忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    07 2017/08 09
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    事務所からテレンと歩いて、白山近く。
    どこで昼を食べようか、とブラブラしながら店を物色。
    商店街の入り口に、元気な看板、ひとつ発見。

    sm.jpg「さかなの松下」というお店。
    わざわざ「さかなの」と名乗るところにちょっとした気っ風を感じてそれでガラッと扉を開ける。
    小さなお店。
    テーブル3つの先には厨房、カウンター。
    厨房の中に職人さんが一人いて、カウンターではおやじさんが本を読み読みくつろいでいた。
    昼の営業の仕舞いの気配がありありで、でもガラガラっと戸が開く音にご主人、ポンっと飛び上がり、へい、いらっしゃいと威勢いい。
    昼の日替わりが1050円。
    メニューは二種類。
    煮魚、そして天ぷらをメインに選んでくださいネ…、って。
    ランチは何時までなんですか?って、聞くと、1時半で店じまいです。
    時計を見ると1時15分のちょっと過ぎ。
    申し訳ないって言ったらば、いやいや、こんな時間にワザワザお選びいただきどうもありがとうございます…、って逆に恐縮されちゃった。

    煮魚選んで、お茶を飲みます。

    602f7ea7.jpeg氷を入れぬ、ぬるいお茶。
    お茶の風味がしっかり残る冷たすぎない、でも暑くない、暑い道々やってきた体にやさしく、喉に涼しい、程よいお茶にまずはニッコリ。
    テキパキ、お皿が並びます。
    先付けの酢の物。
    薄切りキュウリにゲソの湯引きを土佐酢であえたの。
    シャキシャキ涼しいキュウリの風味に、ツルンとハリのあるゲソの食感。
    貴重な素材を無駄にしない、始末な料理でお客様をもてなす誠意のある店…、なんだなぁ、って期待たかまる。

    お新香、ご飯に刺身がきます。
    鰹、かんぱち、そして貝紐と、ドッサリたっぷり。
    キレイに形が整ったのでなく、ぶつ切りにされた多分、夜のお行儀の良い刺身をひいたついでにできた半端な部分がこうして昼にふるまわれる。
    これまた始末。
    なおさら、うれしい、いい感じ。

    そしてメインの煮魚がこれ。

    6f2e35d8.jpegイワシの煮物。
    ほれぼれするほど丸々とした太ったイワシ。
    弱々しさの微塵も感じぬ、活き活きとした艶やかなさま。
    キラキラしてて箸で崩すには勿体ないほどのうつくしさ。

    脂がのって身離れもよく甘さ、辛さもほどよい塩梅。
    生姜の風味も出しゃばりすぎず、何事にも「過ぎず程よく足りている」という味付けが良い。
    ここの煮魚…、好みです。
    半身を食べて骨を抜き、お腹のワタまで全部丸ごとパクンと食べると、骨がホロホロ。
    舌にビリっと苦みと香りが心地よく、鮮度の良さにウットリします。
    それにしてもこうした煮魚がおいしいっ!て思うようになったということ。
    ボクも立派な日本のおじさん。
    エヘへと思う。

    おご馳走様って席を立とうとしたらば、コレ。

    eadf1627.jpegメロンのデザート。
    閉店予定の時間はとっくに過ぎているのに、このサービス。
    しかもキレイに蜜の入った見事に熟れたメロンの勇姿に、ああ、ありがとうって。
    ご近所さんが多いんですか?って聞いたら、もう常連さんばっかりですネ。
    大きく宣伝するわけでなく、ここでずっとこうして長く商売しているコトがそのまま宣伝なんでしょう。
    夜は割烹居酒屋のようになるようでもあり、なんだか贔屓にしたいなぁ…、ってそんな風に思ってしまう。
    こうしたお店がひっそりとある白山通りの坂の上。
    昼を求めて散歩をしたかいあったというモノ。
    また、まいりましょう、ありがとう。

    拍手[1回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    小洞天でシュウマイな夜 HOME あけびの実
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]