忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2017/11 12
    S M T W T F S
    1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    昼、会社の近所の「大沢食堂」。

    osy.jpg今日は本当に風がきつい。
    しかも冷たくまるで刺すよう。
    日差しは強くて、いつもみているこの建物も影のコントラストが強いこと。
    まるでキリコの絵をみるよう。

    辛くて熱々のモノでお腹をあっためようと、ココを選んだ。
    おんなじ考えの人が沢山いたのでありましょう。
    ランチ時がほぼ終わった1時ちょっと過ぎという時間にして、まだ満席。
    しかも次々、お客様がやってきては行列作る。
    繁盛店。
    地下鉄千石駅の近くの小さなお店。
    食堂とはいえ、メインの料理はカレー、カレーラーメン、カレー炒飯という変わり種。
    レバニラだとか普通の炒飯、あるいはタンメンなんて料理もありはするけど、流石に今日はほとんどの人がカレーモノをたのんでハフハフ、汗をかく。

    ここ一番の名物、それが、このカレーラーメン。

    a4603d4f.jpeg並辛、中辛、大辛、極辛と4段階の辛さがあって、それの中辛。
    今日、はじめてきました…、って人が中辛たのんで「うちの中辛は辛いですけどいいですか?」って念押されてた。
    たしかに辛い。
    けれどその辛さより「辛そうな香り」の方が気になり、そしてクセになる。
    龍角散っぽさとでもいいますか。
    体にききそうな漢方薬系のスパイス臭がかなり強くて、なのにどんどん食べてるうちに匂いがまるで気にならなくなる。
    トロンとトロミが結構強いモッサリとしたカレーがタップリ。
    固めに茹でた縮れ麺の上。
    その麺が浸かるかどうかという少なめの分量の醤油スープにのっかるようにかかってる。
    丼の中をグルンと上から下にひっくり返すようにして、全部をまぜてズルズルすする。
    一口目はそれほど辛いと思わない。
    むしろスープの旨味が口を満たして旨い…、って思うのだけど、あとからあとからどんどん辛味が増してくる。
    血液中にカレーの辛味が滲み出し、脳まで至って陶酔状態を作ってく。
    そんな感じのちょっと危うくクセになる、不思議なラーメン。

    24ba26f5.jpegそれと一緒にカレー炒飯。
    ネギと刻んだチャーシューと玉子で仕上げた、具材はほんとに普通の炒飯。
    カレーペーストで仕上げたのでしょう。
    シットリしててツヤツヤで、けれどご飯の粒がひとつひとつ、口に入れるとパラっとほぐれる。
    散らかる感じじゃないけれど、舌の上で踊るようでとてもにぎやか。
    スープと一緒に口に入ってくるラーメンと違って、カレーフレーバーがそのまま直接舌にのっかる。
    だから辛さが直接的に伝わってくる。
    ヒーハーしながら口に含んで、カレーラーメンのスープをすすると不思議なほどにカレースープが甘く感じる。
    ホッとする。
    辛いモノの口直しには、それよりちょっと辛さがやさしくおとなしい、別の辛いモノを食べればいい?
    まるで「向かい酒」みたいなカレースープの使い方。
    ご飯を炒めたラードがピトっと顎に貼り付く。
    濃厚な香りと甘味がジワっと広がり、汗がダクダク、頭の先から流れ出る。

    おゴチソウサマって表にでると風がビューっ。
    カレーの汗が一挙に凍える。
    湯冷めならぬ、カレー冷めを起こしそうな昼、さて、仕事。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    シシリア経由でウェストの夜 HOME ホリデー前のベルクの朝
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]