忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    打ち合わせに打ち合わせ。
    打ち合わせの場所がドリンクバー付きファミレスで、ちょっと軽食、小腹に入れた。
    だから腹ペコってほどではないけど、部屋に戻ってほっとしたらばお腹がすいた(笑)。
    それで炒めご飯を作ってお夜食。
    貰い物の蟹の缶詰。

    kanikan.jpgこれさえあれば、ラーメン屋的でない大飯店風のかにチャーハンを作れるはずと、まずはギコギコ缶詰開ける。
    白ネギたっぷり細かく切って、しらしめ油でまずは炒める。
    一緒に塩漬けにした生のワカメを水で洗って、これまた粗みじん程度にきざんで色がキレイにかわるまでカラっと炒める。
    そこにご飯。
    玄米ご飯を固めに炊いたのを冷蔵してたの。
    それをカラカラ放り込み、塩で下味ほどこしてパカっと缶詰。
    蟹肉ほぐして軟骨きれいにとったのを、パサッと汁ごと鍋に移してガシャガシャ炒める。
    炒めあげてる最中から、ずっと蟹のおいしい匂いが首から上を包み込む。
    蟹の旨味をたたえた漬け汁が、玄米ご飯の中に全部吸い込まれ、鍋に水気が残らない。
    そのタイミングにて、胡椒をパラっ。
    最後に胡麻の油をほんの少々、別の小鍋で沸騰させてパパっとふりかけて風味をつける。
    出来上がり。

    kanichahan.jpgお皿に盛ると、海藻の色がちょっと移った緑なご飯が「オレは健康的なんだぞぉ」って、うなり声をあげるかのよう。
    一口分をスプーンですくうと、シットリしてる。
    おいしいですなぁ…。
    香りがおいしい。
    蟹の甘い磯の香りと、ごま油の香ばしさ。
    油で焦げたネギの香りも見事なもので、まるで煙で燻されたご飯を食べてるみたいに感じる。
    蟹のほぐし身がおいしいのは当然のこと。
    それにワカメの旨味も混じる。
    味付けといえば塩と胡椒を加えただけで、なのにこんなに深くてコクのある味になる。
    クニュクニュとした刻んだワカメの食感たのしく、パラパラ玄米が尚さらパラパラ。
    口の隅々散らかって、暴れる感じがオゴチソウ。
    お腹もシットリ、あたたかになる。

    ところで今日。
    仕事の都合で上京して来た親父が手にぶら下げて来た大きな荷物。
    おかあさんからの預かりものだから…、ともらって、開けてみた。

    sweater.jpgセーターでした。
    手編みのセーター。
    袖無しのベスト状で、けれど丸首。
    ほんのちょっとだけハイネック。
    ボクは洋服の袖という部分が大嫌いで、シャツもスウェットもグルグル巻き上げ着てしまう。
    だからいつも袖口ズルズル。
    できれば年中、半袖で生活したいくらいでだからベストが大好き。
    冬にはハイネックがあたたかく、でもあまりにカラーが高いと髭と当たってチクチクしてしまう。
    そんなボクのワガママを、そのまま編んでくれたこれ。
    最近、母親らしいことをまるでしてあげられなくて、だからこれを編みました…って。

    母は母としてそこにそうしているだけで、母の役目を果たしてくれる。
    勇気でもあり癒しでもあり、元気でもありボクの笑顔の素でもあって、なのにこうして手編みのセーター送ってくれる。
    ありがたすぎて、涙がでます。
    ありがとう、の電話をかけてそれが長話しになってしまうと涙声になりそうで、感謝を言ってすぐ切った。
    素直になれぬ息子でゴメン。
    間もなく師走の夜のコト。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    涙目
    「母は母としてそこにそうしているだけで、母の役目を果たしてくれる」。
    本当にその通りですよね。
    私はいまだに同居中のダメ娘ですが、それでも母が居るだけで救われることが度々あります。
    お母さまがどんなお気持ちでセーターを編まれたか、サカキさまがどれだけ嬉しいか…想像しただけで、ウルウルしてしまいました。
    素敵なセーターですね。
    冷たい風はおろか、unluckyなことからも守ってくれそうな感じがしますね。
    bowさん / 2009/11/25(Wed) /
    勇気をくれる
    > bowさん
    これを着ていると勇気がでてくる、パワードスーツみたいなセーター。
    とてもありがたく思いました。
    今年の冬はこれでとてもあったかになる。
    そんな気持ちになりました。
    サカキシンイチロウさん / 2009/11/25(Wed) /
    スッキリ!!
    明日、母が所用で上京してくるので、一緒に用事に付き合ってゴハン食べて。
    ちょっと親孝行してきます。

