忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    夜…、秋葉原。
    久しぶりに旨いトンカツでも食べますか…、と丸五を目指してやってくる。
    お茶の水を目の前にして、もう頭の中には丸五の色白トンカツがポワンと思い浮かんできます。
    秋葉原の電気街のネオンが見えると、もう鼻先に胡麻油の匂いが香るような気さえして、気もそぞろ。
    店が近づく。
    あら?どうしたの…、お店があるはずの角が真っ暗。
    おやおや、今日は定休日。

    腹は減る。
    雨は降る。
    途方にくれて、とぼとぼ歩き、目に入ってきたのがこのお店。

    akatsuka.jpg赤津加という店。
    サイバーチックにギラギラとした秋葉原なる街の真ん中。
    傾きながら、踏ん張って、白壁、瓦の昭和の建物が未だひっそり建っている。
    前から何度もこの店の前を通り過ぎ、どんな店なんだろう?
    お店の前には刺身、天ぷら、干物におひたし。
    居酒屋メニューが木札に書かれて打ち付けられてて、酒場っぽくて大衆的な店なのかなぁ…、と思いはするけど、なかなか入る勇気が出ずに、ほったらかしにしていたお店。

    普通過ぎて、逆に取っ付きづらい独特のオーラを発散していて怖い。
    暖簾に引き戸。
    ここをガラッとあけたらば、どんな世界が待ってるんだろう…、って。
    心強いことに今日は勇敢なる仲間が2人。
    3人ならば束をなし、何かあっても耐えしのぐこともできますでしょう、とそれでガラッと戸を開く。

    de7fc784.jpeg想像以上に昭和な景色。

    お店の真ん中には15人程が座れるコの字型のカウンター。
    中には酒燗器。
    冬にはおでん鍋なんかが置かれるんでしょうか?…、コンロや古い冷蔵庫が無造作に転がっていて、そこに昭和なおじさんたちが並んでビールを手酌で飲んでる。
    色っぽい大女将さんと、その娘さんと一目で分かる女将さんが一緒に働く、ああ、なんとのどかでステキな景色。

    そのカウンターを囲むように小上がりがあり、2階には宴会場があるのでしょうね。
    笑顔のおじさんたちが二階に上がる階段を、行ったり来たり。
    ○○さん、お車、到着いたしました…、とかっておなじみさんを呼び出す声が、カラコロ響く、昭和劇場をみているようなそんな気になる、たのしいお店。

    メニューはまるで普通のモノしかありません。

    0f5b6e26.jpeg季節の刺身がありはするけど、メニューの一番、目立つところにあるのはブツ。

    マグロのブツや、たこのブツ。
    赤身の冷やっと温度以上に冷たく感じる分厚い切り身。
    ほんの少しの酸味を帯びたマグロ独特の旨味がジュワッと口に広がる。
    クチャっと奥歯で潰れるタコ。
    無造作に切り、無造作に盛る。
    けれど細かに刻んだキュウリのツマや、ネットリとしたすったばかりの生わさびなど、あしらい一つにも手を抜かぬ、ああ、いい店だなぁ…、とニッコリとなる。

    普通の刺身はお行儀よくして料理を味わってくださいね…、というお店からのメッセージ。
    けれどこうしたブツ切りは、たのしく気軽に飲んでくださいって言われるようでホッとする。

    穴子の天ぷら。

    0a04c754.jpegムッチリとした分厚い穴子。
    脂がのってて、噛むとムチュンと歯切れて旨味を含んだ蒸気を吐き出す。
    バリっと厚めの衣は頑丈。
    料理屋の揚げるはしから次々、口に運んでもらえる天ぷらならばフワッと薄めて軽い衣がおいしく感じる。
    けれど居酒屋。
    時間をかけてちょっとづつ、酒のつまみに食される天ぷら衣はバリっとしてて分厚い方がおいしい状態が長続きする。
    大根おろしと生姜も出来立て。

    ただただおいしい料理を作ってふるまうのじゃなく、食べ手の食べ方にあわせた料理をしっかり作る。
    唯我独尊ではないやさしさが、結構、好き。
    お気に入り。

    それから肉じゃが。

    33cefbc8.jpeg甘めの出汁でご家庭風で、ジャガイモ、豚肉、牛筋と、最小限の素材で素朴にかっちり作る。
    いい店だなぁ…、ってそう思う。

    それにしても大人の飲み方…、ストイック。
    ほとんどの人が1つか2つの料理を取って、それをユックリ時間をかけて啄むようにたのしんでいく。
    酒をグビっ。
    料理を一口。
    酒をペロっ。
    料理をひとかけ…、の繰り返し。
    おしゃべりするでなく、ただただしみじみ、自分のお腹に言い聞かせるように酒をたのしみ肴をつまむ。
    飲んで騒ぐ人がいるわけでなし、ほとんどの人が〆も食べずにほろ酔い加減で帰ってく。
    これが日本の男の楽しみ方よ…、とボクら若造に教えてくれているような、大人なお店。
    まだもう少し、人生経験積んでから来た方がよかったのかもしれないなぁ…、と。
    そんなコトさえ思ったりした、勉強な夜。

    アキバの街をテレンテレンと歩きつつ、〆の場所を探してさまよう。

    秋葉原という街。
    夜になると寂しくなること甚だしくて、容易に探せる飲食店はラーメン、カレー、牛丼それからドネルケバブのようなモノ。
    大人居酒屋の続きに食べて様になる、〆はどこかにありましょうか?と探した結果。

    3b168d96.jpeg最近、積極的に出店してる、お茶漬けの店。
    「えん」に来る。

    この店が入っている「アキバイチ」というオフィスビル内の商業施設。
    どこも苦戦してるのでしょう?
    元気がなければ、お客様の姿もまばら。
    流行っていたのはお好み焼きの専門店と、海鮮丼を売りにしている気軽な居酒屋くらいなもの。
    昼にはもっと違った賑わいに包まれるんだろうけど、オフィスビルから人がいなくなってしまった後のまるでゴーストタウンみたいな雰囲気。
    気持ちが冷える。
    この店も、ほぼ貸し切り状態でユックリできはするけど少々、寂しい感じ。

    イワシと青唐辛子の味噌和えをのっけたお茶漬け。

    f4d9cb24.jpeg今の季節の限定品というコトで、思わずたのむ。
    つくづく「季節」であったり「限定」であったりという言葉に弱くできてる、ワタシなりぃ。
    で、このお店。
    料理はうまい。
    米の炊き加減、その分量。
    ほどよき具材の味付けと、なにより鮮度の高さも見事。
    それに出汁。
    昆布の甘みと風味とぬめり。
    それにいりこのエグミと酸味をほのかにたたえたスッキリとした旨味と風味。
    サラサラ茶漬けで食べた後、出汁だけ飲んで口をリセット。
    お腹も気持ちもホッとする。

    店を出る。
    ビルを飛び出し広場に出たら、突然、豪雨。
    いわゆるゲリラな豪雨が襲う。
    亜熱帯的なる東京から、逃げるようにして電車にのった。
    逃げ切った。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    ヤマノウエ、ヤマノウエ HOME 関根カレーに小心者のBig Mouth
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]