忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    今週は出張つづきで、いささかグッタリ。
    いろんな街でいろんな人たちに出会って話して、元気をもらってだから気持ちは充実している。
    けれどさすがに体はグッタリ。
    元気な気持ちの入れ物にふさわしくないヘトヘト加減に、よっしゃ、肉!…、と、牛込にゆく。

    肉食堂。
    アンティカ・オステリア・カルネヤなる店。

    766aa9fc.jpeg焼肉屋さんが実家でしかもイタリアで修行したというオーナーシェフが作り出す「肉天国」のような小さなお店。
    昔、このお店の近所に住んでいたこともあり、できて早々、一度、来た。
    たちまちお気に入りになったものの、それから来る機会を逸していました。
    ごめんなさい。
    ひさしぶりにやってきました、ワクワクです。

    黒板メニューにズラッと並ぶ、魅力的に過ぎる料理の名前の数々。
    どれもあまりに魅力的にて、なかなか決まらぬ。
    それでワインをもらって飲みつつ、ジックリ時間をかけて選んだ。
    まずは前菜。

    牛肉レバーのカルパッチョ。

    604ed8f5.jpegぶっちゃけ「レバ刺し」であります。
    しかもそのレバ刺しの中でもかなり上等で高品質の…。
    分厚くそがれたレバーの端が、カキッと見事に角張っている。
    韓国料理のレバ刺しならば、ごま油に塩に生姜というところ、オリーブオイルにハーブ野菜にバルサミコ…、というまさにイタリア料理的なる味の調え方で盛り付け方もカルパッチョ。
    つやっぽい。

    そっと持ち上げ、舌の上にそっと置く。
    トロンとしたなめらかが、ピトッと舌の上に貼りついて、鼻からレバーの香りがフワッと抜けます。
    噛もうとすると前歯にしたたか抵抗し、プチッと弾けてパチッと歯ぎれる。
    ムチュンとそれが前歯を包み、歯茎をなでて旨みをジュワンと吐き出しながら、喉をスルンとなでながら、ユックリおなかに落ちてゆく。
    ああ、肉感的でセンセーショナル。
    体の中にエネルギーが流れ込んでくる。
    ご馳走です。

    肉人のためのスパゲッティカルボナーラ。

    9c3ad155.jpeg挑戦的なネーミングにて、こりゃたのまずばなるまいて…、とたのんだコレの、期待以上に「肉」っぽいこと。
    パスタの上に、サラミのグリルとじっくり煮込まれた牛肉の塊がドサッと乗ってる。
    サラミの脂の香りの濃厚なこと。
    ホロホロッと口の中でほぐれて崩れる、恐ろしいほどに上等なコーンビーフのような牛肉。
    それをおかずにパスタを食べる…、って感覚ですか?
    しかもそのパスタそのものがまた肉っぽい。
    クルルンクルンとパスタをフォークにまきとって、口に入れると瞬間、舌の温度が5度ほど上がる。
    熱々だから上がるんじゃない。
    あまりの旨みに舌がビクッと驚いて、自分で熱を出していく。
    口の中がおいしい熱病に犯された…、ような感覚。
    もう、虜。
    乳の脂肪がトロンととろけて、唾液と混じる。
    口中の唾液を総動員して立ち向かわないと、そのどっしりとした旨みに口が負けてしまいそうな、そんな濃厚。
    ウットリです。

    そしてメイン。
    庄内牛のリブロース。
    それも500gの塊をガシッと焼いたイタリア風のステーキのこれ。

    f00e2758.jpeg脂よりも赤身がおいしく、しかもガッシリたくましい。
    表目ガリッと強めに焼いて、中はきれいなローズ色。
    噛む、噛む、噛む、噛む。
    顎においしく、旨み強烈。
    綺麗に入った脂の部分が、クチャッとつぶれて噛んでも噛んでもなかなか溶けてなくならない。
    甘い香りに、歯茎にヌルンとまとわりついてくるゼラチン質をゴックン飲み込む。
    ああ、色っぽい。

    塩を多めにほどこしてよく焼いた分、自分の脂でよく焼けてるんでしょう。
    脂と塩が一緒になって火に焼かれ、カラメルっぽさを手に入れて、まるでソースみたいになっている。
    だからソースや薬味をまるで全然、必要とせぬ。
    肉の旨みでガンガン進む。
    カリッとちょっと炭っぽい、その香ばしさがまたおいしくて、500gをたった二人でペロリと食べる。
    平らげる。
    サクサクホクホクのポンムフリッツを添えてもらって、ガッツリ食べる。
    天国です。

    ルッコラのサラダで、口のリセット、体の中のリフレッシュ。

    f541a4b6.jpeg初めてルッコラなる野菜を食べたときにはびっくりしました。
    小さなほうれん草のような葉っぱ野菜。
    なのに口の中にいれると、ゴマのような不思議な香りが漂ってきて甘み、シッカリ。
    噛むとどんどん口の中でトロンとしてきて、まるでハーブのソースのようになっていく。
    こんなおいしい野菜があるんだ…、ってしばらくとりこになりました。
    でも、高かったなぁ…、ルッコラ。
    ルッコラ・香菜・アンディーブ。
    昔は専門店でないと手がでない希少な野菜が、今では普通にスーパーマーケットでも手に入る。
    食の世界が多様になること…、すばらしきこと。
    感謝する。

    さすがにおなかいっぱいで、デザート代わりにエスプレッソを一杯もらう。

    5c3e7032.jpeg砂糖タップリ。
    大きめスプーンに3杯ほどいれ、クルクル、かき混ぜトロンとしたのをコックリと飲む。
    甘みに苦味にほのかな酸味が、飲み物というよりデザートですな。
    男のデザート。
    飲むとスッキリ、めまいしそうなほどのおなか一杯がほんの少々、楽になる。

    不便な場所です。
    都心であって、でも住宅街のど真ん中で、まわりにコレといった商業施設もまるでないのにほどよく満席。
    好きなお店がこうして人気を獲得すること。
    とてもうれしい。
    まもなく平日の昼も営業を始めるという。
    しかもハンバーガーやミートソースのスパゲッティとか、肉がおいしいレストランとしてランチを始める。
    ワクワクします。
    今度はお昼にまいりましょうか。
    おごちそうさま。
    またきます。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ここおいしそう!!
    hpチェックしましたが、メニューみながらよだれじゅるじゅるです。
    またここのブログがいいですね。
    肉肉しい写真が並んでるんだけどまったくどぎつくなくってなんだかおされ。
    家から近いので今度行ってみます!
    野口小姐さん / 2009/04/26(Sun) /
    おされな上に、旨いです!
    > 野口小姐さん
    旨いです。
    なによりやってる人の人柄がとってもよくって、滲み出すのは肉汁だけでなく人情もね…、って感じでもあります。
    日本人が好きな肉の食べ方を一生懸命考えて料理を作ってる。
    そんな感じも悪くないです。
    ぜひ、今度、ご一緒しませんか?
    サカキシンイチロウさん / 2009/04/26(Sun) /
    無題
    ぜひぜひ!
    って最近なんだか、お肉日記ばかりコメントしているような…ww
    野口小姐さん / 2009/04/26(Sun) /
    ニクマツリ
    > 野口小姐さん
    肥後の猛婦は、肉娘でもあった…、ということでございましょうか。
    やっぱり肉は元気の源でありますね。
    サカキシンイチロウさん / 2009/04/26(Sun) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    ニチアサンド HOME マクドナルド考
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]