忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2017/11 12
    S M T W T F S
    1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    体内時計が狂ってしまうということが、たまにある。
    今朝がそう。
    驚くほどに早い時間に目が覚めて、しばらくベッドでぼんやりしてた。
    テレビをつけたら6時の時報。
    そろそろ、起きなきゃ。
    どうしようかなぁ…、って思ってそうだ、ご飯を食べに行きましょう。
    地下鉄にのり、そのままちょっと遠回りして御茶ノ水。

    山の上ホテルの山の上にて朝とする。

    yamanoue.jpg上等な和朝食。
    ふところの余裕よりも、心の余裕がたのしむためには必要になる、ゆっくり、ゆったり、気持ち落ち着け時間をすごす。
    テーブルにつき、ご飯のついた定食たのみ、新聞を読む。

    梅干にお茶。
    カメラを構えて、オヤッと思う。
    昔は楊枝が、跳ね上がる鯛を模した陶器の器に入ってた。
    それが今では漆の楕円の楊枝入れ。
    まぁ、それもよい。
    梅干含んで、お茶をコクッと少量飲んで潤して、口の中がほろずっぱくなる。
    洋朝食のまずは最初に柑橘系の酸味をおなかに流し込む。
    それとおんなじ、おなかの中の目を覚ます。

    丁寧に、丁寧に、時間をかけて作られた朝。

    1fcd227a.jpegジリジリと焼き上がりの音をまだ立てるがごとき、熱々の鯖。
    大根おろしをはさんで、しっとり、甘み控えめの玉子焼き。
    野菜と練り物の甘辛煮つけに、もずく酢、それから季節の野菜のおひたしなどなど。
    出来立てのモノがズラッとならぶという、このありがたさ。
    目にしみますネ。
    おなかにやさしく飛び込んでもくる。

    日本のホテルもよほどのところでなければこうして、和朝食を和食堂にてふるまいつづけるようなことをしなくなった。
    朝食バフェにご飯と汁と焼いた鮭を用意して、それで我慢してくださいな…、と、お茶を濁すところがほとんどで。
    よほど大きなホテルならば、テナントに入れた有名料亭の出店が朝をご用意しましょう…、ってそんな昨今。
    それほど客室をもってるわけでもないこのホテル。
    直営店にて和食に中華にフランス料理。
    カフェ、ワインバーとほぼ考えられる限りの飲食店を営業し続けているということ。
    頭が下がる。
    ホテルはその街を訪問する人のモノだけでなく、その街に住む人の誇りと便利のためにもあるモノ。
    そんな情熱、気持ちを感じる。

    さまざまな料理が並ぶも、ここのご飯で一番好きで、ありがたいもの。

    e1daf5a4.jpegそれがちりめん山椒であります。

    箸でつまむと、ほどよい塊でゴソッと自然に持ち上がる。
    ご飯にのっける。
    するとホロッと崩れてご飯の上に散らかる。
    そこをパクッ。
    じゃこの香りと、山椒のピリッと痺れる風味がご飯をおいしくしてくれる。
    江戸前の焼き海苔で、ご飯と一緒に、かるく包むようにして、口に運んで噛みしめる。
    海苔の甘さにビックリします。
    水気、多目でちょっとやわらかに炊き上げられた、ご飯が朝の乾いた体においしく感じる。
    ごちそうです。

    やっと体が目覚めます。

    仕事の時間にまだまだ間があり、それでスタバ。
    朝の余韻を壊さぬように、とコーヒーでなくお茶を選んで飲もうと思った。

    0f558eab.jpegとはいえ、スタバ。
    紅茶のバリエーションはそれほどなくて、それで赤くて冷たいお茶を飲むこととなる。
    パッションフルーツフレーバーのハーブティー。
    やさしい酸味。
    ほのかな香り。
    コーヒーにはない、人の気持ちをおだやかにする、そのやわらかさにホッとする。

    それにしても紅茶。
    あるいはお茶のさまざま。
    気軽においしくたのしめる、ファストフードがあってもいいのに。
    そんなことをブツクサしながら、勉強会のレジメを読みます。
    今日の仕事もたのしく、ステキにできますように…。

    さてさて、代々木で勉強会。
    今日は間違いございません。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    シェイクン?
    今年はシェイクンあるんでしょうか?
    それがちょっと気がかりです(汗)
    アイスのパッションティーにはアーモンドシロップ、
    お勧めですよ♪
    あっくんさん / 2009/06/09(Tue) /
    ホテル
    地元の方に愛されるホテルって、ステキですね。山の上ホテルは一度行ってみたい憧れの場所です。
    ゆっこさん / 2009/06/09(Tue) /
    ゆっくりと。
    山の上ホテルで過ごす優雅で上質な時間。贅沢ですよね。いつか行ってみたいなぁ・・・。
    りりこさん / 2009/06/09(Tue) /
    たしかにシェイケン
    > あっくんさん
    本当に今年もシェイケンがあるんでしょうかね。
    あれ、すずやかでとてもよかったんですよね。
    出るんだとしたら、待ち遠しい。
    パッションティーにフレーバーシロップ。
    いいかもしれません。
    試します。
    サカキシンイチロウさん / 2009/06/09(Tue) /
    東京が誇るホテル
    > ゆっこさん
    老舗ホテルがみんな苦戦するなか、独自な路線でがんばっている山の上ホテル。
    大切にしたいなぁ…、って思います。
    サカキシンイチロウさん / 2009/06/09(Tue) /
    上等な時間
    > りりこさん
    ここには上等で上品な空気がながれている、と思います。
    東京に疲れたときに駆け込む場所。
    あるいは、本来の東京を取り戻すために使いたい場所。
    ステキですよね。
    サカキシンイチロウさん / 2009/06/09(Tue) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    頂上麺 HOME 四ツ谷で勉強、中華に蕎麦
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]