忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 04
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    03 2017/04 05
    S M T W T F S
    1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    続くよ、続くよ、四谷三丁目のおいしい探索。
    気軽でしかもおいしいお店。
    老舗と呼ばれると居心地悪げな、普通にたのしく普通においしいお店がたくさんある街で、今日もそんな中のひとつ。

    天春という店にやってくる。

    tenharu.jpg新宿通りに面したちょっと古ぼけた普通のビル。
    1階はドラッグストア。
    地下には居酒屋。
    上の方にはオフィスが入ってる、典型的な雑居ビル。
    10人ほど座れるカウンターの中に揚げ場があって、あとは4人がけのテーブルが4つほど。
    典型的なてんぷら専門店の風情の中に、油の香ばしい匂いと出汁の香りが充満してる。
    おいしげな店。
    常連風のお客様でほぼ満席というほどよきにぎわい。
    こりゃ「当たり」だなぁ…、ってピンときました。
    ニッコリです。

    昼は天丼。

    f119e308.jpegランチ専用の1200円のお手軽天丼が売り物のようでして、座って何もいわなければ「天丼ですか?」ってことになる。
    何より気軽。
    大根の皮の部分を分厚く切って、それを塩でさっぱり漬けた浅漬けと、ぬる目のお湯で濃ぉく出された煎茶がまずはやってくる。
    てんぷらといえば大根おろし。
    だから漬物もその大根の皮を使った始末がなんだかありがたい。

    海老が2本にキスのてんぷら。
    それからイカのかき揚げがのった、キッチリとした天丼で、衣はサクサク、タレはスッキリ。
    甘みが変にしゃしゃり出ない、でも出汁の旨みがしっかりとしたワシワシ食べるのに適したつまりおなか一杯になるための天丼…、って感じがステキ。
    スッキリしてて食べ飽きないのが、すごくいい。

    それにあわせるしじみ汁。

    b703fc91.jpeg実はこれがここのお店の名物らしく、700円という汁らしからぬ値段なのにみんながたのむ。
    大き目のお椀の中にぎっしりシジミ。
    シジミの汁…、というよりも、貝の酒蒸し味噌風味みたいな感じで、そのボリューム感にまずはびっくり。
    汁は熱々。
    やけどしそうなほどに容赦ないほどの熱さにゴクゴク飲み込むこともできずにまずは、シジミの身をユックリせせる。

    たとえばとんかつ屋さんなんかで出てくる汁の中。
    10個ほどが申し訳なげに沈んでる、普通のシジミ汁のときには、面倒くさくて中身を食べるようなコトはしないのに…。
    そんなときにはシジミ汁のシジミは出汁をとるためのものって、思い切るのが粋なんだよね…、って勝手に思う。
    なのにこれほどの量でやってきちゃうと、こりゃ食べなくちゃ勿体無い…、って、心が不思議と入れ替わる。
    それで一個。
    また一個。
    貝殻持ち上げしゃぶるようにして丁寧に食う。

    みんなそうなんでしょう。
    貝殻入れにパシャンポシャンと次々、殻が落ちてぶつかる音が店中に響きます。
    天丼、一口。
    もぐもぐしながらシジミを10個ほどしゃぶって食べて、そして天丼一口…、のようなそんな食べ方。
    手が忙しい、たのしいご馳走。
    そのうち汁も冷めてきて、貝出汁きいた赤だしすすって、ああ、旨い!

    食事が終わると、殻入れにこんもり山盛りの殻。

    6472c9f2.jpegまるで貝塚。
    これを「四ツ谷貝塚」と名づけましょう。
    おいしい貝塚。

    食後のデザートにサービスしました…、って甘夏二切れもらって食べて、それにしてもおいしかったネ。
    ご飯の固めの炊き加減も、それを包み込む油交じりのタレも見事においしい、一級品。
    なによりイカのムッチリとした歯ごたえと、その食感をたのしむためにワザワザ大きく刻んだ具合が絶妙だった。
    天丼だけでも十分おいしく、またやってこようと思うに十分。
    けれどなにより、このシジミ汁にはやられたなぁ…。
    主役を食った脇役の、個性にやられた。
    こうした特長の出し方や、おもてなしもあるんだよね…、とちょっと勉強。
    たのしんだ。

    表に出ると、このランチメニューの看板に「知る人ぞ汁」って書いてある。

    39320d4c.jpeg知る人ぞ知る汁じゃなく、知る人ぞ「汁」シジミ汁。
    なかなかステキな駄洒落であります。
    おもしろい。
    夜はしっかりとしたてんぷらコースもあるようで、けれど同時に夜、丼だけをたのしむこともできる気軽がなんだかステキ。

    ちょっとひいきにしてみましょう。
    いい店、一軒、発見です。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    無題
    サカキ様
    ぐるりねっとは、どうなってしまったのですか?
    一切説明が無く、ご自身はこちらでご活躍のようですが。
    不信感さん / 2009/04/26(Sun) /
    グルリネット
    > 不信感さん
    サーバが海外からのスパムメールの攻撃で完全にダウンしてしまっています。
    その復旧に時間がかかってしまって、どうしようもない状態。
    現在、ぐるりねっとそのものはOGMの管理下になく、サーバ管理会社の鋭意努力に身をゆだねるばかりの状態となっております。
    ダウンして一週間。
    ぐるりねっとをご利用のみなさまにもご迷惑をかけることとなっておりますが、まだしばらくの時間を頂戴することになりそうです。
    今までの日記やデータは消さぬように…、との復旧方針が、一層の作業の煩雑さにつながっているようでもあります。

    ぐるりねっとの今後の運営のあり方も含めて、一度、リセットをしなくてはならなくなる最悪の事態も考えられます。
    とはいえ、ぐるりねっとが復旧せぬ限り、このようなお知らせをする手立てもなく、きわめて悩ましい状況にあることを、お詫び申し上げます。

    ぐるりねっと。
    皆様に愛されたすばらしいインフラであったのだなぁ…、と改めて襟を正す気持ちであります。

    よろしくご理解、お願い申し上げます。
    サカキシンイチロウさん / 2009/04/26(Sun) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    五木のちゃんぽん・ヒトリメシ HOME ニチアサンド
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]