忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    05 2017/06 07
    S M T W T F S
    1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    会社の近所に「麺通団」がやってきた。

    suimen.jpg水道橋という地味な街。
    中でも商業施設がほとんどない、印刷所や小さな事務所が集まっているなんにもないところにポツンと出来た。
    半年前までは結構、使い勝手のいい寿司屋があって、そこが広尾に移った後を新装オープン。
    昨日がオープン。
    路地裏で、お客さんなんてくるのかなぁ…、と思っていたけどなんのなんの。
    にぎわっている。
    普段着のご近所さんのような人たち。
    工場の作業着のままの人。
    あるいは私服のOLさんたちが、続々、やってくるのがなんとも不思議。

    うどんはある意味、ブームなのでありましょう。

    冷やかけ、それから肉うどん。

    03400fa2.jpeg入り口の麺茹で場のところでまずはうどんをたのんで受け取って、カウンターを左から右に移動する。
    途中、途中にある天ぷらや薬味をとってお勘定する…、という仕組み。
    モノの配置や順番までもが新宿の店とまるでそっくり。
    新宿よりも小さなお店で、だからサイズが2分の1縮小になってるくらいが違いかな?
    そもそもセルフうどんのお店では、お客様が左手から右手に向かって移動するのが一般的。
    理由はカウンターの中で作業してる人の大多数の右利きさんで、右から左に料理を作って出してく。
    厨房の中の右から左は、カウンターの向こう側では左から右。
    当たり前だけど、よく出来ているのがおもしろい。

    竹輪の磯辺揚げと、かしわ天をとり、さあ、いただきます。

    b89c6028.jpegズルズルンと勇んでかきこむ。
    …、のだけれど、あれれ!と思う。
    麺が喉の入り口あたりでひっかかる。
    改めて、うどんを見るとキリっと角が立って入るけど、ところどころが崩落しててつやっぽさがない。
    どうしたのかなぁ…。
    麺の仕込みを間違ったんだろうか?
    これじゃぁ、うどんじゃなくて「紐団子」みたいな感じ。
    出汁を飲んでも塩味ばかりが勝っていて、旨味や風味があんまりしない。
    開店当初はやっぱり商品が落ち着かないことがありますからネ。
    水。
    空気。
    鍋が変わると料理が変わる…、っていいますし。
    少々、気長に安定するのを待ちましょう。

    つきあってもらった人がたのんだ、塩豚釜玉うどんなるこれ。

    e86e480e.jpeg釜揚げうどんは茹で上がるまで時間がかかる。
    しばらく待って、やってきたのが薄切り豚肉を塩ダレで味をつけたのとキャベツがどっさりのっかっている、なんだかラーメンみたいな姿。
    うどんと上具の間には生の玉子が入ってて、それをグリングリンと混ぜて半熟にして食べるというモノ。
    ちょっともらってすすってみると、これはおいしい。
    麺がムッチリ、程よい状態。
    もしかしたらここの麺。
    釜揚げうどんや釜玉うどんをおいしくするのに最適化されているのかもしれないですな。
    周りを見ても、半分ほどの人が釜玉うどんを食べている。

    讃岐の本場じゃあまりしないこの食べ方が、実は讃岐うどんをメジャーにしたキッカケかもしれなくて、なんだかちょっと面白い。
    日本の寿司がSushiになって世界に出てった…、そんな感覚。
    ボクはやっぱり、生醤油、ぶっかけ、肉うどん。
    それに勝る讃岐うどん無し…、って未だに思う。
    頑固者。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    四ツ谷エリーゼ HOME スタバ、フィローネ、朝のコト
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]