忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    07 2017/08 09
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    これからの焼肉専門店って、どんな方向に向かっていかなきゃいけないんだろう…。
    最近、仕事でいつも考えていることのひとつがこれ。
    肉を焼いておいしい!と思えばそれでよし…、の時代はもう終わり。
    肉を焼くこともうれしいけれど、それ以外にもっとたのしいことがなくちゃ、多分、お客様に喜んでいただくことはできなくなる。
    焼肉以外のたのしい料理がどれだけ揃うか?ってことが重要になるんじゃないか。
    そう思って、ちょっと気になるお店に来る。

    ぱんがという店。

    panga.jpg街中にありながら、でもまるで郊外のファミリー向けの焼肉店のような気軽さがある、ちょっとおもしろいレストラン。
    しかも焼肉以外にも結構、たのしい料理が揃う。
    それで前から気にしてた。
    今日は調理スタッフの人と一緒に、気になる料理をたのんでそれを商品化することはできぬものか…、って考えてみる。
    気合を入れて、レッツラゴー!

    一番最初に気になったのが、これ。

    a5a70cec.jpeg「フレッシュ!サラダキムチ」って料理。
    キムチサラダって商品はいろんなところで見かけはするけど、「サラダキムチ」というのはお初。
    漬けて熟成する前のキムチというもので、つまりフレッシュ。
    たのんでみれば、これがなんと大正解。
    白菜、リンゴ、きゅうりに梨。
    そこに唐辛子と塩と海鮮スープがかけまわされてて、それをしっかり漬け込めば普通のキムチ。
    けれどこれはサクサク、シャクシャク、シャキシャキ。
    野菜の甘くてみずみずしい、緑の水が口いっぱいに広がってそこに酸味と唐辛子の辛味が混じる。
    とても新鮮。
    これからおいしい韓国料理をいただきまっせ…、って否応なしに気持ちが上がる。

    それからチヂミ。

    a7d9956d.jpegチヂミといえば、丸く焼けるのが普通だけれど、これは真四角。
    多分、四角に近く焼いたモノの端をスパッと切り落とし、真四角にした。
    だからほぼどこをとっても同じ分厚さ。
    しかも綺麗にネギが並んで見える。
    男前なチヂミにウットリ。
    しかも見た目がりりしいだけでなく、切り刻んだイカがタップリ入ってて、海の旨みがミッチリで味もハンサム。
    いい感じ。

    サイドメニューだけでなく、肉にもたのしい工夫があって「壷漬け焼肉」に力を入れていたりする。

    94c7bc37.jpeg全部で6種類くらいでしょうか?
    牛肉あり。
    豚肉ありで、中でも味噌漬け。
    黒ハラミ、赤ハラミなんて味噌の種類と味付けで一目で違いがわかる商品を作ったりしてこれがなかなか面白い。
    なにより肉の旨さそのものよりも、たのしいいろんな食べ方にこだわりをもち提案してる。
    そんな姿勢がちょっと好き。

    チャプチェであるとかキムチであるとか定番料理もしっかりしてて、いろんなヒントをもらえてラッキー。
    それにこの店。
    ボクらと一緒にお店に入ったご婦人方。
    もう60歳もはるかに過ぎてるシニアの女性の二人組が、石焼ビビンパひとつたのんで分け合って、チゲ鍋つついて軽い食事で帰ってく。
    あるいはサラリーマンが一人でやってきて、ホルモンうどんをたぐって帰る。
    まるで食堂。
    こんな気軽な使い方を、郊外の店でもしてもらいたいね…、ってそのためのことをあれこれ考え、あっという間に時間が過ぎる。


    ついでにもっと気軽なお店に行ってみようヨ…、と場所を移して大久保に行く。
    ドンキホーテの横にある、カフェみたいなレストラン。
    韓国の学生街にあるような屋台料理ばかりを出す店。
    そこで、キンパ。

    e56d738c.jpeg韓国風の海苔巻き食べる。
    日本の韓国料理屋さんや焼肉店で、海苔巻きたのむとボッテリ太めでご飯がギッシリ詰まってやってくる。
    結構高い。
    しかもそれを食べるともうそれだけでおなかいっぱいになってしまう。
    だけどここのは、日本の細巻きよりもちょっと太い程度の細さ。
    ご飯少な目。
    具がタップリで、まるで手づかみで食べることができるサラダみたいな軽さがいい。
    おなかにたまらず、コリコリッとした野菜の食感をたのしめる。
    特にタクワン。
    甘くてカリカリッとした、昔の日本のタクワンみたいな黄色に染まったのをいれて、だからカリコリ。
    とても軽い食べ応え。

    それから餃子。

    eb65ed27.jpegキムチの入ったしっとり餃子で、これはやってきた器に釘付け。
    蒸篭といえば、普通、凹の状態でくる。
    寿司桶のようにつばが上に立ち上がった状態で使うのが日本的でもあり中華的でもあり。
    なのにここのは凸状で、それがとっても面白い。
    ステンレス製の蒸篭というのもまたたのしくて、これもちょっといただきかなぁ?

    韓国風の甘辛から揚げ。
    もっちりとして透き通った韓国うどんを使っていためた焼きうどん。
    それだけ食べてたった1000円。
    5組ほどのお客様の中、日本語しゃべるのはボクらだけ。
    残りの人は韓国の人。
    どんな注文しているのかなぁ…、って覗いてみれば一人500円ほどしか使わずおごちそうさま、ってテーブルを立つ。
    こんな気軽な韓国料理。
    どうしたら、もっと日本に広がるんだろう。
    一生懸命、思案中。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    美味しそう~!
    韓国料理って、ほんとどれも美味しそうなんですよね~。いつか韓国に行って、本場の料理を食べてみたくて…最近、ハングルの勉強を始めました(笑)
    りりこさん / 2009/05/12(Tue) /
    おいしい勉強ですね。
    > りりこさん
    世界で一番合理的にできている言葉がハングルだ、って言います。
    とっつきづらいですけれど、覚えてしまうととても便利。
    ボクは途中で挫折しちゃいましたけど、がんばってくださいね。
    韓国の屋台で食べたいものを注文できる。
    夢のひとつでありますもの。
    サカキシンイチロウさん / 2009/05/12(Tue) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    モスドのモス HOME チルトシフトの小さな世界
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]