忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    07 2017/08 09
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    ビーフウィークの締めくくり。

    ブラックホール。

    bh.jpg歌舞伎町に先日できたばかりの焼肉専門店。
    和牛。
    しかも塩焼肉にこだわって…、という今的焼肉の王道をいくようなコンセプト。
    普通ならば、結果が出るまであまり寄り付きたくないなぁ…、と思う類のお店であります。
    が…。
    二つの理由で、行ってみようかな?って思った。
    ひとつはお店のURLが「i love yakiniku」.comであったということ。
    あまりに気がきいていて、ただそれだけで気絶しそうになっちゃった。
    そしてそのホームページが、肉の薀蓄ではなくて「肉のたのしい食べ方」に注力した書き方がなされていたこと。

    おいしい焼肉は当たり前のコト。
    もっとおいしい焼肉よりも、たのしい焼肉を食べたいなぁ…、ってずっと最近、思っていまして、その心のツボにストンとこれが落ちてきた。
    それで来てみる。
    果たしてこの直感が、正しいものか、間違いか。
    真剣勝負でございます。

    第一印象はなかなかよろしい。

    daa5ede2.jpegお通しとして、キャベツの千切りがタップリやってきたりする。
    一緒にドレッシングが添えられて、お好きなように味をつけてくださいね…、っていう、そのドレッシングがゴマの風味が鮮烈な特徴的でおいしいモノ。
    大葉とキャベツのバランスもなかなかよくて、おなかをすかせる最初の一品。
    予約の電話の受け答えも悪くはないし、黒っぽい店のしつらえがちょっとおしゃれ過ぎて焼肉屋的には陳腐だけれど、歌舞伎町の店だと思えば、悪くない。

    ただスタッフの数とお店の大きさのバランスがよくないのかなぁ…。
    サービスのタイミングがちょっと悪くて、でもそれもユックリここで時間をたのしみたいって人にはいいことなのかもしれません。

    そして商品。

    5003b9da.jpeg肉にはらみにホルモンにと、和牛のいろんな部位がキッチリそろってて、けれどそれらの盛り合わせに結構工夫があってたのしい。
    たとえばタンのいろんな部位だけ集めたタン盛り。
    カルビだけとか、ロースだけとか、赤身がおいしいところから、脂の旨みに悶絶させられる部位まであれこれ、いろんな味を食べ比べできるというのが、まずはたのしい。
    焼きながら。
    食べながら。
    今のお肉がどうおいしいかを、比較しながら評論できる。
    絶対評価は評論の専門家がするものであって、アマチュア的には相対評価がし易く、しかもたのしく感じる。

    塩ダレで食べるというここの流儀も、ご飯のおかずとして考えるなら不適だけれど、ここはなんといっても歌舞伎町。
    お酒のつまみとして肉をパクつく場所でもあって、ならば的確。
    ビールや焼酎をおいしくさせる、よき、趣向。

    で、ここのお店の特別なトコ。
    脇役ネギ…、っていう薬味といればいいのか、タレと言えばいいのか、刻んだネギに味をくわえた小皿が何種類も用意されてて、それと一緒に肉をどうぞ!という提案。

    dcb64ec8.jpegこれは面白い。
    メインは白ネギを細かくみじん切りにしたモノに味と風味を含ませたモノ。
    ネギたん塩とかでよくあらかじめ肉にまぶしてやってくる「あれ」。
    それをわざわざ独立させて、しかもガーリックまぶしだとか、わさびやゆず胡椒をくわえてみたり。
    あるいは辛味噌でビリビリ刺激をくわえたり…、と。
    あるいは青ネギ。
    あるいは玉ねぎをすってポン酢にあわせたモノと、同じ肉でも薬味によって味をかえつつ、またたのしませる。
    結構はまる食べ方なりぃ。

    中でも鬼おろしした玉ねぎとポン酢を脂の乗った肉にタップリ、乗せるようにして食べるとこれが、さっぱりしてておいしいことったらありゃしない。
    玉ねぎの甘みが引き立つ。
    それが肉の甘みと一緒に口いっぱいに広がっていく。
    しかも白ネギのようなとがった匂いを残さずとっても後口よくて、もっともっとって肉をせがんでしょうがない。

    お酒を飲ませる工夫は他にも、肉の刺身やホルモン料理に活かされている。

    3ae0e3ea.jpegたとえばミノの湯引きなんて料理があって、霜降りにした新鮮なミノ。
    それをポン酢とネギであえて味わう。
    プルンとしたミノの食感。
    熱湯で固められた表面のサクッとした噛み応え感。
    焼いたミノとは一味違う、まるで貝の柱を食べてるみたいな感覚。
    癖になります。

    ハチノス、センマイ、ハツにレバーと内臓モノをそのままテロンと出すのでなくて、それらそれぞれ、もっともおいしく感じる状態をキチンと理解し料理にしてる。
    悪くない、と思います。

    そして〆。
    ビビンパ、冷麺、スープにクッパと、必要最小限の〆の食事が揃ってる。
    種類をそろえるのではなくて、ひとつひとつ、納得のいくものだけだそう…、ということでしょう。
    郊外型のお店なら、はしごするのが面倒だから、〆まできっちり充実させなきゃいけなくなるけど、歌舞伎町では〆でしめるかはお客様の個人の自由、ということになる。
    だからこれでいいんでしょう。

    ただひとつ。
    「つけそば」っていう料理があって、それがちょっと気になった。

    427feaba.jpeg熱々のテールスープに冷たいそばをひたしてどうぞ…、というつけ麺的な〆の一品。
    たしかにまじめに肉を仕入れて仕込む焼肉屋さんのスープは旨い。
    そのスープを味わうすべが、クッパだけでは勿体無くて、流行のつけ麺風にそれを食べさせる。
    気がきいていて、おもしろい。
    スープの熱々が時間が経つとぬるくなり、しかも麺が冷たくしまった麺のためつけるとますますぬるくなるのがもったいない。
    できればスープが石鍋でグツグツしながらやってきて、そこに冷たい麺を沈めて食べるなんて工夫があったら最高なのに…、ってちょっとワガママ、思ったりする。

    お店をあけてまだまもなくて、だからいろんなところが荒削り。
    でも悪くない。
    おいしいものを食べてもらおうという気持ちは熱くて、でもそれが暑苦しくならない程度にしっかりほどよくまとまっている。
    なにより「たのしい焼肉」という新しいジャンルに一生懸命挑戦しようとしてるのが、いいんじゃないの…、って思ったりした。
    たのしい勉強。
    ありがとう。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    KFCのクラッシャーズ HOME 冷麦・立ち寿司・パティスリアオキ
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]