忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 04
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    03 2017/04 05
    S M T W T F S
    1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    夜、荒木町を行く。

    かつての花街。
    今でも昔の風情が残る、都心にありつつなんだかのんびりとした、程よくしなびた街…、であります。

    その街を代表する飲食店の一軒がここ。

    suzusin.jpgとんかつ鈴新。
    曲がった路地の突き当たり。
    車が入ってくることすらほとんどない、夜になればほどよく暗くなる場所にポツンとひなびた一戸建て。
    暖簾が下がり、それが風にユラッと揺れるのどかな景色。
    まるで昭和の街角のよう。
    昭和の日の夜に、昭和な街角。
    いい感じ。

    ここで晩御飯といたします。

    e6c06069.jpegひれかつとアジフライの盛り合わせ。

    かつとエビフライやコロッケの盛り合わせっていうのは、どんなお店でもあるけれど、アジフライをわざわざ盛り合わせの主役に選ぶお店って、あまりない。
    大衆的な素材ですし。
    新鮮でなければおいしくはない。
    派手ではないけど、調理人としての誠意を伝えるのには良い料理。

    程よい大きさの鯵の半身をカラッと揚げたここのアジフライ。
    分厚く、しかも中はシットリで、旨い、旨い。
    磯の香りがふんわか、口から鼻に抜けてく。
    一緒に湯気がボワッと飛び出し、ハフッとするのがまたご馳走。
    パン粉つけたて、揚げ立てのひれカツがおいしいのは当たり前にて、この一皿の主役はやっぱりアジフライ。

    一緒に行った人がたのんだ、ここのカツ丼。

    2ea741f5.jpegここには実は3種類のカツ丼があって、ひとつは普通の煮カツ丼。
    ご飯にとんかつをのせて、大根おろしに醤油ダレという、おろしカツ丼。
    それから、ご飯にのっけたカツの上に卵とじにしたたまねぎをザザッとかけた「かけカツ丼」ってのがある。
    中でも一番お気に入りなのは、かけカツ丼で、ザクザクッとした揚げ立てカツと出汁の中で溺れたみたいなシットリ玉子の両方を、一度に味わうことができる贅沢料理。
    定食用のロースカツより一段薄くて、だから一層カリッと乾いたパン粉の食感引き立つ。
    しかもタレの旨みを余分に吸い込んで、ご飯とのなじみも良くなっていく。
    分けてもらって、カリッと食べる。
    ステキであります。
    ひさしぶり。

    エビフライの単品を追加で注文。

    b6366c6b.jpegムチッと食感たしかなエビを、細かなパン粉でギッシリつつみ、油の中で蒸し焼きにした。
    そんな感じの火の通り具合が、エビの甘みを思う存分引き出している。
    それに甘みを抑えた酸味の強いヨーグルト風味のマヨネーズをタップリつけて食べるのだけど、これがなんとも、ご飯のおかずにピッタリの、コクある味になるんですよね…、なんだか不思議。
    サイドに添えられたマカロニサラダもご飯にピッタリ。
    大根ときゅうりの手作り浅漬けもグーッ。

    それらにあわせるご飯がこれまたおいしくて、実はとんかつ屋さんのご飯はたいてい、固めに仕上げる。
    やわらかいのよりその方が、カラッと上がったパン粉衣との相性がいい…、って俗に言われてるから。
    けれどここのはフンワカ、シットリ、やわらかめ。
    ツヤツヤご飯は甘みタップリで、ご飯だけを食べても十分おいしい出来。
    多分、東京のとんかつ屋さんで一番のフックラご飯を炊いて出してるんじゃないのかなぁ。
    だからご飯だけを食べてもおいしい。
    そんな唯我独尊がボクは好き。

    そうそう、ここはポイントカードのようなものを出していてる。

    f34168a8.jpeg名前が「荒木町おじさんカード」。
    昭和な街を愛する人にもってほしい…、っていう趣向のたのしいカード。
    しかもポイントためてもらえる景品が面白い。
    普通はお店の料理がもらえる。
    あるいは割引き特典のようなもの。
    けれどここ。
    隔月でやってる寄席に招待されるという特典。
    お店のカウンターの中。
    本来厨房のところに高座を作って演じる落語を、カウンターに座ってたのしむ…、というなんとも大人でおじさんな、ステキなサービス。

    ユニークです。
    ただユニークなのでなく、この場所、この街、この商売に似合ったユニーク。
    とてもステキと思います。
    実は今晩、一枚もらった。
    名実ともに、この街向きのおじさんと認めていただいたからでありましょう。
    ちょっと通ってみましょうか。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    無題
    こんばんは

    昨日に続き、豚さんですね
    実はワタシも、「こーちゃん」ってとんかつ屋見つけて、お店の前まで行っちゃいました
    で、昨日の豚ちゃんを思い出して・・・

    お蕎麦にしたんですよ
    放浪者さん / 2009/04/29(Wed) / URL
    豚ちゃんに誘われて
    > 放浪者さん
    二日続けて豚ちゃんでした。
    あの日のお隣さんが食べてたとんかつがあまりにおいしそうに見えて、頭に焼き付いていたものですから。
    やっぱり豚は旨いですなぁ…。
    ちなみに、この店が閉まっていたら蕎麦にしよう…、と思ってました(笑)。
    サカキシンイチロウさん / 2009/04/30(Thu) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    おむすびをケンタッキーで喰らう朝 HOME 新旧新宿、散策の昼
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]