忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2017/11 12
    S M T W T F S
    1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    家飲みの夜。
    仲間で集まり、DVDで見逃した映画を見ながら、料理を作る。
    いくつか作ってはそれを食べ、お酒を飲んでおしゃべりをして、お皿が空っぽになりはじめたら、次の料理をまた作り…、と。
    ユックリ、ゆったり。
    週末ペースでご飯を食べる。

    鶏の手羽先。

    545d324f.jpegカリッと揚げてタレとゴマをタップリほどこし食べる…、というのが一般的で、でも今日、百貨店の地下でみつけたこれは塩味。
    しかも海苔がタップリふられてて、一口いかが?…、って言われてその場でためしてみたら、これがなんともおいしかった。
    それでオープニング用にまとめてかった。
    お皿にズラッと並べて横に、焼酎、氷に水、グラス。

    もともと鶏の皮は苦手だったのに、カリッと揚がってサクサクとしたのは食べられるように、最近、なった。
    手羽先の表面の皮とまずはズルンと前歯で剥がしたのしみながら、羽を支えて平行に並んだ骨を、バキッと手折ってバラバラにして、中に詰まった肉をむしゃぶる。
    みるみるうちにお皿の上に無数の骨が山、作る。

    レタスを一個。

    aa0571c4.jpeg芯を抜き、そこに氷を放り込み、しばらく冷やして全体が、パリパリッとなったところを両手でガサッと引きちぎる。
    ざくざく、大き目の一口大にちぎってお皿に盛って、ドレッシングをタップリかける。
    ビッグシェフのドレッシング。
    買出しをしたお店でたまたまみつけて、こりゃなつかしい…、と思わず買ってそれをドバドバ。
    ドレッシングを味わうために、レタスを食べる。
    料理というには簡単すぎる。
    でも単純で、次の料理が出来上がるまでのほどよき一品。

    豆腐も一緒にそこに並べる。

    60ba781d.jpegざる豆腐。
    カチッと硬くて、ドッシリ重く、つまり豆の旨みが流れ出すことなくすべて凝縮された…、そんな豆腐。
    ざるからお皿にポテンと移して、そこに「だし」。
    きゅうりに茄子。
    みょうがにシソと、夏の野菜を細かく刻んでみじん切りにし、醤油をかけて少し時間をおいたらできあがり…、という山形の郷土料理なのでありますけれど、それをタップリ。
    一緒に揚げ玉もあわせてのっけて、スプーンですくって一緒に食べる。

    豆の風味。
    夏の野菜のさわやかな味。
    てんぷら油がサクサク、コクと食感くれる簡単なれどたのしいレシピ。
    ご飯にそのままかけてもおいしい。
    ソーメンやそば。
    冷たい麺にかけてもおいしい「だし」ってなんて便利なんだろう…、って、今年はちょっとはまってみよ。

    豚キムチ。

    c0eb4ecb.jpeg豚の細切れ肉と、近所で買ったキムチを使って。
    肉をお酒と塩と砂糖でグイグイ揉む。
    味を中にいれながらほぐすようにして準備して、油をしいたフライパンを熱くしてジックリと焼く。
    そこにキムチ。
    オイスターソースで甘みとコクを足してやり、ゴマを散らして出来上がり。
    具材でもあり、調味料でもあるキムチ。
    今日のは酸味がおだやかで、焼くと甘みが力強くなる。
    味、ととのえるのも簡単で、コツはキムチから出てくる水分をしっかり飛ばしてしまうまで、火を通すだけ。
    楽をさせていただきました。

    それからゴーヤ。

    ec411a0a.jpeg沖縄直送という、これからますますおいしくなってゆく季節のゴーヤ。
    いつも以上に緑が深くて、実もガッシリ、手にズッシリ。
    綿をとり、ざっくり、厚めに切ってやり熱湯の中でちょっとだけ煮る。
    ざるにとり、しばらく休ませ、別のフライパンでランチョンミートをこんがりと焼く。
    タップリ目の植物油。
    それで半分、揚げるように火を通し油にランチョンミートの香りと塩味を移しておいて、そこにゴーヤを放り込む。
    グルグルッとかき混ぜて、醤油と塩で味をつけ鰹節をパラパラふりかけゴーヤ炒めのできあがり。

    シャキシャキカツカツ。
    歯ごたえ充実。
    噛むとジュワッと驚くほどの青くてほろ苦いジュースがタップリ、ほとばしりでる。
    体潤う。
    元気がにじむ。

    〆パスタ。

    f391d441.jpegゴーヤ炒めに使って残ったランチョンミート。
    それにツナ缶。
    具はそれだけで、ジェノベゼソースで味、ととのえた。
    太目のパスタ。
    茹で汁をパシャパシャ、パスタに足して鍋をふりふり、タプンタプンととろみをつけて、ズルズルモグモグ。
    おなかができる。

    パスタは自宅で作って食べると驚くほどに安くておいしく、経済的。
    そう思う人が最近、ずんずん増えてるようで、だから家庭用のパスタの売り上げは増える一方。
    イタリア料理系のレストランは、かなり苦戦を強いられている…、とそうもいう。
    たしかにみんなで作ってみんなで食べるパスタは旨い。
    パスタに限らず、なんでもみんなとたのしく食べるとおいしく感じる。
    ご飯ってそんな性格のモノ。
    再確認をいたします。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    野菜のスープ HOME コナカレーのち、唇からチェリー
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]