忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2017/11 12
    S M T W T F S
    1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    柿安。

    kakiyasu.jpg三重に本店を持つ松阪牛がおいしい日本料理店。
    デパ地下にデリの売り場をもってたり、郊外型のショッピングモールの中にハンバーグのお店を最近、積極的に展開してる。
    そこの東京、銀座のお店

    ランチがちょっとおもしろい…、というのできます。
    場所は「あの」行列で有名になったH&Mの入ってるビル。
    銀座の大通りに面したビルの、けれどH&M以外のテナントの入り口はビルの反対側に作られていて、グルッと回って裏から入る。
    目抜き通りにあるのに裏路地にある隠れ家風のちょっと不思議なロケーション。

    和食の会席仕立ての料理や、すきやき、しゃぶしゃぶがたのしめるランチにあって、今日の目的はハンバーグ。

    b86836b2.jpegすき焼き風の和牛入りハンバーグ…、というもので、これがほんとにおもしろかった。

    一人前の小さなすき焼き鍋にごぼうやパプリカ、たまねぎなどの野菜をまずしく。
    そこに割り下。
    オーブンで焼き上げたハンバーグをのせ、グツグツさせてコンロにのせる。
    水菜を最後に、パパッとちらし湯気もうもうで客席にまで運ばれる…、という、つまりここでいう「すき焼き風」とは味付けだけがすき焼きなのでなく、「提供の仕方や食べ方」までもがすき焼き風というオリジナル。
    生卵が一個つきます。
    それをときほぐして、ハンバーグをつけながら食べてもいいし、鍋の中に流し込み、具材を卵とじのようにしてもよい。
    ボクは後者のスタイルで、鍋がまだまだ熱いうちに、卵を入れて火を通す。

    これにご飯に味噌汁、お新香がつき、追加料金でサラダが選べる。

    ba36aaba.jpegサラダをつけて1500円ほど。
    銀座の街ではほどよい値段。

    熱々のをさっそくフウフウ、食べてみる。
    日本人って、やっぱりこうした甘辛いしょうゆ味の食べ物が好きなんだよなぁ…、って実感します。
    ご飯にあうもの。
    残念なことにハンバーグのパテそのものは、そっけないほど味気ない。
    けれどたとえば、すき焼きの割り下で煮込まれた野菜をのっけて食べるとまるで、肉団子のような味わいになる。
    出汁をタップリ吸い込んだふわふわ玉子と一緒に食べると、照り焼きハンバーグ玉子のっけ…、みたいな味で、ご飯によくあう。
    間違いない味。

    そしてなによりおもしろいのが、ここのこれにはうどんが入ってる。
    すき焼きの〆のすき焼きうどん。
    ボリュームもつく。
    それだけじゃなく、茶色くなるまで煮込まれたうどんがこれまたご飯のおかずにぴったりで、なんともたのしいおもてなし。

    おもてなしと言えば、この店。
    おどろくほどに、サービスに手間をかけてる。

    e822bdaa.jpegお店に入ってお茶がやってきて、でも今日のあまりの暑さに、まずはお水が飲みたいなぁ…、と一人が言った。
    テーブルを囲んだのはボクを含めて三人で、接待係さんは当然のようにグラス3個分の冷たい水をもってきた。
    お水のお替りをたのんだときもそう。
    商品の説明もほどよく丁寧で、たった1500円でこれだけのことをしてもらって申し訳ないくらいだよねぇ…、って感心してたら、最後にお煎茶。
    ぬるめのお湯で丁寧に、時間をかけて入れたのでしょう。
    甘くて香りが鮮烈で。
    ちょっと時間をかけた昼の会食なんかに使うといい店…、ってそう思います。

    勉強、勉強!

    食後のコーヒーをちょっとあるいて、カフェー・パウリスタ

    paulista.jpg明治44年に創業の店。
    西暦にして1911年でありますからして、あと2年もすれば100歳になる。もともとコーヒーの輸入商として、まだ日本人になじみのなかったコーヒーを普及させるための場所として始めた商売。
    今のこの店ができたのは大阪万博の開催された1970年。
    低い背の合皮張りのソファに、木のテーブル。
    高い天井。
    明るい癖してどこかに影を残したコクのある、濃厚な空気感がまさに昭和の喫茶店。

    妙にジットリ、汗かくような蒸し暑い日。
    アイスコーヒーでも飲んでやろう…、と思って入って椅子に座って一息ついて、やっぱりここはコーヒーだな…、って。
    ぽってりとした分厚いカップになみなみ注がれた熱いコーヒー。
    大人味。
    ファンを作ろう。
    自分がよいと信じるコトを、一人でも多くの人に伝えよう…、とそう思いながらやる商売の、強くて確かでやわらかなこと。
    コーヒー飲みつつ、思い知る。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    無題
    カフェパウリスタ。
    いいですね。
    同じビルの地下の吉宗でお昼を食べて、
    食後のコーヒーをパウリスタで・・・とか。
    tonamiさん / 2009/06/10(Wed) /
    茶碗蒸しも…、ですよね。
    > tonamiさん
    そうそう、地下の吉宗のタップリとした茶碗蒸しと、蒸し寿司の組み合わせ。
    いいですよねぇ…。
    銀座の中でもかなりクラシカルな雰囲気をたたえたこの界隈。
    好きです。
    サカキシンイチロウさん / 2009/06/10(Wed) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    80年代のロイホのなぞり HOME ハモンセラーノサンドイッチ
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]