忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    新宿三丁目の角。
    昔からある飲食ビルの中にある「膳丸」って店でバフェランチ。

    zenmaru.jpgサントリー系列のダイニングバーということで、かなりお洒落な造りではある。
    キッチン前にカウンター。
    入り口脇にはラウンジ風のソファにテーブルが置かれた客席があったりもする。
    夜は創作和食のお洒落な居酒屋風のメニュー。
    まぁ、これといって特徴があるわけじゃない。

    で、そこのランチ。
    創作和食とはほど遠い、おばんざいバフェで勝負する。
    カウンターをバフェ用の料理を並べたラインにし、しかもそこに並べる料理のほとんどが「おばんざい風の惣菜」という、ミスマッチ感がまたいいんでしょう。
    平日は近所のオフィスのOLが。
    週末には買い物客がかなりの行列をつくってる。
    昨日の晩ご飯を食べたところもそうだけど、行列ができるところはバフェばかり。
    とはいえ、バフェでありさえすれば流行るという訳でもなくて、むしろ「どんな特徴のあるバフェなのか?」ってことが大切になる時代。
    安さも鍵になるんでしょう。

    cb2c8474.jpeg切り干し大根、切り昆布のおひたし、それから筑前煮。
    おばあちゃんレシピっぽい惣菜料理がズラっと並び、それをあれこれ無造作に並べるだけでかなり健康的なるお皿ができる。
    田舎風の味付けだけでは飽きもくる。
    ということなのでありましょう…、キャベツの中華風の炒め物。
    あるいは大根のキムチ煮なんてまるで韓国味のおでんみたいな料理もあって、かなりたのしい。
    どれもシッカリした味付けで、だからご飯が次々すすむ。
    バフェカウンターに並べるときも、大きなお皿じゃなくってほどよいサイズの皿にちょっとだけ。
    次々補充をするので出来立て感をたのしめもする。
    ありがたい。

    60ae45c9.jpeg白いご飯に季節の炊き込みご飯の二つのご飯が揃う。
    今の季節の炊き込みご飯は茸ご飯。
    で、この炊き込みご飯はなかなかおいしい。
    醤油が焦げたしっとりお焦げが沢山混じった、風味豊かがありがたい。
    ジャガイモにお麩がタップリ入った味噌汁。
    かなりコクのある白味噌仕立てで、これまたボクの好みでうれしい。
    ママご飯的なるお昼となった、ホッとする。

    ちなみにここ。
    料理がやさしいお惣菜、ってことも手伝ってのことなんでしょう。
    おじいちゃん、おばあちゃんのお客様がかなり多く目立ってる。
    若い人に照準しぼったお店がおおい新宿という街。
    こうした差別化も悪くはないね…、って思ったりする、どうだろう。

    ところでこの店の入ったビルの二軒隣に出来たH&M。
    伊勢丹界隈の人の流れが完全に変わっちゃうほどの、さすが開店直後の大人気。
    でもってこの店が入ってた新築ビル。

    rainbow.jpgRainbow Villageっていう名前で、実は建て替えになる前とおんなじ名前。
    H&M以外のフロアには大型飲食店が入ってる。
    そのほとんどが個室系の居酒屋タイプのレストランで、個室レストランって今の流行なんでしょう。
    カラオケボックスがどんどんレストランみたいになっていくのに対抗し、レストランがどんどんボックス化していくのって一つの進化の道筋なんでしょう。
    けれど人が集まり互いのシアワセを重ねあい、みんなでたのしくなってく社交場としてのレストランの方がボクは好き。
    つまんないなぁ…、って思います。

    ちなみにこのビルのメインテナントが銀座アスター。
    改築前からあったお店でかつて、うちの会社の忘年会はここだった。
    あまりにみんなではしゃぎすぎて最後は出禁になっちゃった。
    恥ずかしながらのたのしい思い出。
    ここの地下にあった映画館で、「クレヨンしんちゃん」観ながら泣いた、それも思い出。
    その思い出の場も今は無し。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    大阪で
    週末、大阪で友人に誘われて、バフェにいきました。ホテルのバフェなんかはあんまりいい印象がなかったんですが、こちらのバフェ(梅田のビルです)はなかなかに美味しくって、居心地もよくって、こういうお店ははやっているんだろうなぁって思いました。
    気のおけない友達と美味しいものを楽しくいただく・・・。こんな幸せな時間ってないですよね。
    あっくんさん / 2009/11/25(Wed) /
    バフェのたのしみ
    > あっくんさん
    大阪での休日。
    堪能されたようですね。
    バフェって、注文する煩わしさとか、相手への気遣いとかを考えなくてすむ、おしゃべり会食にはピッタリだったりしますよね。
    お腹いっぱいになるのが目的じゃないバフェのたのしみ。
    ありがたいと思います。
    サカキシンイチロウさん / 2009/11/25(Wed) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    坦々鍋にチャイナパワーな夜のコト HOME アメリカカシオのG-SHOCKなコレ
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]