忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    11 2017/12 01
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    どんなお店も、一日でも永くお客様のために営業していたい…、ってそう思いながら一生懸命がんばっている。
    長続きのため、ずっと変わらぬことを選ぶお店もある。
    長続きのため、時代に合わせてちょっとづつ変わっていくお店もあって、気づけばまるで昔のお店と違ったお店として生き残ってしまったりする。
    威勢のいいお兄さんが、しばらく姿をみないよなぁ…、って思っていたら、きれいなお姉さんになって帰ってきちゃったってようなコトが起こったりする。

    で、今日、そんな経験を期せずしてする。
    ラケル、という店。

    rakel.jpgオムレツの店。
    大昔。
    まだボクが学生の頃に数回、来たことがあるなつかしい店。
    渋谷や新宿といった若い人たちが集まる街の、必ず町外れのビルの地下…、あるいは二階。
    目立たぬ場所にひっそりあって、なのに結構流行ってた。
    赤いレンガがアクセントになったちょっと重厚な造りのお店で、「気軽にこれる専門店」っていうそんな感じを重宝してた。
    長らくご無沙汰。
    すっかり存在そのものを忘れてしまっていたのだけれど、久しぶりに西新宿で店の看板が目に入る。
    あら、まだ同じ場所にあるんだなぁ…、って思ってそれで入った。

    raquel.jpgれんが造り、重厚なソファ、アンティークな小物が壁や天井に飾られたお店の雰囲気は昔のまんま。
    けれど、フリルのついたギンガムチェックのエプロンを着たメードっぽいサービススタッフ。
    みんななぜだか鼻にかかったアニメ声。
    「いらっしゃいませ」に続いて「ご主人様」って言われるんじゃないかしら…、ってドキドキしちゃう不思議な空間。
    メニューをみると商品のほとんどはオムライス。
    昔はオムレツと料理、それに「ラケルパン」っていう名物パンがメニューの中心で、ヨーロッパ風の専門料理のお店っていう、気軽さの中にも非日常的な気持ちになれた。
    だから多分、当時、湘南という東京から1時間の場所に住んでた田舎のボクは、都会に来るたびその非日常を楽しむために、ここに着ていた…、ような気がする。

    昔、ちょっと取っ付きづらく感じた令嬢。
    ひさしぶりにあったらとても気さくな中年太りのおばちゃんになっていた、って感じでしょうか。
    さてさて、彼女の人生に何があったか?って、いろんなコトを考える。

    オムライス。

    0275dd55.jpegサラダやグリル、フライものなどのいろんな料理とのコンビネーションをたのしむスタイル。
    ソースを変えたりフライパンに乗っけてだしたりといろんな工夫で何にしようか、ほどよく迷う楽しさがある。
    今日、選んだのが「おこげオムライスとハンバーグ」というコンビネーション。
    おこげオムライスって一体何?って思ってたのんでみたのだけれど、これがなかなか面白い。
    鉄板の上。
    甘辛い醤油ダレを塗った上に白いご飯をポンと乗っける。
    そのままガンガン、その鉄板を焼いてけばタレが焦げて香ばしくなり自然とご飯がお焦げ状になる。
    ケチャップライスを作る手間かからない賢い料理。
    オムライスを作るにあたって一番時間と手がかかるのがケチャップライスを炒めることで、その難儀から解放されたい一心が作ったアイディアレシピなんだろう…、ってそんなことを思ったりする。

    セットについてくるスープにサラダ。

    183144ae.jpegどちらもまじめ。
    「当店のコーンスープにはコラーゲンをタップリ加えてございます」って、但し書きがあったけれど、女性のお客様がそれだけ多い証拠なんでしょう。
    今日もお客様のほど8割は女性客。
    ローラアシュレーっぽい花柄プリントのテーブルトップや、ピーターラビットのシュガーポットやコーヒーカップ。
    たしかにフェミニン。
    喫煙席はガラガラで、禁煙席が満タンという、平日の昼はもしかしたらば真逆になるかもしれないけれど、週末のココは女性天国。
    にもかかわらず、メード喫茶的な風情ただよう、そのミスマッチがシュールでたのしい。

    マニュアルっぽいサービスを、合理的で事務的に表現するとファストフードのようなサービスになる。
    そのサービスをユッタリさせてお客様想いの気持ちをタップリ加えてやると、メード喫茶になるのかなぁ…、ってそんなことを思ったりもする、いい体験。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    目にしみる空、タイ屋台 HOME 久留米式ホットドッグが呼んだ朝
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]