忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    フクナガ。

    f.jpg今の街に引っ越して来て、よかったなぁ…、とつくづく感謝させてもらったお店の一つ。
    フルーツパーラー。
    果物屋さんの二階という、もうこのロケーションがそもそもステキ。
    窓の大きな明るいお店でお店に入った瞬間、甘酸っぱい果物の優雅な香りに包まれる。

    例えばお米屋さんのやっているおにぎりやさん。
    魚屋さんがやっている定食屋さんや、肉屋さんが経営する焼肉屋さんとか、その食材を売ってる店がやってる飲食店って、結構ある。
    仕入れ直売というメリットをいかして、うちはどこよりもお値打ちですから!って自慢するそうしたお店を、ボクは信用しないようにしています。
    いいものを安く仕入れるというコトが、そのまま料理のおいしさになるってコトにはならないですから。
    ましてや料理を「たのしんでもらう」というコトにはなおさらそれは関係ないコト。
    素材ひとつひとつのおいしい「食べ頃」。
    素材それぞれのおいしい「食べ方」。
    素材の特徴を知り尽くした人ならではの「使い方」の提案こそが、食品販売店直営の飲食店の得意じゃなくちゃ、おもしろくない。

    例えばここの今の季節の柿のパフェ。

    155d4f41.jpegグラスの一番上を飾った柿はカリコリ、歯ごたえおいしい固めの状態。
    皮までお召し上がりくださいネ…、って言われて皮ごと齧ると、たしかにツルンと皮もおいしい。
    皮と実の間の部分が歯茎に触れると渋さに痒くなるような、そんな食感もまるでない。
    皮付き柿がのっかっているのが柿で作ったシャーベット。
    シャーベットの下には小さなサイコロ状に刻んだ柿の実。
    アイスクリームに再びサイコロ状の柿。
    一番下にはシャーベットという、多層構造でおどろいたことに一層ごとに使った柿が違ってること。
    まず、上の方にのっかっているサイコロ柿はカリッと固いまだ若いモノ。
    バニラアイスクリームと一緒に食べると、ちょうど良い、味より香りを味わう感じのみずみずしさにニッコリとなる。
    それが一転。
    一番下のサイコロ柿は熟してトロトロ。
    まるでピュレかジャムのような食感で、味わい濃厚。
    一度に3種の柿の味わいをたのしむことができる贅沢。
    柿で作ったシャーベットも、口に含むとトロトロスベスベ。
    熟した柿の種のまわりのゼラチン状の、ヌルンとやさしいなめらかを食べてるような気持ちになるのがなんともステキ。

    目利きの仕事。
    柿という果物が、状態ごとに違った果物のようになるというコトを熟知しているからこその、見事なパフェに脱帽す。

    d3d310c3.jpeg一緒にサンドイッチをたのんで昼の代わりとす。

    フルーツサンドと玉子サンドを半分半分。
    ここのサンドイッチのパンがおいしい。
    甘味をほとんど持たずに焼かれて、生地、細やかでかなり頑丈。
    だから果物をクリームで和えたふんわりフィリングを力強く支えてくれる。
    イチゴ、キウイ、パパイヤ、マンゴー。
    柿に洋梨、リンゴをワインで煮込んだものといろんな果物の食感にぎやか。
    ケーキよりもサッパリしてて、けれどフルーツの味わい、食感、際立って大人のお菓子…、って言う感じ。
    昔は好きじゃなかったフルーツサンドイッチにココで開眼。
    今ではすっかり、オキニイリ。

    ところでパーラー。
    明るく健康的な空間のコトを日本の人はそう呼んだ。
    フルーツが主役の明るく健康的な空間=フルーツパーラー。
    美と健康を手に入れるための明るい空間=ビューティーパーラー。
    フルーツパーラーやビューティーパーラーって言葉や場所が少なくなってきて、代わりに今ではパチンコ屋さんがパーラーなんて名乗ったりする。
    日常レジャーの王様だった外食を、台無しにしてしまったモノの中でも代表的なモノが「携帯・プレステ・パチンコ」だった…、ってボクは今でも思ってる。
    特にパチンコ。
    タバコ税を上げるんだったら、パチンコの玉から税金とればいいのに…、って。
    そんなことを思ったりする…、いけない不機嫌モードになっちゃった。

    拍手[1回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    フルーツ万歳
    パフェを食べにいくぞ~と、
    サカキさんの日記を見るたびに
    思います。本当においしそう。
    夢見心地とはこのこと!って
    ウキウキします。
    「携帯・プレステ・パチンコ・
    タバコ」ぜーんぶに縁が無いので
    楽しみの王様はやっぱり外食デス。
    99さん / 2009/12/12(Sat) /
    日々のたのしみ
    > 99さん
    パフェ、あるいはパルフェ。
    果物を完璧な状態でたのしむための心づくしのおごちそう。
    そう思うと、パフェのある惑星に生まれてよかったなぁ…、って思いますね。
    外食の楽しみ。
    それは平凡な毎日を、うつくしく彩ってくれる心の贅沢って思いますね。
    大切にしなくっちゃ。
    サカキシンイチロウさん / 2009/12/12(Sat) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    新宿ネコ膳、黒霧島にてゴキゲンを呼ぶ夜 HOME 朝からあんかけ作る朝
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]