忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 04
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    03 2017/04 05
    S M T W T F S
    1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    夜。
    空の様子がドロロンドロロンデロデロバー!な感じで、ちょっと遠くには出たくない。
    雨に降られて往生せぬよう、それで近所でご飯にしよう。

    南昌飯店にやってくる。

    5f412685.jpegうちの近所に気軽な中華料理屋が2軒あって、その一軒は厨房の中が元気で料理に勢いがあるお店。
    もう一軒は、中国系体当たりおばさんのサービスが情熱的なお店で、それがこのお店。
    今日は週末。
    陽気な気持ちになりたくて、それでココを選んできます。

    入り口のドアが開いた途端に、店長らしきここで一番情熱的なおばさんが奥からバアァンと飛んでくる。
    いらっしゃいネ。
    おひさしぶり…、っていいながら開いたテーブルの椅子を引きつつ手招きをする。
    ああ、これこれ!って思います。

    飲み物たのんで、まずは餃子。

    0ca9cbcb.jpeg薄皮のプルプルとした肉餃子。
    焦げたところはパリっとしてて、でも肉汁がジュワッと出てくる。
    日本の餃子を真似て一生懸命、中国の人が作った餃子…、って言う感じがしてボクは好き。

    ハフハフしながらかぶりつき、次は何をたのもうかなぁ…、とメニューをみながら注文をする。
    これ下さい…、とそういうと、さっきのおばさん「あれもおいしいからどうかしら?」という。
    いやいや、今日はそれはいいです、代わりにこれを…、ってそうたのんだら「こっちのもおいしいんだけど?」ってまた聞いてくる。
    おすすめ上手で情熱的で、それいりませんって言っても堪えず次の料理をまたすすめてくる。
    要らぬと断り続けてもめげることなく、ニッコリしながら注文をとる。
    自己主張しあうことこそコミュニケーション…、みたいな感じ。
    まるで香港や台北の日本人慣れしたレストランにやってきたみたいな感じが、かなり好き。

    セロリと揚げ豆腐の炒め物。

    0b372af8.jpegおいしい塩味の炒め物って、プロの仕業だなぁって思う。
    セロリ独特の青くて鮮やかな風味がまるで損なわれない。
    味噌や醤油で味ととのえるのは結構、楽で簡単で、でも塩とスープだけで味をピタっと決めるのってスゴいなぁ…、って。
    シャキシャキとした力強い歯ごたえそのまま残った状態。
    セロリもネギもピーマンも、不思議なことに生よりフレッシュに仕上げる火加減、調理加減もまたプロっぽい。
    揚げた豆腐のカシっとした表面と、中のフワッとなめらかなこと。

    それから唐揚げ。

    3cf0aed8.jpeg鶏の胸肉を一口大に切ってカラっと揚げたのに、酸っぱいタレをかけまわしたの。
    中国料理の鶏の唐揚げ。
    流儀は二つ。
    皮付き鶏をバリバリに水分飛ばして揚げるスタイルと、分厚く切った皮なし鶏をフックラやわらかに揚げるスタイル。
    ココのは後者でボク好み。
    なんでこんなにフックラ、シットリ、揚がるんだろう。
    そもそも中国の人たちは肉の繊維をボロボロにして、ふんわかやわらかにして食べるのが大好きで、好きこそモノの上手なり。
    そのために揉む。
    揉んで中に玉子の白身や酒やスープを肉の壊れた細胞の中に押し込んで、それから熱を加えてふんわり仕上げる。
    まるでひき肉にせずつくねを作った…、みたいな感じ。
    おもしろい。

    海鮮固焼きそばと銘打ってるけど、まるで長崎皿うどんのごときコレ。

    8ce3551a.jpeg野菜炒めの代わりにとった。
    もやし、キャベツ、空芯菜にキクラゲと、野菜タップリ。
    タコに小柱、エビ、ホタテ。
    海の幸もそれに負けずにタップリで、塩味スープであんかけになる。
    パリパリに揚がった極細玉子麺にそれがトロンとかけられて、最初はサクサク。
    他のありとあらゆる素材の食感抑えて、自己主張する。
    それが徐々に、スープを吸ってしんなりなって、それに変わって野菜のシャキシャキ、シャクシャクが奥歯、前歯を叩き始める。
    〆というより、炭水化物が混じった肴。
    炒め料理のたのしさ満載、お気に入り。

    本当の〆をチャーハンにしよか、それとも天津飯をたのんでみようか、と思いもしたけど、ちょっと気になることがあり、それで一旦、店を出る。
    また来てねぇ…、の情熱的な女将さんの声、ふりほどくようにズンズン歩いて、なか卯に来ます。

    親子丼。

    30a94025.jpegしばらく前に、友人が「親子丼はトロトロにして提供するように決められたから、玉子固めではお売りしかねる」って言われたんだよ…、って言っていた、果たして今でもそうなのか。
    たしかめたくて、それで来る。

    夜の時間は日本語たどたどしいスタッフばかりで運営してる。
    ホールに一人、厨房にも一人いる、どちらも多分、中国系。
    たのんでみます。
    玉子によく火を通してほしいんですけど。
    ちょっと困った顔をして、それでも「はいっ」とうなずいて、その注文を聞いたスタッフが調理する人に耳打ちをする。
    ボクの親子丼が出来上がるまで、彼はずっと鍋の前に貼り付いて、よし!このくらいと合図しながら出来上がる。

    ボクの思った加減より、まだまだちょっと半熟だけど、多分、これが精一杯。
    だから、ヨシといたしましょう。
    かつて好みのあの親子丼。
    今となっては禁断の味。
    雨に降られず無事に部屋までたどり着く。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    体当たり
    >中国系体当たりおばさん
    言い得て妙です。
    ボクはその勢いに押されがちなのですが、全く動じないサカキさんは流石です。
    そうそう、体当たりと言えば、新宿三丁目のお店もそうですね。でも決して嫌じゃない。
    日本人だとちょっと…って思ってしまうのはひいき目なんでしょうかね?
    まりおさん / 2009/07/25(Sat) /
    たしかに新宿三丁目でも
    > まりおさん
    新宿三丁目の中国料理店も同じように情熱的なおかあさんがステキですよね。
    こうしたお店に来ると、多分、帰国子女的回路が一気に発動するんだと思います。
    断るべきことは断る。
    それこそが相手に対する礼儀なんだ…、ってなぜだかそんな気持ちがふつふつとわいてくるのでありますね。
    自分でもそんな自分が頼もしかったりしたりします(笑)。
    サカキシンイチロウさん / 2009/07/25(Sat) /
    余計なこと
    >「あれもおいしいからどうかしら?」という。

    サカキさん、こういうこと言われるの、平気なんですね!?というか、嬉しいんですね。私は、正直ちょっと苦手ですね・・・。「私はコレが食べたいと言っているんだから!」と思っちゃいます。余計なことは言わなくてよろしい、と(笑)ひょっとして、関西人の性でしょうか!?
    りりこりあさん / 2009/07/25(Sat) / URL
    時と場合、そして人
    > りりこりあさん
    本当はボクも苦手です。
    おすすめ上手よりも聞き上手のお店の方が好きなのだけど、このお店みたいに無邪気に挨拶の代わりみたいサラっと言われるのは決して嫌いじゃないですね。
    たのんでもらわなきゃ困るんです…、みたいに言われると、何もたのまず帰っちゃったりすることもあるくらい。
    時と場合、シチュエーション次第ということになりますか。
    サカキシンイチロウさん / 2009/07/25(Sat) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    久留米式ホットドッグが呼んだ朝 HOME 試作・撮影・牛タンで昼
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]