忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    11 2017/12 01
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    銀座を歩いてライオンに来る。

    4b063ed3.jpeg地下鉄の日比谷の駅から帝国ホテルを右手にみつつ、コリドー街をテクリと歩く。
    にぎやかな店、暇な店。
    古い店もありはするけど、ほとんど最近出来た店。
    新しい商業ビルの中に入ったお店はどれも、チェーン店か大企業のやる店で、なんだかちょっとつまらない。
    志のある店や、情熱的なアイディアもった人じゃなく、「家賃を払える」会社ばかりが集まっている。
    銀座はそもそもそんな街じゃなかったのにね…、ってそういいながら、さまよい歩く。
    ベルギービールのビアホールだとか、アイリッシュパブが客の呼び込みをする。
    銀座でビールを飲むのなら、ひさしぶりにライオンにでも行ってみようか、って意見がまとまりそれで銀座の7丁目。
    キャバクラの客引きさんの呼び込みふりきり、まっしぐら。

    ひさしぶりです、この雰囲気。

    f55dc45c.jpegハリーポッターのホグワース校。
    そこの学生食堂のホールをちょっと小さくしたような、荘厳にして開放的な造りの店の真っ正面にビールカウンター。
    そこに生ビールを注ぐ専門家が3人ズラっと並んでただただ、ビールを注ぐ。
    ビアホール。
    それを「ビールの殿堂」と訳すのならば、まさにココはビールの殿堂、ビアホール。
    今年で出来て110周年だというめでたい年を記念して、110の字を白く大きくプリントした黄色いTシャツでサービスをする。
    これまたなんだか学生食堂みたいなふうで、とてもたのしい。

    小さいテーブルがギッシリ並ぶ。
    そこに詰め込まれるようにキチッと座ってビールを飲む。
    サラリーマンも観光客も、銀ブラ途中の人たちもみんな同じくキチッと座ってビールを飲んで高い天井見上げてニッコリ。
    ちょっと小さなドイツ旅行をしているみたいな、そんな気になる。

    名物のコレ。

    4c2360df.jpeg「伝統の紙カツ」って、紙のように薄く肉を叩いて伸ばして揚げたカツ。
    ただ薄いカツ…、じゃないんですね。
    タップリの千切りキャベツの上に乗っかるカツ一面に、ほんの少々の中濃ソースとマヨネーズ。
    ただそれだけで、ビールのつまみにしっかりとなる。
    肉にも、それにパン粉にも味が入っててだからどの部分をどう食べても同じ味がするのがスゴい。
    さすが名物、伝統の味。

    ソーセージやジャーマンポテトのようなビアホール料理もありはするけど、ピザやステーキ、ナポリタンと揃う料理はどれもまるでファミレス料理。
    ココは大人のファミリーレストラン。
    主役の料理がたまたまビールであるだけの、とても気軽でたのしいお店。
    厨房の出口近くに調理長が立っていて、出来上がってくる料理を全部チェックしている。
    パセリの位置や、料理のちょっとした並び方。
    それにいちいち手を加え、ニッコリ笑ってこれでOK、って指示を出す。
    こんなところもさすが伝統。
    いいお店。
    仕組みなんかより、お客様にとってのおいしさ、たのしさを優先してる、まるで「大企業がやってる生業」。
    感心す。

    〆を蕎麦にいたしましょうか…、と、それでテクテク、よし田に来ます。

    f20e61f3.jpeg銀座という街。
    結構、蕎麦屋に恵まれた街。
    日本橋から室町、新橋と銀座中心に広がるこの街、この界隈は特に高級蕎麦のお店が目立つ。
    どこも何故?って思うくらいの早じまい。
    お金を持ってるお大尽は残業知らずの、早寝早起き。
    だから遅い時間まで営業するなんて、無粋なコトよ、と言わんばかりのお店が多い。
    けれどここ。
    10時閉店、しかも値段もそば屋の値段。
    1000円もあれば天婦羅そばまで堪能できる。
    身の程知らずの値段を覚悟しなくてもよい、という太っ腹なとこがボクは好き。

