忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    05 2017/06 07
    S M T W T F S
    1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    西新宿のヨドバシカメラの本店前。
    ステーキ屋さんが一軒あります。

    ルモンド

    e2ae957f.jpegLe Monde…、つまり「世界」あるいは「地球」であります。
    大きな名前がちょっと窮屈に思えるほどに小さな入り口、小さなお店。
    店の名前の脇には一言。
    「ステーキの神様」と書かれてあって、つまりここは、ステーキの神様が支配するおいしい世界!ということなのでありませう。

    商品はリブロース、サーロインにヒレの三種類の肉を使ったステーキ。
    で、肉好きにはたまらぬサービスがここにはあって、「Wサービス」という二種類の肉のステーキを盛り合わせてくれるというモノ。
    何にしようか迷ったときの、「ステーキの神様だのみ」みたいなサービス。
    リブとヒレの二つを選んで、Wサービス、してもらいます。

    カウンターだけの小さなお店に従業員が4人もいます。
    普通なら3人。
    切り詰めれば2人でやれるサイズのお店で4人の人の8つの手がフル回転しながら料理ができる。
    肉を掃除し、丁寧に焼く。
    氷まじりの冷水にシャキッとつけたレタスを一枚一枚、水気を切ってこんもり盛ってサラダにする。
    その手仕事がまずはご馳走。

    たのんだ「W」がさて、やってくる。

    2ada464e.jpeg鉄板じゃなく、お皿でやってくるステーキというのもまたいいものです。
    脂がジュウジュウ、焼ける香りと、ソースが焦げる風味がおいしい鉄板ステーキもいい。
    目や鼻や耳に働きかける感覚的においしい鉄板ステーキ。
    けれど肉の味わいそのものに、じっくり向き合い冷静に食事したい時には、焼けすぎになる鉄板よりも、お皿の方が理にかなってる。
    肉に自信があるからこその、皿盛りステーキ。

    上にのかってるのがヒレ。
    コロンと丸いヒレ芯を、ベーコンで巻き焼き上げた教科書通りの姿がステキ。
    ナイフを置くと、スパッと切れる。
    ムッチリとしたやわらかさ。
    歯にまとわりつくきめ細やかな肉の食感。
    旨みは一転、強烈で、女性的なるつややかが口いっぱいに広がるしあわせ。
    そのヒレがまるで敷物のように従えているのが、脂と赤身のバランスが見事に取れたリブロース。
    肉汁と、赤身特有のサッパリとした酸味を帯びた旨みを味わう。
    しかも歯ごたえ。
    顎を直撃するようなたくましい肉の食感を味わいたいなら、リブステーキが最適で、ここのステーキもまさにそんなマッチョな味わい。

    リブを一口。
    ご飯を食べて、そしてヒレに現を抜かし、ご飯を食べてまたリブにゆく。
    なんたる贅沢。
    醤油ベースのソースと一緒に、ガーリッキーなバターがタップリのっかってるのも、ボクにとっての「おいしいステーキ原風景」のように思えて、なお、おいしい。
    満腹、満足。
    ステーキの匂いとともにお店を出ます。
    なごりおし。


    それにしてもヨドバシカメラ。
    店名に反して外からみるその姿は、ヨドバシケイタイって言った方がいいんじゃないか?って思うほどに、携帯電話だらけでビックリ。

    携帯電話のこの世界。
    docomo、ソフトバンク、auとメガキャリアが圧倒的な統制力を発揮している日本と違って、世界の世界はなんでもありの状況で、中でも中国。
    とんでも端末が次々発売される、自由な市場。
    いろんなことに政府が口出す中国で、携帯電話の世界に限ってはまるで自由というのが不思議。
    iPhoneより高機能のソックリさんとか、オバマ大統領まで広告に勝手に担ぎ出しちゃったBlackberryソックリさんとか。
    こんな変り種まで登場しちゃった!

    仏教仕様の携帯電話

    hotokesamakeitai.jpg「Odin 99」っていう、全身金色という、まるで仏壇がそのまま携帯電話に乗り移ったみたいなすんごいデザイン。
    起動画面を立ち上げると、お経が流れる。
    しかも本体の「蓮の葉ボタン」をプッシュすれば、いつでも「仏壇お祈りモード」に飛べる…、という見事。
    発売された中国だけじゃなく、いろんな国の仏教団体が「うちの宗派向けにカスタマイズしてくれないか」って、リクエストまで届き始めているという。

    ただただ高級をうたい文句にしたVertueなんかより、ずっとこっちの方がニーズがありそうな。
    たとえば毎日、お坊様からのメッセージが送られてくるであるとか、ご先祖さまの戒名入りの待ち受け画面がダウンロードできるとか、いろんな付加価値サービスを考えることができるんじゃない?
    シニア市場にも食い込めそうだし。
    なんだかちょっと、おもしろい。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    無題
    ワタクシ的には新聞のイメージが強いです.
    iPod touchの無料アプリで毎日見られるのがありがたいです.

    電話を持たぬ我が身としては,iPod touch様々であります

    今日から夏のソルドが始まりましたー
    佐藤Rさん / 2009/06/24(Wed) /
    もうソルド!
    > 佐藤Rさん
    もうソルドの季節なんですね。
    また日本から大挙して買出し旅団がパリに飛来してくるのでしょうか?
    iPod Touch。
    確かにもっとも小さな、でも効率のよい情報収集メディアであろう…、と思います。
    9月にはあらたなモデルが出るのではないか?なんていわれています。
    iPhoneに乗り換えるチャンスがくるのかもしれません。
    サカキシンイチロウさん / 2009/06/25(Thu) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    ペプシソ HOME ミニ、あるいはハーフのおもてなし
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]