    絵本のような映画、との表現はまさにピッタリ!
    シンメトリーな映像美にうっとりしてしまいました。

    しかし内容はありえないぐらいハチャメチャ!
    登場人物たちは、画面を水平垂直に右往左往し、ほんのちょっとズレたステキなタイミングでストーリーが展開していく…。

    笑ったり泣いたり驚いたり、とにかく楽しくて忙しい映画でした。

    なので個人的には「美しすぎるパラパラマンガ」と表現したいです(笑)。

    素晴らしい映画のご紹介、ありがとうございました。
    また今後も参考にさせていただきたいです。
    ノリエンヌさん / 2014/06/18(Wed) / URL
    イマジネーション
    > ノリエンヌさん
    ただぼんやり見ていると置いて行かれるストリー展開。
    ずっと頭の中で自分の物語を思い描きながら観ることを強いられる、まさにこれが映画なんだろうと思います。
    イマジネーションを掻き立てられる映画ってステキですよね。
    サカキシンイチロウさん / 2014/06/19(Thu) /
    クラフトビールにシカゴピザ HOME パリのワイン食堂
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]