    ここの名物、コロッケそば。

    43ec8ef9.jpeg銀座のそば屋でコロッケそば?って、初めての人は大抵驚く。
    ここのコロッケ。
    実は鶏のひき肉と山芋とろろを混ぜてコロッケ状にまとめて揚げる。
    鶏のつくね揚げのような食べ物で、出汁をタップリ吸い込むと、この上も無いほどフルフル、フワフワ、シットリとなる。
    コロッケという食べ物が、とてもハイカラでみんなのご馳走だった時代に出来た料理…、なのでしょう。
    とはいえ蕎麦屋。
    それも銀座のそば屋で普通のコロッケのっけて、さぁ、どうぞって言うのはいかにも粋じゃなく、こうした料理を工夫した。
    昔の日本の人の創意を感じる一品。
    おもしろい。

    考えてみれば、朝、昼、晩と蕎麦となる。
    ちと健康的な?秋の今日。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ライオンの帰り道
    ライオンのソーセージ盛り合わせ、大好きです~!!
    昔ライオンで食事して帰りの電車で(お酒から来る)貧血でぶっ倒れました。
    運悪くドアに挟まれ、それから…お酒は飲んでいません。

    ビール一杯だったのに…。
    ジェントルマンのサカキさんでもお酒の失敗談はあるのでしょうか?
    ぷりさん / 2009/09/09(Wed) /
    手痛い失敗
    > ぶりさん
    会社で企画したパーティーで、調子に乗って日本酒一升の一気飲み。
    そのあと、ビールにウィスキーにと、気づけばトイレの中でぶっ倒れていたことがあります。
    お酒の失敗。
    他にもいくつかありますねぇ…。
    今でも思い出すと頭が痛くなっちゃいます(笑)。
    たのしく飲む。
    とても簡単なことのはずなのに、ちょっと難しかったりいたします。
    サカキシンイチロウさん / 2009/09/09(Wed) /
    大人になるアイテム
    サカキさんにもあるんですね!
    何だか嬉しいですね~。
    二十歳になった頃はお酒を飲む、ってことが大人になるために必要なことだと無意識に感じていたのかも知れません。

    しかし、日本酒一升を一気飲みって…果てしない!!
    ぷりさん / 2009/09/09(Wed) /
    いろんなものを沢山
    > ぶりさん
    いろんなものを沢山なくしちゃいましたよ…、そのときに。
    PDAやデジタルカメラ。
    大切なモノが入った小さな鞄と一緒に、半日分ほどの記憶もなくしちゃっていました。
    手痛い思い出。
    大人になるって大変なこと…、って思いました!
    サカキシンイチロウさん / 2009/09/09(Wed) /
    レジェンド
    自分のレジェンドは
    「ウォッカの日本酒割り」を「ドレミの唄」に合わせて…

    ド→レ→ミ→…とコップの中の量が増えていきます(笑)
    あれは辛かった~!

    東京~銀座~新橋は確かに大きな外食チェーンが営業している店ばかりが増えてるような気がします。
    飲み会やるにもそれじゃあ芸がないし(大手の外食産業さんには失礼ですが)、店を探すのが一苦労です。

    ワタシの銀座の〆は何でしょう~、時々バーカウンターでラーメン食べてます。。。
    めるばさん / 2009/09/10(Thu) /
    大人の我慢比べ
    > めるばさん
    大人ってときおりへんてこりんな我慢比べをしたくなっちゃう生き物のようでありますね(笑)。
    酒をたのしむのでなく、酔っぱらうことをたのしむ。
    まぁ、そんなお酒の飲み方もたまには良し…、ということでしょう。

    銀座の〆。
    お大尽を装うのであれば、寿司をチョコっと、って感じになるのでしょうけれど、その肝心の寿司屋もまた気軽にはいれるところがすくなくなっちゃいました。
    サカキシンイチロウさん / 2009/09/10(Thu) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    ヒサビサムスビ HOME 昭和蕎麦
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]