忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 04
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    03 2017/04 05
    S M T W T F S
    1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    夜、四ッ谷のエリーゼにてご飯。

    elise.jpg梅雨があけてからの東京は、とても雨っぽい。
    ちょっと前まで晴れていたのに急に黒い雲がたれ込めて、ポツリポツリと雨が落ちてくる。
    今日も一日、降ったりやんだり。
    ビルの谷間を歩いていると、ポツっと冷たいしずくが垂れて、あれっ…、クーラーの室外機から水がこぼれてる?って上を見上げて確かめたりする。
    不思議な陽気。
    今日も雨。
    パラパラ、ちらつくその中に、行列ができる繁盛店。
    ボクの前には3組待ってて、待ってる間に注文をする。
    テーブルにつくと、それほどまたずともたのんだものを食べられる、だから安心して並んで待つことができたりもする。

    ニンニクステーキ。

    5ae39c2d.jpeg今日は何にしようかかなり悩んだ。
    いつもならば、牛肉の薄切りバラ肉をトマトと一緒に炒めたここの名物料理を迷わずたのむところなのだけど、今日は不思議とステーキ気分。
    しかもここにはビーフステーキがある。
    そればかりか、サーモンステーキまで用意されてて、さぁ、どうしよう…と、頭の中はグチャグチャで半ばパニック。
    迷った挙げ句の解決策が、まずは牛肉を焼いてもらって鮭をフライにして食べる…、というもの。
    大食いの夜。

    程よい厚さのロース肉。
    ミディアムに焼き、そこにトマトソースがタップリかかる。
    みじん切りにしたタマネギをソテして薄切りステーキの上に押し付けるように乗っけて食べる、シャリアピンステーキをトマト風味にアレンジしたもの…、みたいな感じ。
    で、このトマトソースにニンニクが容赦なく入ってる。
    イタリア料理のマリナラソースのような味。
    香りは、不思議なことにエスカルゴバターみたいな感じで、すんごくおいしい。
    写真で見ると結構大きなステーキみたいに見えるけれど、実際、肉の大きさはこの半分ほど。
    これは肉を食べる料理じゃなくて、ソースを食べる料理…、であります。
    ご飯にピッタリ。
    肉の歯ごたえもガッチリしてて、一口分の肉にどっさりソースをのっけてパックリいくと、ご飯お茶碗一杯分ほどいけてしまいそうな、そんな味。

    サーモンフライ。

    4e88185f.jpegサーモンのバターステーキとどっちにしよう、とかなり悩んだ。
    実は、1ヶ月程前にサーモングリルが食べたくってしょうがなく、フレンチレストランを探し回って結局、巡り会うことが出来なかったあこがれ料理。
    なんだこんなところにあったんだ…、って思いもしたけど、でもフライ。
    分厚い切り身にギッシリパン粉。
    中はフワフワ、身はシットリでタルタルソースをタップリ付けると、揚げただけなのにまるでオーブンの中で焼き上げたグラタンみたいな香りさえする。
    脂ののった魚をおいしく食べる一番の方法が、こうしてフライにすることかなぁ…、って思ったりする。
    ご飯が旨い。

    カウンターの上にズラッとならんでスタンバイしてるキャベツの千切り。

    4e00bf1a.jpegこれみてなるほど、洋食レストランには「千切りキャベツ系」の店と「フライドポテト系」の店がある…、って思った。
    揚げ物類が強いお店は千切りキャベツ。
    グリル料理がメインのお店はフライドポテトや温野菜。
    ここは見事に千切りキャベツがすべての料理についていて、そのキャベツがおいしことったらありゃしない。
    肉の脂や揚げ油をすっきりさせる。
    特にトマトソースにキャベツをひたして食べると、まるでシャキシャキパスタみたいになるのがたのしい。
    トントンタンタン、目の前で上半身を小刻みに揺すりながらリズミカルに千切りキャベツをきざんでく、おいしい様がおゴチソウ。

    お腹いっぱい。
    表に出たら雨はすっかり、上がってた。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    おむすび食べる人になる朝 HOME 水道橋に麺通団
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]