忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2017/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    山の上で朝。

    yue.jpgいつもの電車を降りるべき駅で乗り過ごし、テクテク歩いてご飯を食べに坂道上がる。
    それと一緒に気持ちが上がる。
    いい気持ち。
    コンクリートにガラスに鉄骨。
    地面もほとんど、タイルか石かアスファルト。
    地球がため息、つくことさえも出来ぬほどがんじがらめでホコリっぽくある東京の街。
    ココだけ不思議とみずみずしくて、ホッとする。

    露地に打ち水。
    植木の葉っぱもツヤツヤ、緑に輝く一角。
    小さな看板がポツンとあって、おもわず「ただいま」って言いたくなるようなそんな風情にニコリとなります。
    おはよう、ボクの、山の上。

    朝日のあたるテーブルの上。

    0574f3cf.jpeg梅干し。
    ほうじ茶。
    分厚いおしぼり。
    開くとフカフカ、中にタップリ湯気を含んで思わずそこに、顔、埋める。

    ああ、生き返る。
    蒸気が顔の毛穴を開き、日頃の汚れをこそげとる。
    汗もスパッと引いてさわやか。
    梅干し一個を舌にのせ、酸味がジンワリ滲んでくるのをたのしんで、お茶をこくっと流し込む。
    焙じた茶葉のひねた匂いが、梅の香りを包み込み、朝の口をスッキリさせる。
    新聞開いて今日もたのしいニュースとさみしいニュースの分量比べて、今の時代はさみしいニュースが幅を利かせる時代なんだなぁ…、って。
    ひとつひとつの出来事を個人レベルで考えるなら、多分、たのしいニュースの方が多いのだろうけど、社会全体という単位にすると不思議と重たくさみしくなっちゃう。
    負けちゃいけない…、ってそうおもいつつ、背筋を伸ばした。

    そしてこれ。

    d6ffd3ea.jpegいつもの朝のぜいたくご飯。

    今日はいつも以上に焼けた魚の香りが強く、ジリジリ焼ける音まで聞こえるような気がした。
    おもしろい。
    焼いた魚と一緒に小山に盛った大根おろしと卵焼き。
    出汁を含ませユルンと焼いた玉子をしばらく休ませて、提供する前にやさしくちょっとあっためた、焼きたてじゃない。
    でもだからこそ、出汁と玉子が慣れてなじんでひとつになったやさしい味わい。
    これもこれにてまたおいしい。

    油揚げで白滝包んだ宝袋に、ニンジン、それから角をキレイにそいでおとした大根煮。
    見事な飴色。
    口に含むと醤油の香りがポワンとし、舌と上あごでそっと挟むとジュワッと出汁が滲みだしてくる。
    これぞ和食…、な感じにウットリ。
    ズイキを煮たのや、もずくの酢の物。
    季節においしい料理さまざま、箸が迷ってしまうのはお行儀悪いとわかっていても、箸が迷ってまたたのし。

    ちりめん山椒をご飯にのせる。

    009f96fb.jpegそして海苔でクルンとくるんでパクッと食べる。
    濃い味わいのじゃこが潰れてご飯と混じる。
    シットリ、ハラハラ、細かな食感が口を満たして、ときおりパチっと山椒の痺れが奥歯ではぜる。
    ご飯のお供に何が一番?って聞かれたら、まず間違いなく、ちりめん山椒と答える好物。

    季節の野菜の浅漬けや、ホロホロっとした明太子。
    焼き海苔、それから佃煮。
    健康的によい和朝食は、炊きたてご飯をおいしくたくさん食べられるように最適化されているのがありがたい。
    ご飯も旨い。
    出汁のきいたなめこと豆腐のお汁も旨い。
    ありがたい。

    昼は揚げたて天ぷらを待つ人たちでいっぱいになるカウンター。

    123c47a4.jpeg朝はひっそり。
    誰も座ることなく静かに、くるべき昼を待っている。
    カウンターの後ろに控える木の扉。
    天ぷらのネタを休ませておく「氷蔵庫」。
    電気やガスで冷やした空気は、容易く素材を冷やしてくれる。
    けれど同時に庫内の空気を乾燥させて、素材のみずみずしさを台無しにする…、だから氷でいまだに冷やす。
    最新技術がすべてよし…、ではない世界がこうしてあること。
    なんだかとてもうれしく思う。

    今度はここに昼来て天ぷら、いただきましょか…。
    そんなことをふと思う。
    今日は近所で勉強会。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    皆既日食がキレイでしたよ〜
    こんにちは!今日は日食に沸き立った一日でした。私は直接とはいきませんでしたが見られました(私のブログに「ダイヤモンドリング」なる写真のリンクがあるので見てください♪めっちゃ神秘的!ですよね。)次回は26年後だそうです。楽しみですね。
    りりこりあさん / 2009/07/22(Wed) / URL
    ボクもぼんやり
    > りりこりあさん
    あいにくの天気で、直接ってわけにはいきませんでしたけど、ちょっとワクワクしましたね。
    リンク。
    拝見します。
    サカキシンイチロウさん / 2009/07/22(Wed) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    ミートソースにタリーズの午後 HOME 大人な夜の秋葉原
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]