忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    08 2017/09 10
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    近所で昼。
    会社近くの「鉄板焼きのなかむら」って店でランチ。

    7397d28a.jpeg前回、はじめて来たときは「ワタまで丸ごと食べられる秋刀魚」の塩焼きを熱烈にすすめてもらったたのしいお店。
    今日も秋刀魚の塩焼き定食ってメニューにあったけど、特別勧められることも無く、なるほど今日の秋刀魚はワタまで食べられるほどじゃないんだなぁ…、って。
    正直なことはすばらしきこと。
    他にあるのは、鯖の塩焼き。
    鮭のハラスにハンバーグ。
    それから豚の生姜焼きってのがあって、どれもほとんどおんなじ値段。
    一緒に行った4人で手分けしいろんなものを食べてみましょう…、とボクは豚の生姜焼きを選んでたのむ。

    しばらく待ちます。
    1時ちょっと手前の空いた頃合いを選んだはずが、もの凄い満席で、しかも半分ほどが料理を待ってる状態で、多分、みんな同じ考えだったのでしょう。
    それでしばらく。
    まずは最初に煮込んだハンバーグがやってきて、次にボクの生姜焼き。

    d51f3ab6.jpegロースをほどよき厚さに切って、それを二枚。
    生姜風味の甘辛ダレをかけ回しながら焼いたのでしょう。
    ツヤツヤ、照りが見事な様にて、タレもトロンと肉をキレイに包み込む。
    豚ロース肉はある程度の厚みがないと、サクっと歯切れる肉の繊維をたのしめなくって勿体ない。
    分厚すぎるとステーキになる。
    あくまで「生姜焼き」っていう料理の範疇に収まるように切って炒めてタレを絡める。
    ボクが好きな生姜焼きのまさに正しい姿形にかなりウットリ。
    ご飯も進む。

    一緒に行った人が選んだ煮込みハンバーグ。
    これはそこそこ。
    鮭のハラスが抜群だった。
    提供時間がかなりかかって、ボクがほとんど食べ終えた頃に、ジリジリ音を立てながら皮目バリバリ、コンガリ焼けた見事なハラスで、焼けた香りでご飯が一杯食べられそうな焼け上がり。
    待った甲斐があったというもの。
    ひとかけお相伴に預かって、ご飯をモリモリ、腹に収める。

    オゴチソウ様ってお金を払って出て行こうとしたらばなんと、ここのお店が蕎麦屋を本日、開けたんですよ…、と。
    そりゃ景気付けにいかなくちゃ…、と二度目の昼を食べにいく。

    そばの仲村屋。

    48b9abe7.jpeg千石駅前のマンションビルの1階で、しかも入り口がちょっと奥まったところにあるという決して立地は良くないお店。
    しかも小さい。
    立ち食い蕎麦のサイズのスペースに、テーブルと椅子がいくつか置かれ居心地的には悪くない。
    食券を買い、作ってもらってセルフで食べる。
    メニュー的にも立ち食い蕎麦屋の典型的な商品構成。
    コロッケ、かき揚げ、きつねにカレーと最小限だけどでもとりあえず食べたいものは全部揃ってる。

    聞けば鉄板焼きのなかむらでずっと働いていた若いスタッフの独立支援のお店なんだ…、っていうんですね。
    なんだかステキ。
    飲食店は多くのお客様をシアワセにすることができる商売。
    けれどそこで働く人をシアワセにできる分量には限りがあって、いつか若い人が独立する日を前提にした経営をするのがほとんど。
    そうでなければ家族経営。
    独立するときは、元のお店を邪魔しない、遠くでしてね…、ってお店がほとんど。
    ところが彼ら。
    折角独立するんだったら、一緒にかつて働いた同士が互いに気軽に助け合える近所で独立すればいい。
    邪魔しないよう、商売の仕方を変えればいいんだし…、ってこうした発想。
    なかなか出来ない。
    すばらしい。

    蕎麦の味もボクは好き。

    62e3edc7.jpegちょっとボソっとしてて歯ごたえがある。
    喉越しで味わうんじゃなく、噛んで風味をたのしむ田舎風の蕎麦。
    旨味に隠れたエグミがかなり大人風。
    カレー蕎麦を食べたのだけど、甘いカレーと旨味がスキッと力強い鯖節メインの出汁がほどよくいい関係。
    気軽に腹を満たしてあげるこうした店がこの界隈にはあんまりなくて、これはいい…、って思ったりした。

    前のお店を贔屓にしていた人たちなんでしょう。
    近所の人がニコニコしながら、よかったねぇ…、って集まってくる。
    コンビニなんかで蕎麦を買い、それで空腹満たすくらいなら、こうして元気で頑張っているあの店長のいる店で飯でも喰ってやろうじゃないか。
    そう思ってもらえる気軽なお店で独立果たす。
    なんてシアワセ、って思ったりした。
    いい、気分。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    銀座天龍、夜、餃子 HOME 明太子
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]