忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    05 2017/06 07
    S M T W T F S
    1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    新宿での用事と用事の間にお昼。
    でめ金に来る。

    demek.jpg串揚げの店。
    実は先週の金曜日から、串揚げのようなものが食べたくてしょうがなかった。
    あれこれ店を探しはしたけど、東京に串揚げの専門店ってあんまりなくて、しかもここはずっと予約で一杯で…。
    唐揚げを食べたり、海老フライカレーで気を紛らしたりしはしたけれど、やっぱり「串揚げ食べたい熱」が収まらない。
    それでここ。
    新宿西口のヨドバシカメラ周辺という、雑然とした雰囲気の街。
    チェーンストアのこれ見よがしな看板の、間に埋もれるように小さなお店が一軒。
    このお店にだけレンズを向けて、ファインダーを覗いて見ると、なんだか昭和な景色が目に飛び込んできてホッとする。

    今日の日替わり定食が「串揚げ定食」。

    2f827b02.jpegいつもは950円のが850円になるのが日替わり「サービス」の内容で、たしかに中身を変えるサービスもあれば、内容そのままで値段をかえるサービスもある。

    10席ちょっとのカウンターとテーブル1つの小さな店で、中で揚げ手のおじさんひとり。
    無口で寡黙にただただ油がはぜる音に耳をすませる様がストイックで良い。
    カラコロ、油の中で具材が水気を吐き出す音が店に響いて、早く出来上がって来ぬかとウキウキ、待ち遠しい。

    メゴチに卯玉。
    エビに、しいたけ、ししとう、カボチャ。
    ネギと牛肉をネギマのごとく互い違いに串に刺したのと、色とりどりが揚がってきます。
    細かなパン粉がギッシリ、しかし薄ぅくついてて、とても軽やか。
    油っぽくなく、素材の持ち味そのままに油の風味が彩り添える。
    旨味がギュギュっと凝縮されて、魚はフワフワ、野菜はシャキシャキ、肉ムッチリで多彩な食感がとてもうれしい。
    中でもウズラの玉子の旨いコト。
    カサカサのパン粉が破れてプチュンと白身がまずははじける。
    中からムチンと黄身が飛び出てそれがトロトロ、口のすみずみなめらかにする。

    カウンターの中にはもひとり、女性スタッフがひとりたち、ご飯を装ったりお皿に野菜を盛ったりと、これまた黙々と手を動かしてる。
    ボクの料理がひと揃いするその直前に、彼女はこう聞く。

    「お味噌汁は豆腐にしますか?それともわかめにしましょうか?」

    このお店の中に響く、お店の人の言葉は多分、ただこれだけで、その一言がお味噌汁の具というのがなかなか象徴的で好き。

    ab25fa8f.jpegここの味噌汁。
    すんごく旨い。
    串揚げって料理、ご飯のお供というよりもビールの相棒。
    けれどここでは、その串揚げをご飯のおかずにすべくいろんな工夫をしてる。
    例えばソース。
    山椒がタップリくわえられててそれがピリピリ、一口たべるとご飯を思わずおねだりするよな、そんな刺激をあたえてくれる。
    ご飯のホツホツ、パン粉に負けぬ程よい堅さで、なにより味噌汁。
    コクのある出汁。
    味噌をちょっと多めに使って濃厚にして、しかもネギがタップリ、ちらかる。
    この味噌汁でご飯を一杯、お代わりできる。
    そんな幸せ。
    よきお店。

    すべての仕事をつつがなく終え、事務所に戻る途中でマック。
    ネット環境に関するちょっと調べごとがあり、無線LANを借りにきた。
    アイスコーヒーたのんだついでに、100円マックに触手が伸びる。

    100yenmac.jpgハンバーガー。
    100円マックというシステムが出来てずっと、ハンバーガーは100円のまま。
    フッカリとした甘いバンズに、独特のパテ。
    ソースにピクルスというとても単純な組み合わせにして、これが一番、マクドナルド的。
    言葉を変えればアメリカ的な味でもあって、やっぱり旨い。
    これがボクにとってはハンバーガーのデフォルトなんだなぁ…、ってとても懐かしい気持ちになった。
    今の日本でおそらく一番、コストパフォーマンスの高い牛肉料理がコレに違いない。

    西新宿の電気街。
    そこのマックはお客様の半分程が外国人。
    インターナショナルな景色の中に、人目をはばかることもなくスティームカーラーで金色の髪を巻いては高く盛り上げる、アゲ嬢たちのはしゃぐ声。
    なかなかシュールな、これも日本の今的景色。
    さてさて、会社に向かいましょう。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    専門店
    串揚げ専門店行った事ないです。最近、お店の近くに出来て昨日行く予定でしたが、みんなが様子見てからにしようて言っておながれ。串揚げ専門店てどんな感じなんでしょう。無線LAN???僕、アナログでした。
    変わり者ミダさん / 2009/08/04(Tue) /
    今度、東京で?
    > 変わり者ミダさん
    上等な串揚げ屋さんは、パン粉をつかった天ぷら専門店みたいな感じ?
    ネタの自由度は天ぷら以上でとてもたのしく、多彩な料理が味わえます。
    今度東京でご一緒しましょうか?
    サカキシンイチロウさん / 2009/08/04(Tue) /
    美味しいお店!
    今度、上陸した時行きたいですね。我がお姫様も多分好きだと思いますので。串、神楽坂、思い出が…。あのエリアに足を踏み入れる事は、もう、ありません。
    変わり者ミダさん / 2009/08/04(Tue) /
    同じ串でも
    > 変わり者ミダさん
    同じ串でもここの串は最高ですよ。
    ぜひ。
    お姫様からいただいた宿題も今、解決すべく鋭意努力中です。
    サカキシンイチロウさん / 2009/08/05(Wed) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    煮込の千成、巣鴨の夜 HOME 秋刀魚の朝
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]