忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    05 2017/06 07
    S M T W T F S
    1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    仙台の牛タン専門店の「たん屋利久」。
    初の東京進出を先日果たした。
    池袋店。
    場所は東京メトロが先日、池袋東武百貨店前にオープンさせたばかりの初の地上型商業施設「esola」の中。

    esola.jpgエチカの次のエソラっていう、まるで親父ギャグのようなネーミング。
    なんど聞いても「絵空事」って言葉を思って、地に足つかぬ感がヒシヒシとする。
    ホームページを開いても、恋がどうこうって訳の分かんないFlash画像がズッと続いてなかなか先に進んでいかない、ちょっと苦手なウェブデザイン。
    コンセプト先走り型のへんてこりんな施設だなぁ…、って思っていたけど、なんとなんと。
    お知り合いがお店を出してる。
    ビックリしました。
    やってくる。
    ビルの7階。
    池袋の駅前とはいえ、いささか路地裏感が漂う場所でしかも路面にあまり告知をしてもらってない。
    にもかかわらず、かなりの繁盛…、ほほぉ!と感心。

    タン焼き定食1.5人前をたのんでみます。

    f431d196.jpegさすがに分厚い。
    焼肉レストランのタン塩とはまるで別物の仙台流儀のタン焼きの、中でもここの厚さはワンランク上。
    香りがまずはおごちそう。
    炭で焼けたタンパク質の甘い匂いと、脂に混じってこびりつく煙の香りが鼻をくすぐる。
    噛むとサックリ、見事に歯切れる。
    驚くほどの量の肉汁が、途端にジュワッとほとばしり出ます。
    おびただしいほどの旨味の詰まった肉汁に、舌が一瞬驚いて冷静にその美味しさを味わいたいと、それで麦飯。
    パッサリとした素朴を口に放り込み、一緒にモグモグ。
    炭の香りやタンの歯ごたえ、肉のうまさを口の中で反芻しながらユッタリ味わう。
    タン焼きには麦飯っていう、この組み合わせに感謝する。
    それにしてもタンの食感。
    ザクっと歯切れる潔さがある。
    にもかかわらず、噛めば噛むほどネッチリとした粘り気のある食感がきて、なかなか口からなくなってかない。
    「いわゆる肉」とは違った頑丈。
    ウットリします、見事です。

    09854690.jpeg一緒にスープ。
    牛のテールをジックリ煮込んで、澄んだスープに仕立てたモノ。
    滋味ってこういう味をいうのでしょうな。
    スッキリお腹に流れ込んでくる。
    舌の上にスベスベとしたコラーゲン分を残しつつ、ササっと無くなる潔さ。
    なのに旨味はズッと口に残ったまんま。
    ご飯と一緒に飲み込めば、麦飯の粒がツルツルしてくる。
    ああ、こんな風にボクの体もツルツル、スベスベしてくるのかなぁ…、ってそんなコトを思ったりする。
    ウットリとなる。
    体も潤うたのしいご馳走、オキニイリ。

    それにしてもこのエソラなるビル。
    雑然としていてよくも悪くも池袋的。
    東京の中で一番アジア指数が強い混沌とした街を空に積み上げたような、まるで台北の商業ビル…、みたいな感じがおもしろかったりいたします。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    そぁ
    空はsoraでsolaじゃない、日本人英語へのオマージュ?SPILIT vs SPIRIT、違いますね!利休、ご一緒しましたね、一度だけですが、あの時の仙台は結構僕には強烈な体験でした。独自であることの良さをアミノ、お茶の3社とも保持していました、日帰りながら充実して鮮明です。台湾と池袋、今では台湾、すっかり港区化してます、高雄は特に洗練されましたよ。
    ジッサさん / 2009/12/01(Tue) /
    なるほど台湾
    > ジッサさん
    確かにとても強烈な仙台の旅でしたね。
    今、はっきりと思い出しました。
    それにしても台湾。
    なるほどなるほど、池袋的と思い込んでいるのはボクの昔のイメージだ、ということなのですね。
    あぁ、アップデートしにいきたい。
    サカキシンイチロウさん / 2009/12/01(Tue) /
    ええ空
    「Esola」のWebサイト、苦手です…映像もですが、毎日出てくる俳句のセンスがかつての「サラダ記念日」的。店舗にはまったく関係ないのですけれど。
    カネコさん / 2009/12/01(Tue) / URL
    ほんとうに
    > カネコさん
    たしかにかなり恥ずかしいですよね。
    おじさんたちが一生懸命、女性に受けようと思って繰り出すフェミニン趣味が、痛い感じ。
    誰の罪という訳ではないのでしょうけど、ミスマッチではありますね。
    サカキシンイチロウさん / 2009/12/01(Tue) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    脇屋、一笑美、赤坂の夜 HOME バーキンのちバセット
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]