忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    お気に入り通勤ルートにニッコリ微笑むようにある店。
    DEEN&DELUCAの丸の内店。

    340799d5.jpegうれしくてしょうがないのが、この店だけが微笑んでるのじゃなく、街全体が微笑んでいるようにみえるというとこ。
    整備された街路樹。
    うつくしく整った町並み。
    オフィス街なのに路面に面してシャッターおろす無粋な金融機関の顔のない、やさしい通り。
    そこをサラっと、皇居のお堀に抜けてゆく風。
    すべてがとても気持ちよく、特に夏から秋にむけての今の季節は日に日に風の軽さが変わる。
    街の中のほのかな季節の変わり目気配。
    日差しもやさしい、朝のコト。

    涼しげな飲み物でより一層の涼しさを呼ぶ。

    da54d99c.jpegレモネード。
    フレッシュスクイーズレモネードとメニューにあって、「Fresh Squeezed」って部分にグラっと気持ちが揺れてそれ。
    搾ったばかり…、でも訳せばいいのでありましょうや。
    スクイーザーに半割レモンをセットして、グワッシャとばかり押しつぶし果汁を搾ってソーダで満たしてくれる。
    …、とばかり思ってたのんで、けれど哀しや。
    冷蔵庫の中から搾りためたレモン果汁をカップに注いで、そこにシロップ、そしてソーダに氷サラサラ…、出来上がり。
    というものだった。
    まぁ、これでも十分、フレッシュのレモンを搾って作ったレモネードではありましょうけど、ちょっとガッカリ。
    「フレッシュ」という言葉に過大な期待をしたのがちょっと失敗。
    けれど味はまさしくフレッシュ。
    レモンの味がシャキンと喉をかけぬける。

    スモークサーモンとクリームチーズのベーグルサンドイッチを朝にする。

    055178d4.jpegニューヨーク的なる朝の一品。
    まん丸の、真ん中に穴のあいたドーナツ状のツルンとしたパン。
    半分に割り、中にタップリ、クリームチーズとスモークサーモン。
    彼の地ではこのベーグルのためのスタンドや、カッター、それからトースターと専用キッチンガジェットが通販の花形だったりする。
    他のパンが受けることのない特別扱い。
    日本人がおむすびに対していだく愛着を、多分、ニューヨーカーはこのベーグルに注ぐんだろうなぁ…、ってそんなことを思ったりする。

    よくトーストしてもらったベーグルの甘い香り。
    手に持つとズッシリ重く、横から見ればこんもりとしたかなりの充実。
    ペロンとスモークサーモンの、オレンジがかったピンク色がベーグルの端から顔のぞかせる。
    パクッといくと、中からブロンと湧きまけるほどのチーズにサーモン。

    f1a816f6.jpegこのタップリがニューヨーク的。
    ムッチリとしたクリームチーズ。
    ほどよい酸味と、歯茎にネロンとまとわりつくようなしたたかさ。
    スモークサーモンの脂の香りと、塩味が口の中にてムチョンムチュンとひとつに混じる。
    持った両手はベトベトで、口の周りの髭にしたたかこびりつく。
    指をチュバっと舐めながら、ナプキン片手にパックリパックリ。
    力強くてたのしいご馳走。

    でもどうしてだか、日本のベーグルは残念な味。
    ツルンとし過ぎ。
    フッカリ感があんまりなくて、バサバサしちゃって顎が疲れてしょうがない。
    種類も少なく、例えばブルーベリーだとかポピーシードにオニオン風味。
    自分の好みのベーグルを選んでそこにフィリングはさみ、カスタマイズするたのしみがニューヨーク的朝の楽しみ。
    ひさびさたんのうしてみたいなぁ…、って思ったりする。
    まだまだ我慢、がんばろう。

    表に出ると涼やかな風。
    セントラルパークからマディソン街に向かって風が、流れ漂う通り道のよな街の気配にちょっとウットリ。
    両手をふって元気に歩く。
    鼻の周りにドッシリ居座るチーズの匂い。
    首から上のニューヨーカー。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    今日は秋の陽気ですね。
    はじめまして!食べることが大好きで料理を会得した食いしん坊です。
    ニューヨークはおろか海外にも行ったことはありませんが、ベーグル作りに一時期凝ったことがあります。何故か冬に。
    炬燵の中で発酵させていたのを懐かしく思い出しました。
    ベーグルって発酵を止めるために、焼く前に茹でるのをご存じですか?
    レシピを見たときかなりのカルチャーショックでした!
    では、またお邪魔させた頂きます!
    ぷりさん / 2009/08/25(Tue) /
    不思議なパンですよね。
    > ぶりさん
    そうなんですよね…、ボクも初めて作っているところを見せてもらったときに、仰天しました。
    これパンじゃないっていったら、そうだよ、ベーグルであってパンじゃないってまでいわれました。
    おもしろいですよね。

    初めまして。
    たのしい書き込み、またよろしくお願いいたします。
    サカキシンイチロウさん / 2009/08/25(Tue) /
    本場の味?
    >日本のベーグルは残念な味
    妻もよく同じ事を言ってます。(笑)

    やはり、アメリカのベーグルは違うのでしょうね。
    ながやん。さん / 2009/08/25(Tue) /
    何故なんだろう?って思います。
    > ながやん。さん
    どうして日本のベーグルってこんななんだろう?って不思議に思います。
    表面に蝋を塗ったみたいなペカペカ感があるんですよね。
    アメリカに行ってどんなところでベーグルを買って食べても日本のよりも数段おいしい。
    おいしいというか、まるで別の食べ物のように思います。
    世界中のどんな料理でも正しく再現できる日本で、何故ベーグルだけが?って思います。
    サカキシンイチロウさん / 2009/08/25(Tue) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    元喜うどんに夜の蕎麦 HOME 小洞天でシュウマイな夜
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]