忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 04
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    03 2017/04 05
    S M T W T F S
    1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    昼、赤坂にてご飯を食べる。

    やげんぼり。

    yagenbori.jpg関西割烹の東京支店。
    不思議なほどにそうしたお店が昼、売り物にするのが「お茶漬け」。
    彼の地の言葉に経緯を払えば「ぶぶ漬け」と言った方がシックリとくる。
    ご飯のおいしさ。
    その食感の多様さをあれこれたのしく味わおう…、と思えば、ご飯をそのまま食べると同時に最後はお茶漬け…、という関西風は理にかなってる。
    噛みしめるときのご飯の味と、喉を駆け下りるときのご飯の味はまるで違った素材に思える。
    前者は甘くてモチッとしてて、後者はスルっとスベスベしてる。
    その両方を味わうたのしさ。
    それに季節のお料理が付く。
    あるいは板前さんの手技を感じる惣菜が付く。
    日本料理の気軽な贅沢、味わいましょう…、とそれで赤坂。
    小さなお庭を眺めて玄関くぐる、お店の風情もまたオゴチソウ。

    b6ef2022.jpeg決して大きくはない厨房を、見渡すことができるカウンターに腰をおろして、出汁巻き玉子の定食をお願いします…、と注文をする。
    するとお膳に、次々、器がやってきます。
    京漬け物の盛り合わせ。
    おばんざいにジャコにお茶碗。
    お味噌汁。
    そして炊きたてご飯が入ったお櫃がひとつ。
    中のご飯が貼り付いてしまったり、あるいは乾いてしまわぬようにしっとり塗らした木のお櫃。
    木べらを手にする。
    それもシットリ、湿り気を持つ。
    手が濡れてしまうことなく、けれどみじみずしさをしっかり感じる見事な湿り気。
    おもてなしだなぁ…、ってウットリします。
    今日の惣菜は切り干し大根。
    茶碗にご飯をよそって、惣菜、汁とたのしみながらメインを待ちます。

    bbdb0bca.jpegここの名物は「出汁巻き玉子」。
    幾重にも、幾重にも出汁をおりたたむようにして仕上がった、玉子色したミルフィーユ。
    見事な大きさ。
    そして見事なシットリで、箸を当てるとフカっと沈んで中からジュワッと出汁が浮き出る。
    ああ、勿体ないと思わずひるみそうになるのを、鬼の決心、一刀両断。
    力を入れて一口分をサクっと切り取る。
    出汁は玉子にしがみつき、ダラっと流れ出すことも無くそのまま口に運ばれてくる。
    舌にのせます。
    玉子と出汁の香りが香る。
    舌を上あごに近づけると、ジュワッと出汁がほとばしり出る。
    口の中が出汁まみれになる、なんたるシアワセ。
    慌ててご飯を放り込む。
    固めに炊かれた見事なご飯で、檜のおひつの香りもさわやか。
    玉子と一緒にモグモグすると、ご飯の甘味が出汁で存分に引き出され、お米とおかずと汁を一度に頬張った。
    そんな感じにウットリとなる。

    559de05c.jpegついでに焼き魚を自分におごって、それでこれ。
    西京味噌に漬け込んだサワラの焼いたん。
    味噌漬けにした魚の切り身の、ネットリとしたなめらかさ。
    他に類をみぬ食感で、なによりブルンと箸で触れると跳ね飛ぶようにこぼれ落ちるのが美味しげでよい。
    なによりこれ。
    ちょうどカウンターの一番隅に座ったボクの、まさに目の前、真っ正面で炭でモクモク焼いてもらった。
    その臨場感に、正真正銘の出来立て感がなににも増してのオゴチソウ。
    皮はパリパリ。
    普段は魚の皮が苦手なボクにもおいしい。
    噛むとジュワッと煙にまみれた皮の脂が口に広がる。
    そしてサクっと軽く砕けてご飯と混じる。
    おごちそうです、見事です。

    出汁巻き玉子とご飯とおかずを堪能し、そしてここのエピローグ。
    自家製のちりめん山椒をご飯にのっけてお茶、かける。

    ee75b6e9.jpegちりめん山椒の旨味がとけて、お茶がお出汁に変わってく。
    湯気にまみれて熱々感を取り戻す、ご飯をザブザブ、箸でかき込み流し込む。
    醤油の風味に混じったじゃこの濃厚な味。
    山椒がホツっと奥歯にさわり、続いてビリっと痺れが走る。
    それで食欲、また蘇り、スルスルサラサラ、口に流し込む手がとまらない。
    京漬け物が10種類ほど。
    カリカリがある。
    シャキシャキがある。
    ハリハリもありシットリもある、食感多様でにぎやかで食感たのしく、あっという間に大団円。

    ご飯粒、一つも残らぬおひつに茶碗。
    食べ終わった後の食器の洗ったようにツヤツヤとしてうつくしいこと、目にまぶしいほど。
    終わりよければすべてよし。
    …、そんな感じの始末なご馳走。
    さて打ち合わせにまいりましょう!

    拍手[1回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    蟹チャーハン HOME マフィンにポテトにファストフード的不摂生
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]