忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 04
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    03 2017/04 05
    S M T W T F S
    1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    昼、千石の街をぶらぶら。
    散歩がてら、住宅街の中をそぞろ歩いて蕎麦屋に来ます。

    進開屋。

    sinkaiya.jpg千石の西側には、まるで昭和の半ばのような古い建物が結構、しっかり残ってる。
    下町風情。
    昔の日本のどんなところにもあった町並み。
    そこにシットリ、これまた昔ながらの商家風の店がポツンと。
    思わず、近づきカメラを構える。
    不思議なほどに、なつかしい。
    この場所。
    この店。
    この界隈にやってくるのは初めてで、なのになんだか前にも見たような、そんな気がしてシャッターを切る。

    風景でなく、時間をスパッと切り取るようなそんな絵になる。
    お店に入る。

    昭和の最初に作られた、住居付き店舗によくみる景色。

    d101ba18.jpegたたきの土間にテーブル並び、奥に座敷。
    そして横には厨房があり、店の横には二階につづく階段が。
    木で作られて急勾配の階段の下に、食器やお盆を入れる棚がしつらえられてて、オープンキッチンとでも言いますか?
    すべての作業。
    お店の人の会話や仕草のひとつひとつが見て取れる。
    生活と仕事が境目なくつながっていた、古き良き日本のお店。
    かなりウットリ。
    ほっこりとする。

    老舗ではない。
    古ぼけた、けれど一生懸命暖簾を守ったここに無くてはならぬ店。
    柱や階段、天井、窓枠。
    どこも飴色になるまでキチンと磨かれていて、背筋が伸びる。
    カツ丼、それから小たぬきもらう。

    アルミのお盆にのっかってくる、湯気がもくもく、熱々のコレ。

    f300c749.jpeg醤油の色が濃厚につく、真っ黒な出汁。
    けれど不思議と塩辛くなく、決してくどくもない味わい。
    油の回った薄いとんかつをその真っ黒な出汁で煮込んで、それから玉子でフワッととじる。
    たっぷり入るタマネギ、シャキシャキ。
    熱々ご飯も色づくほどのツユダクで、サービス精神、感じる一品。
    小さな茶碗に入ったたぬきも、揚げ玉、ナルトに刻んだネギって定番の具だけじゃなく、タケノコの芽やほうれん草と具沢山にて盛りだくさん。
    天ぷら揚げた胡麻の油の匂いがポワンと、濃厚な味、口、満たす。

    ご両親に息子さん。
    普段は出前で稼ぐのでしょう…、お店の中は静かでのどか。
    お腹もほどよく満たされて、さぁ、仕事しにテクテク歩いて帰りましょう!

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    お勧めです!
    旧白山通りの東洋大学前にある「藪蔦」が私のフェイバリット蕎麦屋です。いかにも不味そうな外観、店内も禁じ手の海亀の
    剥製なんかあります。「カツ丼」なんて書いてありますが、見た事ありません。ここはきっぱりと「せいろそば」or「ごませいろ」を召し上がってみてください。手打ちのぶっとい、歯ごたえたっぷりのお蕎麦です。洗練とかは、無縁ですが、がっつりとした食べ応えが満喫できます。そばがきも素晴らしい!!
    るいこすたさん / 2009/09/09(Wed) /
    薮萬
    > るいこすたさん
    何度かそのお店の前を通っております。
    ご指摘の通り、絶対入っちゃいけないオーラを発散しているあの外観。
    ノーマークでありました。
    ぜひ、今度、覗いてみます。
    洗練とは無縁というところに強く惹かれます。
    ステキなかきこみ、どうもありがとうございます!
    サカキシンイチロウさん / 2009/09/09(Wed) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    ライオン、コロッケ、銀座風 HOME 最後のひとつにぼんごの弐
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]