忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    05 2017/06 07
    S M T W T F S
    1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    なんか、おいしい魚を食べたいねぇ…。
    新橋の街をさまよい歩く。
    目当ての店は満席で、1時間ほど待たなきゃ中には入れない。
    客引きまでする空いたお店は山ほどあるもどれもピンと来ることはなく、ブラブラ歩いてちょっと気になる店をみつけた。

    魚やという店。

    sakanaya.jpg魚好きの店って看板にちょこんと書かれて、近づきお店の中を窓から覗き込む。
    おじさんたち。
    年の頃にして50半ばを中心のサラリーマンでニコニコしながら酒を飲んでる。
    いいお店かもしれないなぁ…、と。
    思い切って暖簾を押してガラガラ、ドア開け中に入った。

    はじめての店。
    前情報がまるでなくってただ直感で選んだお店に入るときってやっぱりかなり緊張します。
    おいしげな匂いと、元気な、でも元気すぎない「いらっしゃいませ」って明るい声にまずはほっと一息ついた。
    メニューを見、食べたかった料理や素材をあれこれ見つけてまたホッとして、ビールに料理をいくつかたのむ。
    すかさずお酒をお通しを、お待たせしましたって運んでくれた女性スタッフのニコニコ顔に、ああ、今日はこの店選んで正解!って、ニッコリしました。
    いい店のよな予感がします…、いい感じ。

    104b96a9.jpeg最初にお刺身。

    活のツブ貝、同じく活の北寄貝。
    ついさっきまで中に閉じこもってた貝殻従え、どうどうとした様がまずは見事で圧巻。
    どちらの殻も分厚くきれいで、健康的に育ったんだねぇ…、って感心します。
    身もツヤツヤして、肉感的。
    ツブ貝の身のコリコリしてて、最初は奥歯の上を落ち着き無くすべるように逃げ回る。
    とっかかりつけゴリっと砕くと、後はトロトロ。
    一気にどんどんなめらかになる。
    旨味に渋味、磯の風味がなんとも旨い。
    北寄貝は一転、クニュクニュ。
    歯茎をつつんで撫で回す、やさしい食感。
    味はやさしく旨味が強い、海の命を食べるよう。

    続いてカニのサラダが来ます。

    ed1a1fb4.jpeg居酒屋のサラダって普通、あんまり食べない。
    居酒屋まで来て…、って思ってしまう。
    けれど魚が自慢の店の、しかも冬に用意されてるカニのサラダとなるとなんだか期待をしちゃう。
    季節の料理の一つに載ってるサラダなんて、ステキですもん。
    しかもこれ以外にサラダなんて料理はひとつもなくて、程よい蟹が手に入りそれでサラダを作ってみました…、ってそんな作り手のメッセージ、したたか感じて、食べたくってしょうがなくなる。
    それでたのんで大正解。
    タップリとしたレタスの上にドッサリ蟹のほぐし身がのる。
    ドレッシングはマヨネーズとケチャップ合わせたオーロラソース。
    蟹の旨味を邪魔しない、シンプルだけど食べ慣れた、そしておいしいソースと一緒にパクッと食べるとこれが不思議とお酒をねだる。
    おもしろいったらありゃしない。

    カマの煮物とか焼き物があるお店って、飲む人にやさしいお店…、ってボクは思う。
    切り身のテリヤキなんかと違って、カマやアラは食べるのに時間がかかる。
    チュバチュバしたり、ベロベロしなくちゃいけなくて、手間かけながら食べる間に間にお酒で喉を潤すってのが、たのしかったりするワケです。
    ココにもカマやアラの料理がかなり揃ってて、中でも一番気になったのがブリのカマの塩焼きでした。

    7394dda9.jpegそれがこれ。

    大振りのカマ。
    それに塩をふっただけ。
    あとはコンガリ、皮目がバリっとなるまで焼いただけのほんとにシンプルなもの。
    なのに…、というか、あるいは、だから…、というべきか。
    おいしい。
    なにしろ味わい深い。
    脂が強くのっていて、焼かれるうちに体の脂が表にどんどん滲み出してくる。
    それが皮にまとわりついて、フツフツ沸騰するように皮をグイグイ揚げていく。
    だからパリパリ。
    サクサクするほどからっと焼けて、シットリとした身と好対照。
    一緒に口に放り込んでパクッと噛むとジュワッとまずは脂が滲み、続いてクチャっと身がやさしくほぐれて旨味を吐き出す。
    ああ、冬だなぁ…、って自然とまぶたが閉じちゃうおいしさ。
    やられます。

    a3dcfac8.jpeg鰈の唐揚げは食べ易いようにあらかじめ、身をそぎ切って骨とは別に揚げてのっける。
    骨の部分はかなり強めに揚げられて、だからバリバリ。
    まるで煎餅。
    身はふっくらとやさしく仕上げて、それをポン酢に漬けてどうぞという趣向。
    ここの料理。
    味の基本がしっかりしてる。
    醤油、出汁、味醂やお酢がそれぞれ正しく適切に、メリハリもって使われている。
    気取りが無い。
    親しみ易くてしかも記憶に残る味でもあって、かなり好き。

    サービスもいい。
    目配り、目くばせ、気配りがしっかりしてて、けれど決してベタベタしない。
    お客様も落ち着いていて、新橋なのに不思議なほどにタバコを吸う人が少なかったりするのもステキ。
    この店かなりのメッケモノ。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    ビーフン東で〆の〆 HOME 中華なランチにエクレアラッテ、マックでいたすPC仕事
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]