    今朝のテレビ見ました。
    素敵に映っていましたね。
    ゆみぞうさん / 2009/11/26(Thu) /
    いつものことが
    > ゆみぞうさん
    特別のことでなく、いつもの当たり前のことを一緒にする。
    ただそれだけで互いに幸せな気持ちになれるのが親子という関係なのだろうと思います。
    ステキな週末になるといいですね。

    スッキリ。
    朝から濃ゆい顔をお見せしてしまったようであります(笑)。
    サカキシンイチロウさん / 2009/11/26(Thu) /
    いくつになっても
    母親の愛情ってありがたいですよね。ちょっとおせっかいな時は反抗して見せたりもしますが、やっぱりありがたいものです。
    今年の冬は暖かそうですね♪
    あっくんさん / 2009/11/26(Thu) /
    色合い
    とても素敵な色の組み合わせのベストですね。サカキさんのお好きな色合いなんですか、それともお母様がサカキさんに着せたい色なのでしょうか?息子さんを想う気持ちを形にしてプレゼントするお母様ってベスト以上に素敵です。
    エルさん / 2009/11/26(Thu) /
    袖あんまりいらない派です。
    お母様もきっと、「あげたい」方なのですね。
    お元気でいらしてくださればそれだけで、こちらの元気の素なのに。
    サカキさんの笑顔がきっと、お母様の元気をますます照らされることと思います。
    ガンバレ、オトコノコ。

    ああ、蟹チャーハン。蟹の缶詰ってすんごい食材ですよね。
    今年はまだ蟹も牡蠣も食べてないなあ。河豚も来てしまう。
    たばきちさん / 2009/11/26(Thu) /
    息子って…
    袖が要らないって、ピーコみたいですね。ふふ。
    初めて夫の実家に挨拶に伺った時、あのドライな夫が「母ちゃん、母ちゃん」と義母の後をついて行ったのを、ぽかーんと見ていました。
    夫が息子に戻った瞬間でした。

    新型インフルエンザが恐れられている今日、お母様のセーターで乗り切って下さいませ!
    ぷりさん / 2009/11/26(Thu) /
    素直
    > あっくんさん
    なかなか素直になれないんですよね…、親に対して。
    特にいつまでも子供扱いする母には冷たい物言いをしたりすることもあるのですけど、でも愛していることには変わりなく。
    本当にありがたいことだなぁ…、って思います。
    サカキシンイチロウさん / 2009/11/26(Thu) /
    ボクの好きな色
    > エルさん
    ボクが好きな色は青。
    母は赤。
    だからボクに合わせて編んでくれたベストです。
    言わなくてもなんだかボクの好き嫌いをしっかり知ってくれてるんだなぁ…、って思いました。
    サカキシンイチロウさん / 2009/11/26(Thu) /
    もらう一方
    > たばきちさん
    男の子のボクはいつも何かをしてもらう一方。
    母はサービス精神の塊みたいな人だから、本当にしてもらうばかり。
    笑顔で一生懸命がんばることが、母に対する恩返し…、って思うほかないですね。

    蟹。
    今年はカニの鍋もふぐの鍋もまだ。
    ああ、もう来年になっちゃうの。
    サカキシンイチロウさん / 2009/11/26(Thu) /
    ノースリーブ
    > ぶりさん
    確かに。
    タンクトップは嫌いなんです。
    袖が邪魔なだけ。
    人の好みは千差万別…、って思います。
    本当に風邪がはやりはじめているみたい。
    温かくして気合いをいれて、って思います。
    みなさんもお体、ご自愛下さい。
    サカキシンイチロウさん / 2009/11/26(Thu) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    朝のうどんにマリネなマフィン HOME 赤坂、路地裏、やげんぼり
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]