忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    四谷三丁目駅近く。
    表通りからちょっと下がった裏通り。
    カレー屋さんができたといいます。

    「island style KONA 57 CURRY(アイランドスタイル コナカレー) 四谷倶楽部」…、ってちょっとややこしい名前のお店。

    konac_RGB.jpg先月末にできたばっかり。

    代官山でもう15年も続いている、「CAFE 58(カフェゴッパ)」ってカフェレストランの、名物料理の一つでもあるカレーをそのまま受け継いで、オープンさせた、というのであります。
    代官山という場所と、四谷三丁目というこの場所にまるで類似点がないのがちょっと心配で。
    果たして本当に大丈夫?って、そう思いながらやってきたのでありました。

    メニューはカレーただひとつ。

    ご飯を白米か、玄米ご飯からまずは選んで、いくつかあるトッピングを自由に組み合わせつつ自分ならではに仕上げてく。
    このスタイルはちょっとたのしい。
    玄米ご飯に、フライドオニオン、エスニック風のそぼろをのっけて、マッシュポテトをつけてみる。

    40ece9ea.jpegフランス風じゃない。
    日本のご家庭風でもなくて、洋食的でもまるでない。
    ココナツミルクの甘みと風味がかなり強くて、スキッと酸味が最後に残る。
    インドっぽさより、タイとかベトナム風にちょっと近いかもしれないけれど、でもどこにもないオリジナル。
    カレーそのものの味でご飯をおなかに詰め込む…、ってつまりカレースタンド的カレーではない。
    トッピングしたフライドオニオンの甘みをたのしむ。
    ベトナム風のそぼろとご飯を、カレーでつないで食べやすくする。
    マッシュポテトにカレーをかけて、よりクリーミーをたのしんだりする。
    つまり、「カレーはソース」と割り切って、ノリよくいろんな食べ方をためしてほしい。
    と、それがこの商品のメッセージなのかもしれないですね。
    おもしろい。

    BGMはハワイアン。
    「KONAカレー」ってネーミングから多分、ハワイのカレーってことなんでしょう。
    本当のハワイのカレーは、ハウスバーモントカレーにチリビーンズを混ぜたみたいな甘くてトロンとしたものなんだけど、それじゃぁ、南国風じゃないものネ。
    あくまでイメージ。
    それもよし。

    一日分を仕込んでそれが売り切れたらば店じまい。
    まるで小さなラーメン屋さんみたいで、いい感じ。

    食後を近所の「フルーツパーラーふくなが」で。

    b1346e3b.jpegそろそろ季節のパフェが夏のパフェに変わったかなぁ…、と思ってくる。
    と…。
    お店の人がうれしいそうに、にこやかに。
    チェリーのパフェになりましたよ…、って。
    初めて食べるここの、さくらんぼうのパフェ。
    ああ、なんとうつくしい。
    粒のそろったダークチェリーが、真っ白なシャンテリークリームの上にびっしり、5粒。
    濃い紅のさくらんぼうから、元気でしゃんとした緑の芯がツンと立ってて、「新鮮です!」って声上げている。
    一個、丸ごと、口に運んで食べきれる、ほどよき大きさという点で、さくらんぼうほど見事な果物は他になかなかみつからない。
    そっと持ち上げ、口に運ぶとツルンと唇、やさしく撫でる。
    噛みしめる。
    クチャッと潰れて、甘い香りとほのかな渋みを帯びたジュースがジュワッと口に広がってくる。
    ああ、チェリー。
    グラスの中にはバニラアイスクリームとチェリーのソルベ。
    ソルベの中にも種を抜き、半割りにしたダークチェリーがビッシリ入って、どこを食べてもチェリーな味がするのがステキ。

    パフェ用のお通いカードのチェリーの欄に、判子を押してもらいます。

    一緒にサンドイッチにまで手を出した。

    405ef673.jpegフルーツサンド。
    生クリームでいろんな果物を和えてそれを、食パンでフワッとはさむ。
    ジューシー。
    香りも食感も当然のごとフルーティーにて、パンの塩味が果物の甘みを引き立てる役割も果たしてくれる。
    で、ここはお願いするとフルーツサンド半分と、ハムやツナなどの普通のサンドイッチをを半分セットにしてくれる。
    玉子を選ぶ。
    不思議なほどに、玉子サンドは自分でつくるよりお店で作ってもらった方がおいしく感じる。
    容赦なくゆで卵をつぶしてタップリ、塩とマヨネーズを合わせなくっちゃいけなくて、その思い切りがなかなかでない…、のかもしれないですな。
    どうなんだろう。

    街はお祭り。
    ナツマツリ。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    みんなでたのし、家飲みご飯 HOME ヨツサンの夜
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]