忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    07 2017/08 09
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    四谷三丁目のベトナム、「ティンフック」。
    古い雑居ビルの二階にひっそり佇む、ベトナム家庭料理のレストラン。
    ちょっと緊急事態に襲われて、助けに来てもらった人と気軽に楽しくとここに来た。

    0ec07f62.jpegエビ団子。
    ベトナム料理は前菜料理の集大成。
    そんな気がする。
    生春巻きに揚げ春巻き。
    春雨サラダやイカ団子…、と、ベトナム料理を代表する料理をたのむとどれもメインにするには軽やかすぎる。
    ドッシリお腹いっぱいにさせることを、まるで嫌って逃げるように野菜をタップリ食べる提案。
    これもエビのすり身を楕円にまとめて揚げたモノ。
    サラダ菜、キュウリに貝割れ大根。
    茹でて水気をギュギュッと切って、短く刻んだ素麺などを、お湯で戻したライスペーパーに巻いて食べる。
    エビ揚げ団子を芯にした生春巻きのような食べ方のモノ。
    クニュクニュとしたハリのある生春巻きとシャキシャキ野菜。
    それにジュワッと油を吐き出すすり身団子の食感が、とてもたのしい指でつまんで食べるサラダのよう。

    揚げた蟹。

    107724bb.jpeg脱皮したばかりのソフトシェル。
    スパイス衣を付けてそのまま素揚げにしたもの。
    皮を剥かずにそのまま食べる。
    おいしいものを食べるのに苦労をいとわぬ日本人は昔は嫌ってまるで相手にしなかった。
    だって脱皮をするのにエネルギーを使い果たして、身が痩せてしまって食べるところが少なくなってる。
    けれど物臭さんのアメリカ人には、そのままバリバリ食べられるっていうことで、人気があった。
    揚げたソフトシェルを見ると、まず真っ先にアメリカの寿司バーを思い出したりする不思議。
    これを芯にしたロール寿司は目からウロコの美味ですもんね。

    それにしてもここのこれ。
    旨いです。
    表面サクっ。
    噛むとジュワッと最初は揚げた油がでてきて次にジュワッと蟹のジュースが滲み出す。
    蟹の甲羅の内側で、まるで蒸し焼きされたような蟹の身ペースト。
    こんな食感…、他に無い。

    d0371439.jpeg中部そうめんっていう、変わった名前の料理があって、とってみる。
    ベトナムの中部地方の郷土料理なんだっていう。
    牛肉でとったコッテリとした、でも透き通ったきれいなスープ。
    そこにニュクマムと唐辛子を入れ、コトコト煮込んだスキッと辛い風味豊かなお汁の中に茹でた素麺。
    スープをとった後の牛肉、千切りにして具材としそこに生のもやしをタップリ、のっけて食べる。
    姿形と食べ方はトムヤンクン麺みたいな感じ。
    けれどエビの風味の代わりに牛のコクのある旨味がドッシリ。
    それに酸味がほとんどなくて、その分、ニュクマムのクセのある香りが際立つ。
    食欲が湧く。
    南北に長いベトナムの、北は塩味がガツンときいていて、南は甘め。
    中部地域は唐辛子をタップリ使った辛い料理が多いんだという。
    北が辛くて、南が甘い…、っていうこの部分はまるで日本の食とおんなじ。
    ならばベトナムの唐辛子は、日本の名古屋の味噌と同じか?…、ってそんなことを思ったりした。
    おもしろい。

    そうしてここの名物の鶏カレー。

    57dcb96d.jpeg常連さんでしょう。
    ボクらの後に入って来た二人連れも、お店に入ってママにあうなり「まだ鶏カレーある?」って聞いて座った。
    確かにここのこのカレー。
    わざわざこれを食べにくるだけの価値のあるおいしさがある。
    さらりとまるでスープのようなやさしい食感。
    鶏のスープの深いコクに、スキッと軽い辛さが混じる。
    インドや洋食カレーと違って、油を使わずスープの旨味で味を一から作っているから、いくら食べても胸焼けしない。
    一口目のおいしさが、ずっと最後まで持続する。
    ホロホロになるまでジックリ煮込まれた鶏の胸肉。
    スプーンをあてるとホロっとほぐれて、まるでツナの煮込みを食べてるみたいなムッチリした食感が、ご飯のおかずにピタッとはまる。
    今日もこれを〆とした。

    ところでここ。
    忘年会に新年会を食べ飲み放題でやるんだという。
    値段はなんと3980円。
    こりゃこなくちゃなるまいて…、って、心に誓ってごちそうさん。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    蟹倶楽部
    おいしいですよねっ!!
    ソフトシェルの揚げたやつ。
    大好きです。
    せっかく脱皮したのに
    なんかかわいそーなんですが
    美味しいものはおいしい!
    前に焼いたソフトシェルクラブを食べたのですが
    それもやっぱりおいしかったです。
    あぁ~、ソフトシェルクラブ倶楽部を作りたいくらい好きです。
    こんど、四谷に食べに行くことを
    今決意いたしました!!
    ぽんすけさん / 2009/12/03(Thu) /
    カニクラブ
    > ぽんすけさん
    ソフトシェル。
    本当に他に無い食感。
    味わい。
    なにより丸ごとなにも残さずキレイサッパリ食べるという豪快な食べ方がおごちそう。
    ここのは大振りでジュワッと旨味がひときわでした。
    サカキシンイチロウさん / 2009/12/03(Thu) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    かき揚げ、チュロスにトマトのスープ HOME 東京、プティパリ、プティトノー
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]