忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    05 2017/06 07
    S M T W T F S
    1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    カレーハウスCoCo壱番屋。

    coco1.jpgインターネットで、ココイチと入力しようが、ココ一番と入力しようが、確実に検索結果が一番上にやってくる。
    さすがですなぁ…。
    ちなみにボクの使っているFEPでは、「ここいち」と入力すると「ココ壱」と変換してくれましたです。
    ますますさすが。
    かつて名古屋地方のコンサルテーションを担当していた時代があって、そのときはじめて出会ったお店。
    カレーそのものは普通だけれど、驚くほどのトッピングがあって、なるほどとても名古屋風だわい…、ってちょっと感心。
    みるみるうちに日本全国にお店が増えて、けれどご無沙汰。
    直近で利用したのは、4年ほど前にハワイでカレーライスを食べたくなって、アラモアナショッピングセンターのフードコートの脇のお店に行ったくらいかな?
    つまりかなりのひさしぶり。

    分厚いメニュー。
    カレーショップでこれほどまでに沢山のページ仕立てのメニューをもったチェーンって他にはないんじゃないか…、って。
    しげしげみながら、タップリ時間をかけてやっとこれを選んだ。

    fb09e3c7.jpegおくらと豆腐のカレーに、ウズラの玉子のフライをトッピングしてもらったの。
    ご飯は小盛り、200gという分量。
    ルーはやっぱり普通です。
    カレー専門店のカレーじゃない。
    洋食屋さんのカレーでもなく、あくまで家庭で作るカレー。
    よく煮込まれて一晩寝かした…、程度のコクと旨味のカレーで、まぁ、それがここの特徴と言えば特徴でしょ。
    ところがそれにオクラと加える。
    するとルーがトロンとすべすべ、なめらかになり口触りがとてもたのしくなってくる。
    豆腐のフルンとやわらかな、舌にやさしい食感もまたおいしくて、スリランカ風のオクラとチーズのカレーを食べてるみたいな感じになってくる。
    ウズラのフライもまたご馳走。
    カラっと揚がったパン粉の衣をカリッと噛むと、中からプチュッとやわらかな玉子の食感。
    一口でパクッと食べきれる、サイズがこれまたご馳走で、ちょっとこれははまりそう。

    e9ab1cdc.jpeg辛さは4辛。
    ここ独特の辛味調味料「とび辛スパイス」を使って辛さを調節できる。
    だから注文するとき、カレーの種類にトッピングの有無。
    辛さのレベルにご飯の量と、事前にこちらが言わなければ、お店の人の質問攻めにあうことになる。
    まるでスタバのカスタマイズみたいな感じ。
    おもしろい。
    ちなみにこの「とび辛スパイス」を、完成品の上にそのままかけてもそれほど辛さを発揮してくれない。
    辛い風味がくわわって、鼻が辛くは感じるけれど口がひぃひぃ言うほどじゃない。
    けれど事前にこれを加えて鍋で加熱してやると、まぁ、ビックリするほど辛くなる。
    油とむすびついて温まることで、辛さをグイグイ発揮する。
    プロの技です、感心します。

    それからスタバ。

    74d3e2ae.jpegお腹がしっかりあったまり、この熱々を台無しにしたくない…、ってそれで熱い飲み物にする。
    ショートチャイラテ。
    カレーのお供はチャイでしょう…、ってノリでコクっていきます。

    ポッテリとした泡。
    トロンと喉を撫で回しやさしくお腹にながれこんでいくその飲み心地はスタバのそれ。
    けれどその泡の下から姿をあらわすチャイの部分はアメリカ的ではなくアジア的。
    ジンジャー、シナモン。
    エキゾチックなスパイスが紅茶の苦みと一緒になって、ちょっとお薬っぽい独特の味。
    飲み心地。

    タップリ甘く、トップリなめらか。
    4辛カレーで火照った口や喉がみるみるスッキリとする。
    体もポカポカあたたかで、気持ちもほんのり温まる。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    アンカケスパ
    寒いですねー。
    そう言えば、秋葉原と御徒町の間くらいにあるCoCo壱の2階に系列のアンカケスパゲッティのお店があって、隠れたお気に入りでした。あっという間に無くなりましたが、復活しないかな~と何気に待っているのですが。ご存知でしたか?
    明日からの3連休、暖かくしてごゆっくりお過ごし下さいませ。
    オレンジさん / 2009/11/20(Fri) /
    水道橋にも
    > オレンジさん
    CoCo壱のあんかけスパゲティー屋さん。
    東京進出一号店が水道橋にありました。
    そこもあっという間に閉店。
    今は確か、新橋と早稲田に残っていたような…。
    スパゲティーにすらトッピングをしてしまうナゴヤ魂。
    嫌いじゃないです。
    サカキシンイチロウさん / 2009/11/20(Fri) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    鍋焼きで〆る寒い夜 HOME テリヤキ、チャウダー、モスチキン
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]