忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    07 2017/08 09
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    新宿花園神社近くの「飲食笑商何屋ねこ膳」なる店。

    2eb066df.jpegお昼の気軽な定食屋として知り合って、ところが先日、夜はじめてきて「おやまぁ、ココは夜もたのしんだ」と再発見。
    仲間同士で集まって、テーブルの上にドドンと焼酎の瓶を並べ、飲んで食べて笑ってしゃべって。
    ニコニコたのしむ姿がちょっとまぶしく、うらやましくて、それで今日。
    ボトルを入れにみんなで来ます。
    結構、レアものの焼酎も揃ってたりしてしかも安い。
    仕入れ値プラスαな感じ。
    お得な値段でキープさせてもらえてしかも、氷に水なんかの割りものは只。
    へんてこりんなお通しなんかも付いてこない。
    気軽に飲める。
    お店の方も料理を作ることに専念できる。
    厨房の中の仕事はお店サイドで、テーブルの上はお客様任せに…、っていうことなんでしょう。
    大人な感じ。
    黒霧島をお初のボトルに選んでいれて、ボトルの首にネームタグ。
    どれにしますか?…って10枚ほどの新しいタグを見せてくれたどれもが猫の写真が入った手作り。
    象の鼻みたいにデロンと垂れ下がる、ぶっとい尻尾のアメリカンショートヘアーっぽい猫の写真を選んで名前を書きました。

    27a84439.jpeg干物をもらう。
    アジの開きを焼いたもの。
    ジリジリ、お皿の上でもまだ焼けてるようなそんな熱々。
    丸々太ったアジだったんでしょう。
    干されてなおも分厚くて、箸を添えるとブリンと身が弾けだす。
    脂ツヤツヤ。
    口一杯に旨味が広がる。
    魚の世界にはメタボリックシンドロームなんてないんでしょうなぁ…、太れば太るほど男が上がるステキな社会(笑)。
    うらやましくてしょうがない。
    それにしても青い魚を干すとなんでこんなにおいしくなるのか。
    旨味がギュギュッと凝縮されて、匂いもドッシリ、重厚になる。
    芋焼酎になんともおいしいお供なり。

    ab3741c9.jpegイカのワタ焼きっていうメニューがあって、とってみる。
    多分、イカの切り身をワタと一緒に焼いたものだろう…、と思ってとった。
    そしたらビックリ。
    ワタを丸ごと焼いたもの。
    形がまるで壊れておらずきれいに焼けたその様みると、どれほどこれが新鮮なイカで、丈夫なワタを持っていたのか。
    惚れ惚れします。
    スプーンでほんのひとすくい。
    口に運んで下にのせると驚くほどの旨味が広がる。
    磯の香り。
    海の生き物独特の濃厚な味。
    スプーン一口でまるでイカの一匹分を味わった…、そんな感覚。
    驚きました。
    しかもこれが酒に合うことはなはだしくて、酒を旨くするだけでなく酒を飲んだ後、舌の上に留まっていた味がスキッと無くなって潔いほどサッパリとする。
    ご飯のお供にいいだろうなぁ…、ってそう思いつつチビチビ食べた。

    bba3e32e.jpeg鶏の唐揚げ。
    これまたドッシリ。
    醤油風味のタレをタップリ吸い込んだ鶏モモ肉に粉をはたいてガッシリ揚げた、酒のつまみにこの上ないほど良くできのコレ。
    レモンと一緒にマヨネーズ。
    業務用の大きなボトルのマヨネーズを、ひとり一個使ってください…、って手渡されそれをネリネリ。
    タップリつけて食べるシアワセ。
    体の中で眠ってた、マヨラーDNAが目覚めるようなそんなうれしさ。
    そのマヨネーズに醤油を足したり、一味唐辛子をタップリ入れて混ぜ合わせたり、いろんな味にしてつける。
    みるみるお皿が空っぽになる。

    手作りメンマに、ポテトサラダ。
    しっかり味がしみ込んだ味付け玉子を盛り合わせにしたここお馴染みの「とりあえず」やらあれこれ料理を食べてお腹もあったかくなり、そして〆。
    海鮮丼っていうのが気になり、とってみる。

    b8667f98.jpeg丼じゃなく四角いお重。
    表面積が広い分、ご飯よりも上の具材の量が多くなる。
    イカの切り身にマグロの漬け。
    千切りキュウリに刻んだ大葉。
    炒った白ごまで風味をつけるという、多分、ボクが漬け丼作ったら同じように作るだろう…、ってそれがとってもうれしい一品。
    ご飯もおいしく、汁も真っ当。
    これだけ食べて、料理だけなら一人たった1500円弱。
    やっぱりこの店、いいお店。

    そうそう今日は8時からしばらく貸し切りになる…、ってそう言っていた。
    厨房の中では準備が着々とすすんでて、お店の壁にウェルカムメッセージが貼り出されてた。
    今日はあびるほど飲んでください。
    でも、○○さんは裸になるのはやめてください。
    △△さんは寝るまで飲んじゃだめですよ…、って。
    小さなお店ならではのこのあったかさがボクは好き。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    行ってきました!
    先日のサカキさんの日記に触発されて、
    映画を観る前の腹ごしらえにお邪魔
    して来ました。
    その時頂いたのは、唐揚げやウインナーの
    フライなど、揚げ物ぎっしりな
    定食だったんですが、美味しかったです。
    帰り際に「ウチは魚がおススメなので
    次回は是非召し上がって下さい!」と
    元気におススメされてしまったので、
    これはまた行かなくてはなりません(笑)。
    良いお店を教えて頂き、感謝です!
    タカハシケムヂさん / 2009/12/13(Sun) /
    ウィンナフライは名品です
    > タカハシケムヂさん
    ボクは3回目にしてじょう常連さん扱いしてもらえました。
    安くておいしいうえに、働いている人の気持ちがとても温かい。
    いいお店だ、って思います。
    この日も〆の海鮮丼に、ウウィンナフライを追加しちゃいました。
    何を食べてもしっかりおいしい。
    それが一番うれしいこと、と思います。
    サカキシンイチロウさん / 2009/12/13(Sun) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    ダブルデッカーにポタージュの朝 HOME 今の季節の柿のパフェ
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]