忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    07 2017/08 09
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    赤坂の「脇屋一笑美茶樓」に来ます。

    wakiya.jpg中国料理のグランメゾン。
    高級店というにはあまりに勿体ない、とても親密でけれど背筋が伸びるステキな空気感に包まれた、だから「グランメゾン」と呼びたいお店。
    赤坂のメインストリートから程よき距離感を保った静かなロケーション。
    もともと料亭だった一軒家を上手に使ったしつらえ。
    黒子に徹した、けれど確実で的確な見事なサービス。
    当然、料理もすばらしく大切なお客様を中国料理でおもてなしするのにこれほどふさわしい場所はなかなか他に見つからぬステキなお店。
    オーナーシェフの脇屋さんとは、個人的なおつきあいをかなり長くしていただいていた。
    一緒に料理イベントなんかをよくやっていたりもしたことがあり、そんな関係でちょっとお願いゴトがある。
    しかも長らくご無沙汰でもあり、それで久々、やってくる。

    丸い穴の開いた板にズラっと並んだ杯大のお皿の中に、盛られた季節の前菜さまざま。
    湯葉の巻いたのやら、香菜のピュレを豆腐と一緒に固めたものやら、どれも味わい鮮烈で、お腹がどんどんすいてくる。

    それに続いて魚が二尾。

    fba95800.jpegひとつは太ってまるまるとして、それに寄り添うようにスリムな魚一匹。
    どちらもシシャモ。
    同じようにコンガリ焼いた天然モノを食べ比べていただきましょう…、って趣向のたのしい料理。
    確かにメスとオスでは同じ生き物とは思えぬ程の姿違い。

    メスはフックラ、大きい方。
    お腹の中に玉子をタップリ抱いていて、それがプチプチ、口の中で細かくはぜる。
    味はスッキリ薄味で、それに引き換え歯触り、歯ごたえなどの食感にぎやか。
    たのしい味わい。
    小さいオスは一転ガッシリ。
    筋肉質な身質で噛むと、ジュワッと旨味が滲み出す。
    しんみり旨い。
    噛めば噛むほどミッチリとした旨味が口に広がる。
    味わい深い。

    dda61552.jpeg旬の野菜のエビ芋を、同じエビ芋のピュレと蟹の旨味のソースで食べる一品、間にはさんで、それでスープ。
    仏跳スープって呼ばれてる中国料理の究極スープ。
    壺の中に鶏や干したアワビに金華ハム。
    味のでやすい素材を入れて、蒸し器で蒸して仕上げるスープでしかも基本はそのスープだけを味わう贅沢。
    具は椎茸。
    それに豆腐というシンプルで、どちらもスープをタップリ含んで椎茸なのにまるでアワビ。
    豆腐がまるでスープの塊みたいに感じる。
    ハムから滲んだ香ばしさ。
    アワビの旨味に鶏が引き出す奥行きが、口に広がる。
    上等なのに力強いふくよかな味にウットリします。

    そしてメイン。

    26f4d3da.jpeg脇屋と言えばフカヒレであります。
    しかも姿煮。
    一本一本、太さの揃った見事なヒレ。
    何度も何度も煮こぼし、汚れをとってやわらかにしたその贅沢をオイスターソースでドッシリ煮込む。
    唇にはりつくゼラチン。
    ポッテリと舌にからまるソースのなめらか。
    ツルツル、スルンと歯をなでまわすヒレの繊維のしなやかなこと。
    目眩をさそう、見事なメイン。
    炒めたもやしがスープをまとって奥歯のご馳走。
    髭をキレイに取り去って、太さと長さを揃えたものをシャキッと炒めたそのみずみずしさがヒレのプルンを引き立てる。
    大切に、ちょっとづつ…、と思いながら食べすすめるも箸がとまらず気づけばお皿はキャラメル色のポッテリとした煮込みスープだけになっちゃう。
    おなごりおしや!

    2de5d477.jpegそのスープ。
    そこにご飯を入れて食べます。
    それもワシワシ、徹底的に混ぜ合わせお皿の底をご飯粒で掃除するよな渾然一体。
    それをスプーンですくいあげてたべるという、お行儀悪い食べ方で、かたくな系の高級レストランではお願いしても断られちゃう。
    けれどフカヒレ煮込みのたのしみのほぼ70%はご飯と一緒に食べる食べ方。
    …、とボクは勝手に信じてて、その食べ方をお願いせずとも、お店の人がすすめてくれるこのありがたさ。
    土鍋で焚いた、ホツっと堅い炊き加減。
    それがスープをからめとり、口にするんとやってくる。
    スベスベ。
    ホツホツ。
    ご飯粒のひとつひとつが舌の上でパラパラほどけて、スルスル踊る。
    フカヒレと一緒に食べるのとはまるで違ったスープの風味。
    コッテリとした食感に、なめらかさ。
    おもしろいなぁ…、と思いつつそれでもスプーンが止まらぬシアワセ。

    cab7414a.jpeg〆に麺。
    四川風の担々麺を小さなお椀でズルっとやります。
    ナッツや胡麻をほとんど使わぬ、スッキリとしたスルスルスープ。
    鮮烈な唐辛子の辛味と旨味。
    山椒のビリっと痺れる風味が極細麺と一緒に体になだれ込んでくる。
    口が痺れる。
    舌、踊る。
    お腹がポワンとあったかになり、食べるそばからお腹がもう一度空いてくるよな、そんな爽やか。
    四川風の鍋を食べた後の仕上げの麺のよう。
    杏仁豆腐のデザートもらい、お腹の上に蓋をする。

    不景気で高級な店はみんな苦労をしてるというのに、この店ほどよく混んでいる。
    すばらしいコト。
    ごちそうさまです、またいつか。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    フカヒレvsご飯
    確かに最強の組み合わせの一つですね。
    そうそう、一笑美のフカヒレの姿煮、ちょうど先週TVで出てましたよ。
    坦々麺、最近クリーミィ胡麻系に嵌まってたんですが、That's四川!な感じのこういうの見るとそれはそれで食欲そそられますねw
    まりおさん / 2009/12/01(Tue) /
    人気者
    > まりおさん
    今日も脇屋さんのお顔を拝見しての第一声が、最近、テレビでよくお目にかかってたんで久しぶりって感じがしませんね…、って一言でした。
    人気者ですものね。
    フカヒレもおいしかったですが、今日一番のご馳走は担々麺でした。
    サカキシンイチロウさん / 2009/12/01(Tue) /
    美味い
    さすが脇屋の料理
    美味しソー食べたいです
    久しく顔を拝見していません
    料理を見るとさすが脇屋さん
    何もかもが元気になり笑える
    ときがきとにい来ましょう
    ぶー110さん / 2009/12/02(Wed) /
    お元気そうでしたよ。
    > ぶー110さん
    脇屋さん。
    相変わらず笑顔がセクシーでお元気そうでした。
    ちょっと太られたかな?
    おいしい料理は心穏やかでないと心からたのしめるものじゃないんだなぁとも思います。
    ぜひ、ほがらかな気持ちになったらご一緒しましょう。
    サカキシンイチロウさん / 2009/12/02(Wed) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    師走雑感 HOME 青いお空とエソラと利久
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]