忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 04
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    03 2017/04 05
    S M T W T F S
    1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    近所の蕎麦屋。

    daikokuya.jpg大黒屋…、普通の街場の蕎麦屋さん。

    その昔、うちの会社がとても小さく、まだスタッフが4人くらいしかいない頃。
    昼休みの留守番をする人なんて当然、いない。
    しかもコンビニエンスストアなんて便利なモノもこの世にはなく、だからほとんど出前に昼をたよってた。
    そのときからここのお店には世話になってて、でもそのときは絶対、蕎麦を食べなかった。
    のびているから。
    ただのびてるのなら我慢もできるけど、せいろやざるをたのむと自分の重さで麺の水分を押し出すように乾いていって、食べるときにはまるで団子のようになっちゃっていた。
    なんて蕎麦を出す店なんだ…、ってほとんど丼。
    あるいは目玉焼きだとか、野菜炒めにご飯をつけた「勝手定食」みたいなモノをずっと食べてた、…自己防衛。

    ところがその後、徐々に会社が大きくなってそれで昼を外に食べにでられるように、めでたくなった。
    それでお店で初めて出来立てのざるを食べて、ビックリしました。
    みずみずしくてなめらかで、しかもハリのある出来立てそばのおいしさに開眼をする。
    同時に今までそば屋の癖してそばがまずいなんて文句を言ってた自分を恥じ入った。
    その店の、最適な状態を知らずに評価を下すことを決してしてはいけないなぁ…、って身近なところで勉強をした思い出の店。

    いつもの定番で昼にする。

    35c59c92.jpegせいろと天丼がひとつの器に仲良く詰まった、ランチのセット。
    今日の蕎麦もゆで立ての蕎麦。
    角っと角張り、麺の一本一本が唇をなで口に入ってやってくるのがわかるような存在感。
    関東の店の割にはツユも甘めの仕上がり。
    西で育った舌にはうれしい。

    サクっと揚がった天ぷらを、とっぷりと甘いタレに浸したエビのてんぷら。
    これも初めて食べたときには、なんてもったいないことするんだろう…、って。
    不思議に思った。
    けれど今では天丼といえばこの江戸風がうまいと感じる。
    甘辛くって、コッテリとしたタレをタップリ吸い込んだ衣を味わう料理が天丼。

    ボクにとって、大人になること。
    それはイコール、味覚の幅が広がって、おいしく感じるモノの種類が増えてゆくコトだった。
    なんだかちょっと、幸せなコト。
    おなかを程良く、いっぱいにする。

    そして夜に弁天庵。

    an.jpg今日は夕方、力仕事で忙しく気づけばもう夜。
    急いで四谷三丁目まで電車で帰り、弁天庵に滑り込む。

    営業時間を延長して深夜営業を始めたこともあるのでしょう。
    9時半ちかくという時間にして、まだ厨房の中はにぎやかで、お客様も結構たくさん入ってる。
    ボクが入った時間でちょうど8割方のテーブルがギッシリ埋まっていたのに、ちょっとビックリ。
    中にはお酒を飲む人もいて、東京という街や夜型の街…、ってそんなことを再認識。

    カレー南蛮に卵焼き、それにご飯をつけてもらって夜の定食。

    715c14ac.jpeg先日の朝、食べ損なった卵焼きを食べたくってしょうがなかった。
    それでまず真っ先に、ネギをタップリ入れた卵焼きを作ってもらう。
    ちょっと甘めで、ネギの風味と砂糖甘さがちょっと中華料理っぽい風味を発する、朝にはたのめぬご馳走料理。
    中はシットリ。
    ふわんかしてて、けれどネギがシャキシャキシャクっとたのしい食感。
    ご飯のおかずにピッタリの味。

    トロンととろみのにぎやかな、まったりとしたここのカレ南。
    辛味よりも旨味が強くて、カレースープのようにゴクゴク飲める。
    蕎麦がユッタリ、熱々カレーの中を泳いでやわらかくなる。
    疲れた日。
    しかも暑くて汗をタップリかいた日に、こうした熱々、コックリとしたカレースープはとてもおいしい。
    体の中にじんわりしみ込む、夏の大人のエネルギー。
    元気が出ます、ありがたい。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    引っ越し前の腹ごしらえ HOME 神田のエース・海苔トースト
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]