忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2017/11 12
    S M T W T F S
    1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    昼間、ちょっとした弾みで「おいしいシュウマイを食べたいねぇ」ってコトになって、それで有楽町。

    小洞天って店にくる。

    shodoten.jpg有楽町駅前のビックカメラの下。
    まるで中華街。
    あるいは香港、台北のちょいとこぎれいな中華料理屋みたいな雰囲気。
    つまり普通の中国料理屋なのだけれども、シュウマイが名物。
    ランチタイムにやってくると、座っている人のほぼ80%ほどの人がシュウマイ定食を食べている。
    あっちのテーブルでモクモク。
    こっちのテーブルでもモクモク。
    シュウマイを蒸した蒸篭の湯気がわきあがる、爽快な景色をたのしむことができる店。
    夜はさすがにそばを啜る人、宴会する人と景色さまざま。
    けれどやっぱりほとんどの人が、食事のどこかに蒸しシュウマイをしのばせる。
    あれを食べにいきましょう…、と明確な目的を持ってもらえるお店は幸せ。

    今日のボクらはシュウマイセット。

    b6657358.jpeg名物シュウマイにご飯にスープ、サラダにザーサイ。
    これで十分、お腹にたまる晩ご飯になる。
    なにしろここのシュウマイ。
    おおぶりでタレもつけずにそのまま食べても十分うまい。
    皮は極薄、シットリしてて口にいれるとその存在感をひっそりひそめて、中のひき肉だけを食べてる気持ちになる。
    豚ひき肉の味わい、それからホタテの風味。
    前歯のところでプチュンとはじけて、口の中ではシットリフワフワ。
    揚げずに作った「蒸し肉団子」みたいな味わい。
    ご飯のおかずに見事な主役。

    ところでシュウマイ。
    不思議な高級感と専門料理感をたずさえている。
    例えば餃子。
    家で気軽に作ることができ、ラーメン屋でもたのしむことができるいわゆる大衆的な料理の代表。
    一方、シュウマイ。
    手作りするにはちょいとコツが入り、どんな店にでも扱っているというものじゃない。
    ラーメンライスとシュウマイライスって同じようなモノのはずなのにまるで違ったイメージを持つ。
    なんだか不思議、面白い。

    せっかくだから、一緒に料理を一品たのむ。

    0e78c5bf.jpeg牛はらみの辛子風味の水煮をたのむ。
    陶器のボウルの中に、真っ赤なスープとただよう油。
    肉にパクチー、花山椒と、これだけみるとラー油で炒めた四川風の肉料理のようにみえるのだけど、唐辛子の粉やスパイスをタップリ混ぜた水で肉をジックリ煮込んだだけのもの。
    日本の人が魚を煮るときに、水と醤油で煮るように、彼の地の人は肉を水と唐辛子で煮る。
    ところ変われば調味料が変わりはするけど、素材をおいしくする知恵には共通点があるんだろう…、って思えばたのし。
    脂ののった魚を煮ると、煮汁にキラキラ脂が浮かぶ。
    それと一緒でこれも肉の脂と、最後の仕上げの熱した油で油っぽくみえているだけ。
    だからあっさり。
    スキッと素直な辛さと痺れ。
    一口ごとに汗が流れる、今の季節にうれしい料理。
    ご飯がすすむことはなはだしくて、汗をダラダラ、ハフハフ食べる。

    それにしてもここのザーサイと玉子スープの旨いこと。
    カリカリとした歯をくすぐる味付けザーサイの歯ごたえと、辛い料理を食べたあとでも旨味をなくさぬスッキリスープ。
    老舗の味を堪能す。


    ところで、こんな動画を発見。



    まるでSF映画の一場面のような画像でありますけれど、なんとこれ。
    今、ミシシッピ川の沿って発達したニューオリンズの街で進んでいる都市開発のイメージ図
    370メートルほどの三角形のビルの中に、住宅、ホテルにオフィスビル。
    ショッピングモールや病院などのおよそ都市として必要な機能を全部ぶちこんだという建物で、ソーラーパワーや風力、水力などのエコエネルギーを使った発電プラントも内包している…、というんですね。
    このまま宇宙に飛んできそうな、そんな造形。
    開発バブルはまだまだどっこい、終わらない?

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    芥子醤油でまたご飯がすすみます
    すごいですね。ノアの方舟ですか。
    ニューオリンズの復興がすすんでいるといいと思います。
    カフェ・ドゥ・モンドも好きでしたが、La Madelaineにはお世話になりました。
    当時、サラダやメインディッシュを頼むと美味しいパンが食べ放題という
    素晴らしいサービスでした。
    …ビンボ学生だったので、特別免除(だったのかな?)で、コーヒーのときも
    パン食べていましたけど。
    さすがフランス文化圏!なパンの数々でした。

    ベーグル。
    お財布に余裕があるときは、クリームチーズとスモークサーモン
    カッコつけたいときは、ハマス
    ピーナツバターとジェリーは、女子のプライドで我慢しています。
    たばきちさん / 2009/08/25(Tue) /
    ベニエ、食べたい!
    > たばきちさん
    カフェドゥモンドのベニエ。
    ありゃおいしいですものね。
    ドーナツとはまるで違ったあのフワフワ、とあのサックリ感。
    パウダーシュガーにむせ返りながらたのしみたいなぁ…、って思いました。

    ベーグル。
    ボクは(ポピーシード+クリームチーズ+スモークサーモン)をメインに食べてそのあと(ブルーベリー+ピーナツバター+ブルーベリージェリー)をデザートに、という組み合わせを一時期定番にしておりました。
    太ります(笑)。
    サカキシンイチロウさん / 2009/08/25(Tue) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    東京セントラルパークイーストの朝 HOME 白山、坂上、さかなの松下
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]