忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 04
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    03 2017/04 05
    S M T W T F S
    1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    昼、銀座でご飯。
    日本料理の三亀にする。

    sk.jpg夜は季節の素材をとても素直にたのしめる、ご馳走ふるまう割烹料理屋。
    初年度版のミシュランで星をとってしまってしばらく大忙しだったのだけど、それももう落ち着いたよう。
    ミシュラン星とりレストランの中でも希有な気取らぬサービス、雰囲気がとってもステキ。
    特にテーブル席は厨房の作業の気配がじんわり伝わってくる、程よい大きさ。
    贅沢すぎず、ただただおいしい料理に集中できる空間。
    気持ちよい。
    本当はそっとしておいてあげたいくらいに素朴で普通に上等な店、オキニイリ。

    昼は魚がメインの定食を売る。
    季節の魚の刺身と、煮物か焼き物。
    野菜の煮付けが用意され、二つ選んで組み合わせるか3つ全部欲張るかって仕組みのランチ。
    刺身と魚を選びます。

    ce76bae3.jpeg刺身はカンパチ。
    キラキラしてます。
    脂がのってて、でものりすぎてない「ギラギラ」じゃなくきれいに「キラキラ」。
    身はゴリっと逞しく、噛むと旨味がシットリしてる。
    今日の魚は鰈の煮たの。
    分厚い切り身。
    しっかり煮られて中までキッチリ味が入っているのにそれでも、身が崩れない。
    それほど元気で健康的な鰈だったんでしょう。
    身離れもよく、食べるとシットリ、ほろりと消える。
    ミッチリお腹に蓄えた玉子のこれまた立派なコトに惚れ惚れします。
    魚の真子。
    そのほとんどはホロホロ、魚卵一粒一粒が口の中で転がるような仕上がりになる。
    ところが鰈。
    あるいは太刀魚。
    それらの真子はシットリしてて、食べると粘り気を感じさえする濃厚さ。
    今日のこれも味わい濃厚…、ご馳走です。

    食後の果物。

    5d306fc6.jpeg今の季節はみかんが一個。
    何度食べても、同じ甘さにおんなじ酸味。
    大きさ、風味にみずみずしさも見事に同じで、聞けば産地、農家に畑まで指定して仕入れているんだというのですね。
    甘味、スイーツで人の頭をたのしませる。
    そんなデザートも悪くないけど、産地の人が丹誠込めて作った自然の恵みをいただく。
    頭じゃなくて心、本能を揺すぶるようなそんなおいしさ。
    これが「ご馳走」っていうことなんだ。
    そんなコトを思ったりした。
    お尻に指をキュッと突っ込みパカっと割って、一房一房丁寧にとる。
    口に含むと太陽の味。
    味噌汁もよし。
    自家製の漬け物や、野菜の小鉢。
    どれも入念。
    なによりご飯がツヤツヤ、スベスベ、良き昼の糧、オゴチソウ。

    次の仕事の時間に合わせて、ほんの少々、お茶をとる。

    50e8444e.jpegピエールマルコリーニのカフェにより、エクレア。
    それからコーヒーを飲む。
    葉巻ほどの太さに焼いた細長い生地。
    サクっと頑丈。
    ほどよく儚い絶妙なる焼き加減にて、そこにタップリ、キャラメルクリームを注入す。
    もうこれだけでおいしいだろうに、そこに薄焼きチョコレート。
    上にナッツをパラっと散らし、その食感がカラカラカリカリ、乾いた感じでなんともたのしい。
    生地の儚さ。
    キャラメルクリームのムッチリ感をそれぞれ引き立て、口の中にて一つに溶ける。
    上等、上質、銀座らしき味、堪能す。

    それにしても銀座のお昼。
    上等な店は奥様天国。
    オトコ二人でお茶飲むボクらはちょっと場違い…、それも良し。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    毛穴よろこぶ夜のコト HOME 落葉樹
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]