忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2017/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    家の近所の南昌飯店。

    nansho.jpg日本語が達者な中国のおばちゃんが陽気にサービスする、ほんとに気軽な中国料理店。
    店長さんらしきおばちゃんが、これまた薦め上手で、目が合うと飛んできて高額商品、お酒のお替りを体当たり営業してくるお店。
    とはいえ、それを断っても嫌な顔ひとつするでなく、「そうよねぇ…、ごめんなさいね」って感じの表情ですみやかに別のテーブルに営業に行く。
    ここは上海のツアーバスで、彼女は現地のガイドさん。
    …、とそう思うとそれなりに、異国情緒をたのしめる、ご機嫌な店。

    今日もお酒は飲めないんです…、っていうととっても悲しそうな顔をして、ウーロン茶を飲んでくれる?というものだから、「今日はお水しか飲んじゃいけないって、占いでいっていたから」って言ったら、ガハハと笑ってお水を持ってきた。

    餃子を食べます。

    809234fd.jpeg実はこの連休中の後半は、餃子が食べたくてしょうがなく、それでいろんなお店を探して回った。
    特にカリッと焼けた博多の鉄鍋餃子がどうにもこうにも食べたくて、でも連休中、行きたい店は全部休業。
    全滅だった。
    それで今日。
    餃子狙いで中国料理を食べにきたようなモノであります。
    ああ、うれしい。

    とはいえ、コロンと丸くくるまれた中国の人が作る餃子の典型的なる姿かたちに、ずっと食べたかったカリカリ餃子とは違うけど、別の意味での期待が膨らむ。
    にんにく使わぬ、肉の風味と野菜の旨みを味わう餃子。
    焼けたところはパリパリで、でもそれ以外の色白の皮はプルプル、しっとり。
    肉汁ジュワーッで、ああ、これが餃子だ。
    できれば水餃子にして食べたかったなぁ…、ってそんなことを思ったりした。

    それから海鮮固焼きそば。

    9104fd76.jpeg実はここには7種類ほどの焼きそばがあり、麺のやわらいのやら、かたいのやら。
    あんかけだったり、炒めあわしたのであったり。
    具材いろいろ。
    細麺、太麺。
    で、そんなメニューの中に、海鮮固焼きそばってのがあって、それでたのんでやってきたのを見てビックリ。
    長崎名物の皿うどん…、ではございませぬか。
    具材の中に刻んだナルトまで入ってて、でもしっかりおいしい。
    鶏がらスープのコクにさっぱりとした塩の風味でハフハフパリパリ、食べる手とまらぬおいしさで、野菜がタップリ食べられる。
    パリパリの麺が徐々にしんなりスープを吸って、しっとりとなる歯ごたえの変化もまたまたご馳走で、おなかが軽く満足をする。


    ほんの少々の物足りなさでお店をで、ちょっと歩くとフレッシュネスの店先に新しい看板があるのを発見。
    「カフェとしてもお使いください」。
    昨日はなぜだか気がつかなかった。
    今の外食の勝ち組のひとつは「カフェ」…、つまりおなかいっぱいにならぬたのしさを提供できる業態で、だからフレッシュネスもハンバーガーショップとしてだけでなく別の使い方もしてほしい…、って思っているんでしょう。
    なるほどね…、って思いながらフラフラッと足が向き、お茶でも飲もうと入って結局、たのんだのがこれ。

    cafefreshness.jpgあったかいレモネード。
    それからなぜだか、フィレオフィッシュで、おなかの中の物足りぬ部分をなだめる。
    まあ、それもよし。

    昔、フィレオフィッシュってそれほど好きな料理じゃなかった。
    バンズにはさまれるべきはやっぱり肉で、魚じゃ元気が出ないじゃないの…、って。
    けれど最近、フィッシュフライのシットリと、フッカリとしたバンズのやさしくやわらかいこの組み合わせも悪くない。
    なによりタルタルソースの味わいが、一口ごとに鼻から食欲やってくるよで悪くない。
    特にフレッシュネスの甘いバンズに魚のフライはよくあいます。

    フウフウしながらレモンの酸味と蜂蜜味をおなかに入れる。
    ちょっと頭がズキズキします。
    風邪にならぬよう、今日はお風呂に入りましょう。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    空のように…。 HOME 全粒胚芽のサンドイッチに冷たいスープ
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]