忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    08 2019/09 10
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    虎ノ門のビストロ。
    プティトノーにてランチミーティング。

    tono.jpg今日のこの会食をどこにしようか…、ってちょっと迷った。
    で、天気予報を見たらば今日はよい天気。
    ならばとココを選ぶコトにした。

    ビルの林の真ん中に、ポツンとここだけ一戸建ての田舎家が建ってるみたいな風情がステキで、折角だったら天気のよい日にやってきたい。
    あけはなれた大きな窓から日の光がさんさんとふり注ぎ、気持ちいいことこの上ない。
    話しもはずむし、食事も一層おいしく感じる。
    なにより、普通にランチで客席が予約できるのがありがたい。
    オフィス街のレストランでは、お昼に予約を取りたければコース料理をたのみなさい…、みたいなコトをいう店が結構最近、多くなってる。
    そんな面倒なこと言いっこなしよ…、のおおらかなとこがかなり好き。

    パスタや今日の料理がそろうランチセットの中にあって、やっぱりボクはここのステックフリッツが好き。

    98a33b77.jpeg赤身のステーキ。
    それにカリッと揚がったフレンチフライがタップリもられた、パリ的カフェの定番料理。
    ステーキハウスでステーキたのむと「焼き加減はどうしましょう?」って必ず聞かれる。
    けれどカフェやビストロでステックフリッツたのむと必ず何も聞かれず、ガリっと強めに焼き上げられる。
    ミディアムウェルってところでしょうか?
    中までしっかり。
    そもそも牛肉の赤身の部分はよく焼いた方が、旨味が強く感じるように焼き上がる。
    ガチっと歯ごたえ逞しい、筋肉質な肉の繊維もおいしくなるし、だからここでも外が焦げるほどキッチリ焼いてもってくる。
    肉の脂が沸騰し、タンパク質の焦げた香りと混じりあう。
    たいていのステックフリッツははらみで作る。
    けれど今日は大きな番手のリブロース。
    ナイフをグイっと押し返すよな肉の固さが手に伝わって、思わずよだれをゴクンと飲み込む。
    一口分を口に運んで、顎にご褒美くれてやる…、そんなおいしさ。
    堪能す。

    5b29c1d5.jpegカリッと揚がったフレンチフライ。
    みずみずしくてシャキッと歯触りさわやかなサラダに、バリっとクラスト砕けるパリなバゲット。
    前菜代わりにクスクスが付く。
    パプリカ、ピーマン、タマネギやコーン。
    荒く刻んだ野菜と一緒にサッパリ味のドレッシングで和えたホツホツ。
    シットリしてて、しかも口の中でパラパラ、踊るように散らかっていく極小パスタ。
    食べればどんどんお腹がすいてくるような、たのしい食感。
    手がかかってる訳ではないけど気のきいた味。

    実はここのランチにはグラスワインが一杯付く。
    昼からワイン…、っていうのがとてもラテン的にていいな、と思う。
    ただ今日はちょっと大切な打ち合わせを控えてて、それでリンゴジュースにかえた。
    すべてが程よきおいしさで、会話もはずむ。
    よきランチ。

    7da28c58.jpeg食後のコーヒー飲みながら、軽くたのしく打ち合わせ。
    フレンチローストの濃いめの味で、砂糖をタップリ入れると酸味、苦みが引き立つブレンド。
    デザート代わりにもなるコーヒー…、ありがたいなぁ…、って思ったりする。

    それにしてもここのサービス。
    にこやかで、キビキビしていてけれど決して流れない。
    キチッキチッとメリハリのある作業をしっかりしてくれる、しかも主役はフランス訛りの日本語しゃべるフランス顔のひとたちばかり。
    「メルシームッシュ」ってニコって笑ってお店のドアを開けてくれるのが、くすぐったくってちとステキ。
    韓国訛りの韓国料理の専門店はかなり普通になってきた。
    けれどこうしたフランス訛りのフレンチビストロって何故だか少ない。
    地下鉄に乗り、一時間だけパリな気分にひたれるお店…、わるくないなぁ…、って思ったりした。
    さて仕事。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ステックフリッツ
    九段のルプティトノーもいいお店で大好きです。
    ああ、なんだかスッテクフリッツを赤ワインで流し込みたくなりました。
    もちろんポテトは大盛で!
    れきさん / 2009/12/03(Thu) /
    肉食
    > れきさん
    九段下のお店はとても小さくて親密なお店。
    食堂っぽさがたのしいですよね。
    ステックフリッツを食べると自然に笑顔になります。
    人をシアワセに、そして前向きにしてくれる食べ物のように思いますね。
    サカキシンイチロウさん / 2009/12/03(Thu) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    四谷三丁目のベトナムで夜 HOME 師走雑感
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]