忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    05 2017/06 07
    S M T W T F S
    1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    ロールパンのおいしいお店があるんだよ…、というので試しに買ってきてもらってそれでホットドッグを作って食べる。

    rm.jpg袋の中に二種類のパン。
    ひとつはカサッと乾いた感じに焼き上がってるコッペパン。
    指で押すと力強くはねかえす、かなりギッシリ、詰まった感じ。
    玉子を塗ってテカテカ表面かがやいている、ミルクロールはちょっとやわらか。
    ためしに一口、齧ってみるとパホっと乾いた食感。
    口の中の水分を、容赦なく吸い取ってそれで徐々になめらかに姿を変えるなつかしい味。
    焼けた香りが香ばしく、学校給食のパンに向かって心が走る。

    日本独特のなつかしいパン。
    日本独特のホットドッグにしてみよう…、ってそれでちょっと張り切った。

    コッペパンを使ってまずはレトロドッグ。

    cd228b90.jpeg普通のソーセージを使わず、魚肉ソーセージ。
    それを炒めて、カレーケチャップをプチュッとかけて再び炒めてとろみを付ける。
    キュウリを薄くスライスし、パンの切り目にそわせてはさみ、そこにプリンとソーセージ。
    普通のケチャップ。
    それにフレンチマスタードをプチュッとしぼり、ハイ、出来上がり。

    小さめのパン。
    そこに魚肉ソーセージを一本丸ごとのっけて、だからソーセージの半分ほどがペロンとはみだす。
    その豪快さが目にまずおいしい。
    プチュンと歯切れる魚肉ソーセージのなめらかさ。
    脂を含まぬ癖のない味。
    フガフガ食べると、なんだか昔の味がする。

    ミルクロールで久留米スタイルのホットドッグ。

    0bc8a1c5.jpeg先週、「県民ショー」で紹介されてた、ざく切りキャベツと芥子風味のマヨネーズをあえて作ったコールスロー風のスプレッド。
    それをホットドッグロールにハムと一緒に挟んで作った、本物ホットドッグとは似て非なるモノ。
    アメリカがまだまだ遠い、その昔。
    彼の地にはホットドッグという食べ物があり、細長いロールブレッドに具を挟んだモノらしい。
    はやりの食べ物…、ということを聞いた久留米のパン屋さんが、実物知らずにイマジネーション働かせつつ出来たのがコレ。
    ホットなドッグ。
    熱い犬。
    パンからはみ出すハムのはじっこを犬の舌に見立てて作った…、という。
    おもしろい。

    おもしろい以上にボクは子供の頃に、まさにコレを食べて育った。
    松山で当時、一番お洒落なパン屋が「パンホール」。
    そこで売ってたホットドッグがたしかにこんなホットドッグだったよなぁ、…って懐かしくなり、それで作って食べてみた。

    シャキッとした刻みキャベツと、バターをタップリ含んで焼かれたロールが混じってトロトロ、口でなめらかになる、この食感はまさにあの頃。
    あそこで食べた、あの味だった。

    朝のお喉になつかしいコレ。

    a5fbfc1a.jpegグリコのピネス。
    スーパーで昨日みつけて「約30年ぶりに復活」っていうキャッチフレーズに思わず手に取る。
    30年前と言えばボクはまだまだ10代の頃。
    飲んだことがあるかなぁ…、って、不思議に思って買ってみた。

    グラスに注ぐとポカリスウェットみたいな薄い乳白色で、香りはちょっと甘酸っぱい。
    飲むとなるほど。
    とっても薄いコーラスみたいな味がする。
    カルピスに比べるとただでさえちょっと薄めでさっぱりしてるコーラスを、虫歯になっちゃ駄目だからって薄ぅく作って飲まされる。
    あの歯がゆさがよみがえる。

    なんだかたのしい、土曜日の朝。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    ラケル、オムレツ、オムライス HOME 中国料理に禁断の味
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]