忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    遅めの昼を、壁の穴。
    今日は明太子じゃなく、ミートソーススパゲティーにする。

    338c1a70.jpeg先日、朝の明太子スパゲティーの日記を書いたらそこに「ミートソースもおいしいですよね」ってコメントもらった。
    そうだ、そうだ、そのとおり。
    スパゲティーボロネーゼなんかじゃなくて「ミートソーススパゲッティ」。
    茹でた麺に油をそっとまとわりつかせ、お皿に盛ってミートソースをかけただけ。
    ナポリタンとミートソースが、ボクら日本人にとってのスパゲティーのデフォルで、他のお洒落なパスタはみんな後からやって来たモノ。
    古けりゃいいってコトじゃないかもしれないけれど、それを食べるとやっぱりどこか、なつかしいような気にしてもらえる。

    ひき肉、タマネギ、マッシュルームがどれも同じ大きさに刻まれていて、麺の食感をじゃましないよう食感そのものはとても控え目。
    トマトの酸味が強めに尖る、スキっとしたソースがちょっとケチャップ的で、甘くておいしい。
    使い放題のパセリに粉チーズをタップリかけて、それからタバスコ。
    テーブルの上の調味素材をフル動員して味ととのえて、さていただきます。
    ソースがひときわタップリかかった部分にフォークをガサっと入れて、クルクル手首を回して巻き取る。
    ソースまみれのパスタを頬張る一口目。
    カレーライスもミートソースも、最初から全部混ぜてしまうのはあまり好きではありませんで、一口ごとの味の変化をたのしむような食べ方が好き。
    最後までソースがしっかり残るよう、加減するのもサスペンス。

    食後をタリーズでぼんやりとする。

    ecc97f04.jpeg夏の冷たいシーズンドリンク。
    グワバとパイナップルのスワークル。

    氷をジャジャっとブレンダーミキサーでシャーベット状にして作るコーヒー専門店的コールドドリンク。
    それらの中でも一番みずみずしくてさわやかなのが、ここのスワークル。
    ポッテリしてて、でもなめらかな飲み心地だって、多分、業界1じゃないか…、ってひそかに思う。
    特にフルーツ系のは「飲めるフレッシュフルーツ」みたいな感じでお気に入り。

    グワバ。
    あるいはパイナップルに代表される、南洋フルーツってちょっとした喉にひっかかるようなとげとげした甘みをもってる。
    不思議なことに…。
    生まれてはじめてハワイという島にいき、時差にげんなりしているお腹の中にグワバのジュースが流れ込んできた途端、そのトゲトゲにウゲッとなった記憶があって、それからあんまり好きじゃない。
    けれどこうしてパイナップルやパパイヤみたいな他の南の果物と、一緒にするとトゲトゲ同士が絡み合い、おもしろいほどやわらかになる。
    これもとてもなめらかで、しかも南の香りはそのまんま。
    とてもたのしい飲み心地。
    ハワイがちょっと、なつかしい。


    ところで、ところで…。
    さて、これ何だ?

    tugo.jpg丸いプラスティックの枠の両側に、二本の同じ素材の紐のようなモノがくっついている独特の形状のコレ。
    何に使うモノなのか?
    ヒントを三つ、お出ししましょう…、ちょっと考えてみてください。

    [ヒント1]
    旅行や出張で飛行場だとかあるいは駅で重宝します。
    [ヒント2]
    コーヒー好きさん御用達。
    [ヒント3]
    荷物が多くてトロリーケースが手放せません。

    って、ヒントを書きつつ、まるでこれ。
    ボクのために作ってくれた商品じゃない?って、思ったりした。
    さて何でしょう。

    答えは続きの部分に書いておきます。
    何でしょう?

    テイクアウト用のコーヒーカップのホルダー…、なんです。

    332da69c.jpegおもしろいでしょう?
    紐のようになってるところをトロリーバッグのハンドルに引っかけ、サイズをあわせてピタっと留める。
    丸い部分にカップをポコンとはめ込めばよほど前後にバッグを倒すようなことさえしなければ、中のコーヒーをこぼすことなくバッグと一緒に運べるというモノ。

    便利そうなアイディア商品。
    スタバやタリーズが駅や飛行場に当たり前のようにある。
    しかも飛行機や電車やバスになるべく荷物を預けず、自分でずっと持ち運ぶ。
    だからトロリーケースが日本以上に一般的な、アメリカならではのアイディアでしょう。
    まさに必要は発明の母…、な商品。
    おもしろい。

    tugoってこの商品の名前もイカす。
    多分、アメリカでテイクアウトを意味する「to go」に引っ掛けた、粋でわかりやすいネーミング。
    一個9ドル95セントにて、今ならオンラインショップで在庫あります。
    いかがなり。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    まぜまぜ〜
    韓国では、カレーであれ、かき氷であれ、食べる前にひととおり混ぜる、という習慣があるそうです。私は、混ぜない方が好きですね。でも、混ぜたら混ぜたで、うまい具合に味がミックスして美味しいらしい・・・真相のほどは??ですね(笑)
    りりこりあさん / 2009/07/22(Wed) / URL
    ビビン
    > りりこりあさん
    ボクはビビンパは混ぜまぜ。
    パッピンスは混ぜないで…、な感じですかね。
    カレーも混ぜない、結構、最後までどうなるのかスリリングな食べ方が好きなのかもしれません。
    サカキシンイチロウさん / 2009/07/22(Wed) /
    おっと!
    どうもどうも。
    サカキさんの食欲アンテナを少しでも反応させる事が出来たようで
    何とも嬉しいです(笑)

    ピザ(ピッツアではなく)がアメリカ経由で上陸したように
    ミートソースもボロネーゼがアメリカ経由で変化したのかな?
    などと想像しながら頂くと、また楽しいです。

    ちなみに、私も均一に混ぜないで頂くクチです。
    タカハシケムヂさん / 2009/07/23(Thu) /
    思いっきり反応しちゃいました!
    > タカハシケムヂさん
    マンマのボロニエゼじゃなくて、食堂のミートソース。
    たしかにどことなく「チリビーンズ」っぽいアメリカの味がしますよね…、ここのミートソース。
    堪能させていただきました。
    チーズにパセリを、申し訳ないくらい使っちゃいもいたしました。
    サカキシンイチロウさん / 2009/07/23(Thu) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    夜中までやる弁天庵 HOME ヤマノウエ、ヤマノウエ
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]