忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    ひさしぶりに神田の街を歩くことがあり、そこで寄り道。
    駅の西口。
    エースという喫茶店。

    7cf0d273.jpeg昭和の街角には日本全国、必ずこうしたお店があった。
    特に神田という街にはドッサリ。
    早起きサラリーマンがモーニングをとり、会社の時間がはじまると近所の商店の旦那衆がやってくる。
    昼は再び近所の会社のランチでにぎわい、それが終わると夕方までは打ち合わせにかこつけて休憩にくるサラリーマンがタバコにコーヒー。
    そんな場所。

    今ではそんなお店も減った。
    旦那さんと呼ばれる人が街から消えて、サラリーマンの小遣いだって減ってきて…。
    代わりにファストフードのお店が増える。
    いやいや、なんとも、なやましい。

    ここの名物。
    10数種類のストレートコーヒーと、海苔トースト。

    2b29960d.jpegコーヒーを落とすネルの袋をかぶったポットがズラッと並んだカウンター。
    真っ赤なスツール。
    天井からはひときわ目立つ看板、ブランとぶら下がり、そこには「元祖海苔トースト」とかかれてる。
    元祖のこの店以外に売ってるところがあるか?というとそんなコトもなく、とはいえ元祖は元祖であります。
    ときたま食べにきたくなる。

    120円。
    普通のトーストが170円。
    名物料理がここで一番安い料理、というのがこれまたなんだか正直。
    うれしい限り。

    さてその海苔トースト、120円。

    9cb3c13d.jpeg薄切りのパン。
    多分、サンドイッチ用の普通の食パンを二枚に切って開いたのでしょう。
    極薄のパンをトーストをして、みたらし団子のタレのような、ちょっと甘めの醤油を塗る。
    そこに焼き海苔。
    しっかとはさんでパンの表面、片方だけにバターを塗ってできあがり。
    とても簡単にできてそうに思えるけれど、結構、細やか。
    手がかかってる。

    このサンドイッチ。
    醤油とバターのうまみと風味がおいしくさせる。
    けれどバターを海苔をはさむ内側に、バターを塗ると海苔が余分な脂をすってヘニャヘニャになる。
    だからバターを表に塗る…、という創意。
    といって表の両面に塗ってしまうと、食べるときにペトペトしちゃって食べづらい。
    それで片側。
    それで十分…、という入念がとってもステキ。
    ボクは好き。

    スッキリとした今日のブレンド。

    41e42e4f.jpegコクが強くて、酸味がスキッと後味軽い典型的なる喫茶店的ホットコーヒーと、この海苔サンドがピッタリとくる。

    それにしてもこの海苔サンド。
    自分で作ってみようと思って、何度かチャレンジしてみたのだけど、この通りには絶対ならない。
    パンによく火を通さなくっちゃならないけれど、しっとり感をなくさぬようにしなきゃいけない。
    普通の醤油じゃパンが湿っておいしくならない。
    モッチリとしたまるで磯部焼きみたいな食感は、ここにこないとたのしめないのが、やっぱり元祖。
    塩の入ったガラスの容器の中に煎ったコーヒー豆が入っているのがなんだか昭和。
    堪能す。


    ところで、掃除機みたいな装置を背負って、ビルの壁に吸い付きながら昇ってく、へんてこりんなお兄さん。
    両手にはめた板状のモノ。
    板の中の空気をホースで吸い込んで真空状にすることで、ペタンと壁に貼り付くことができるようにした。
    空気を逆流させればプシュンと板が反発。
    その繰り返しで、垂直移動を可能にする…、っていう「大々的な夏休みの工作課題」みたいな発明。



    他愛もなくて面白い。
    こうした無邪気な発明が、将来、世界を変える大発明になるかもしれない…、ってそう思ったらかなり痛快。
    本人のひょうひょうとした自然体と、それを見守る人たちの狂騒にも似た熱狂のコントラストがまたたのし。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    蕎麦に蕎麦 HOME KFCにスープな朝
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]