忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    06 2017/07 08
    S M T W T F S
    1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    移動の途中でてっとりばやく昼。

    小諸そばに駆け込んだ。

    49ceab51.jpegカレーそばを食べてやろうと…。
    普通のかけそばにカレーをかけた、サラサラしてて程よい辛さのここのカレーそばなら今日の蒸し暑さを吹き飛ばしてしのぐのにピッタリだろう…、と。
    勇んで入って「カレーそば」って言ったらお店の人が言う。

    「すいません。夏はカレーはやってないんです!」

    オー、マイ、ガッ!であります、ガッカリ。
    頭の中にカレーそば以外のモノがインプットされていない状態で、さぁ、何を食べようと困惑す。
    夏に熱くて辛いモノって本当はおいしいんですけどネ…、って申し訳なさそうにお店の人が言う。
    そして一言。
    「今日のゴマだれそばはおいしいですよ!」

    救われた。
    今日のゴマだれそばも、明日のゴマだれそばも同じゴマだれそばなのだろうけど、確かに今日のこの瞬間に、そう勧めてもらったゴマだれそばはボクにとってのおゴチソウ。
    それいただきます。
    ついでにイカ天追加でお願い…、って言う。

    しばらく待ってやってきたのがコレ。

    7016f106.jpeg茹であげでツヤツヤとした冷たいせいろに冷たいゴマだれ。
    サイドにイカ天。
    このイカ天用に熱々の天つゆと大根おろしまでがつく。
    ゴマだれに風味をたしてくださいネ…、とすり胡麻が容器ごとついてくる大盤振る舞い。
    胡麻を麺の上にすりおろしてからタレにつけると、風味が一層増しますからね…、と耳打ちするよにお盆をボクに渡しながら、一言添える。

    なんてうれしい。
    教えてもらったとおりにすると確かに胡麻の風味もコクも一層増して、味わい華やか。
    ごちそうになる。
    イカの天ぷらは衣サクサク。
    ただ、そのサクサクにこだわったからかもしれません…、衣に使った重曹がちょっと苦みを発しているのがちと残念。
    でも、昼のおなかにはほどよい満足。
    食べてるうちに汗も引く。
    冷たいけれど、暑さに負けぬあったかさがあるよい昼、ひとつ、いただきました。

    打ち合わせまでの時間をスタバで。
    今年の夏のボクのスタバのお気に入り、「アイスパッションティーのアーモンドシロップフレーバー」を作ってもらう。

    094fecea.jpegショートサイズにシロップちょうどワンショット。
    それが一番、しっくりとくる組み合わせ。
    ハイビスカス独特の棘のあるような強い酸味が、アーモンドシロップと中和して不思議なことに「梅味」になるたのしい飲み物。
    ハーブティーのやさしい味と、シロップのほのかな甘みが夏の喉にはとてもやさしい。
    ありがたい。

    氷をカリカリ齧りつつ、一口、一口、ひとすすり。
    ゆっくり飲んで、体を冷ます。
    仕事の元気がわいてくる。


    ところで…。
    新橋の街角にて、へんてこりんなお店を発見。

    カフェトバコ。

    4fbca7c6.jpeg看板には「Coffee Tobacco」って書いてあって、その表示の通り「全席喫煙可能」が売り物のセルフのコーヒー専門店。
    スタバの真逆。
    完全禁煙のスタバに対して、ドトールコーヒーやタリーズは分煙システムをとってはいるけど、それでも喫煙席はどんどん少なくなる傾向にある。
    一方で、東京の街は街ぐるみで路上禁煙が当たり前になり始めていて、確かにこうしたお店に対するニーズはかなりあるんだろうなぁ。
    しかもここはクラシックなサラリーマンのメッカ、新橋。
    かなり、はやっているように見えもした。

    とはいえ、全席喫煙ってそれだけでボクはお店に入る勇気がふりしぼれない。
    自ら小さな市場をみつける。
    大きな市場のその他大勢になるのでなくて、小さな市場のオンリーワンになろうとするコト。
    決して悪くはないんじゃないか…、って思ったりする。
    おもしろい。

    さてさて仕事、打ち合わせ。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    全席喫煙
    ってありそうでなかなかないですよね。
    ニコチンのにおいが苦手な僕にはつらいですが愛煙家の方にはゆっくりたばこを楽しめる憩いの場なんでしょうね!
    来週からの新しいドリンクを試飲させてもらいました。
    すっきりしていて好みが分かれるかもしれませんが僕はすきです!
    あっくんさん / 2009/07/09(Thu) /
    ニッチ産業・・・ですね
    全面喫煙可。
    単価を上げられなければ短期勝負になっちゃいますかね?

    煙草をやめてみて二年。
    紙巻タバコのにおいはすっかりNGになってしまいました。

    スーツにまとわり付くニコチン臭が、安っぽくもあり 不潔にも感じるタバコ。

    新橋のお父さんたちも タバコをやめればお小遣いが増えます。
    奥さんも子供だって喜ぶし、なにより 火の事故のリスクは格段に低くなる。

    現代社会、強制力は無いけれど、「もうやめてもイイ頃」なのかも知れません。

    さあ「全面喫煙」。維持するだけの集客は・・・?
    吉田@仙台さん / 2009/07/09(Thu) /
    憩いの場
    > あっくんさん
    昔は葉巻が吸えるというので話題のお店があったりしました。
    今のタバコは葉巻並みの嫌われよう…、なのかもしれません。
    スタバの夏の飲み物。
    興味津々。
    たのしみにしております。
    サカキシンイチロウさん / 2009/07/09(Thu) /
    間もなく禁煙歴20年
    > 吉田@仙台さん
    吸っているときは気にならないタバコの匂い。
    やめるとてきめんに敏感になりますね。
    このお店の外でファブリーズをふりかけて洋服の匂いをとってあげます…、ってサービスをしたらかなり評判をとるような気がします。
    ニッチ市場も、伸びるニッチと縮まるニッチの両方があって、多分これは縮むニッチなんだろうなぁ…、って思ったりもいたします。
    サカキシンイチロウさん / 2009/07/09(Thu) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    オランダな夜 HOME ジョナサン・タンサン・ボク、オッサン
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]